腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発 らくらく クッションは三層構造で腰痛でも利用しやすい!

   

低反発らくらくクッション480 ブルー

クッションを利用すれば、底つき感を緩和する事ができますが、腰痛の方がクッションを利用した場合には、腰が痛く感じてしまう事があります。

なぜなら、底つき感を緩和するだけでは、腰の痛みを緩和する事は難しいからです。

ところが、数多くあるマットレスの中には『低反発 らくらく クッション』のように、三層構造を採用している事によって、腰痛でも利用しやすい製品もあるのです。

そこで、腰痛に悩んでいる方のために、本製品の魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発 らくらく クッションの三層構造

低反発らくらくクッション480 ブルー

本製品の三層構造は、上層から、低反発ウレタン・低反発ウレタンチップ・ウレタンチップフォームになっています。

それぞれ、特徴が違っていて、三つを併用する事によって、腰痛でも利用しやすくなっているのです。

そこで、腰痛でも利用しやすいクッションを探している方のために、どのような特徴があるのか紹介します。

低反発ウレタン

低反発ウレタンは、反発力が低くなっているウレタンなので、本製品は柔らかいクッションになっています。

実際に硬いクッションを利用したら、お尻が痛く感じてしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうのです。

そのような事になれば、腰を動かしたくなりますが、腰痛の方は腰を少しでも動かしたら、痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

そのため、柔らかいクッションを探している方には、低反発ウレタンを採用している本製品は、おすすめです。

低反発ウレタンチップ

柔らかいクッションは、お尻があまり痛く感じないので、正しい姿勢をキープしやすいのですが、お尻が沈み込みやすいという問題点があります。

もしも、お尻がクッションに沈み込んでしまえば、お尻や腰に体圧が集中してしまうのです。

そのような事になれば、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛が悪化する可能性があるので、注意しなければいけません。

ところが、低反発ウレタンチップは、柔らかさとコシを両立しているので、体圧を分散しやすくなっています。

ウレタンチップフォーム

柔らかい使用感と体圧分散を両立しているクッションでも、利用していくうちにへたってしまいます。

実際に、クッションがへたってしまえば、お尻が沈み込みやすいので、注意しなければいけません。

マットレスであれば、枕を利用する事から、腰の位置が少しズレるので、マットレスの向きを変える事によって、へたりを抑える事が可能です。

しかし、クッションは面積が狭くなっているので、マットレスのように腰の位置をズラす事は難しいのが実情です。

ところが、ウレタンチップフォームは、硬くなっている事から、優れた耐久性を誇っています。

そのため、本製品は、利用していても、あまりへたらないようになっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛でも利用しやすいポイント

本製品は三層構造の他にも、腰痛の方が利用しやすいポイントがいくつかあります。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような所が利用しやすくなっているのか紹介しましょう。

ボリューム

本製品は三つもの素材を重ねている事から、クッションの厚みが約12cmもあります。

実際に体圧を分散できるクッションでも、ボリュームが足りなければ、お尻が少しだけでも沈み込むだけで、底つき感を抱いてしまいます。

そのような事になれば、正しい姿勢をキープしづらくなるので、注意しなければいけません。

そのためボリュームの足りないクッションを利用していて、お尻や腰が痛く感じやすい方には、ボリュームのある本製品は、おすすめです。

コタツと併用可能

腰痛になる原因はいくつかありますが、そのうちの一つとして『腰の冷え』があります。

実は、腰を冷やしてしまえば、腰付近の血管が収縮してしまう事から、腰付近の筋肉が緊張状態に陥ってしまいます。

そのような事になれば、腰に疲労物質がたまってしまうので、注意する必要があるのです。

ところが、本製品のように12cmの高さであれば、コタツと併用する事ができます。

実際にコタツを併用すれば、腰の冷え対策を講じる事ができるので、冷え性によって腰痛になる方には注目すべきポイントです。

製品情報の詳細

本製品の魅力を紹介してきましたが、このクッションは腰痛対策の他にも、魅力的なポイントはいくつもあります。

そこで、どのような魅力があるのか説明するので、確認してみて下さい。

替えカバー

クッションを利用していたら、体温によって、クッションは温まっていきます。

そうなれば、腰の冷え対策を講じる事はできますが、クッションには湿気がたまっていくので、注意しなければいけません。

もしも、クッションに湿気がたまっていけば、ダニが繁殖していく事になるので、短パンを着用している時は肌を刺される可能性があります。

ところが、別売り商品にはなりますが、本製品に付けられる『替えカバー』が販売されているのです。

替えカバーは、洗濯が可能なので、ある程度までダニを洗い流す事ができます。

そして、値段のほうは、楽天市場では送料別ですが、税込価格2,000円程度で購入できます。

カラーバリエーション

クッションを購入する方たちの中には、デザイン性が気になる方もいるでしょう。

本製品は、そのような方たちでも満足できるように、6種類ものカラーバリエーションを用意しています。

その種類は、ブルー・イエロー・ネイビー・ブラック・グリーン・ブラウンなどです。

これほど多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

コストパフォーマンス

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、少し値段が高くなっているので注意する必要があります。

実際に、楽天市場では送料別で、税込価格4,670円もするのです(2018年5月1日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後になっている製品はいくつもあります。

そのため、本製品はコストパフォーマンスが悪く感じてしまう方はいるかもしれません。

しかし、1,000円前後で販売されているクッションは、腰痛の方には利用しづらくなっている製品が多いので、本製品を検討してみる価値はあります。

利用者たちの口コミ

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちが満足しているのか、気になってしまう方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品はボリュームがある事から、底つき感を緩和できて、腰にあまり負担をかけなくて、満足している方がいました。

そのため、本製品であれば畳の上だけではなく、硬めのフローリングの上に敷いて利用しても、あまり腰が痛く感じません。

ただし腰痛そのものが緩和する訳ではなくて、座った時の負担を緩和するだけなので、注意して下さい。

さらに、本製品は厚みもある事から、クッションを枕の代わりに利用している方もいました。

そのため、本製品に座っていて、腰が疲れた場合には、このクッションを枕にして寝ていれば、腰の疲労を軽減する事もできます。

悪い口コミ

デスクチェアに本製品を敷いてみたら、逆に腰が痛く感じてしまう方がいました。

そのため、本製品は椅子の上に敷いて利用したら、逆に腰が痛くなる可能性があるので、注意して下さい。

さらに本製品を利用してみたら、少し硬く感じてしまって、あまり体圧を分散しているように感じない方もいました。

このようなケースが起きてしまうのは、個人差があるので、仕方のない部分です。

まとめ

本製品は三層構造になっているクッションなので、腰痛でも利用しやすくなっています。

ただし、12cmもの厚みがあるので、椅子の上に敷いて利用したら少し高くなりすぎて、腰に負担をかけてしまう場合もあります。

そのような場合には、椅子の高さを調整して、机の高さに合わせれば、腰にあまり負担をかけないで済むので試してみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション