腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

出産で太ってしまった奥さんは骨盤ベルトを使用すれば痩せやすい体に

      2017/09/08

ダッコ dacco 産後用骨盤ベルト キュッとベルト 着用感 標準タイプ フリーサイズ(ヒップ87cm~105cm) 1枚入

妊娠や出産をしてしまうと太りやすくなる女性は数多くいます。

その原因は妊娠や出産によって骨盤が開くからです。

そこで注目されているのが骨盤ベルトをする事によって、妊娠の時に骨盤を開くのを防いで、出産した後に骨盤を閉じる方法です。

出産してから太りやすくなって、骨盤ベルトを購入しようか悩んでいる女性のために、骨盤が開いたら太りやすくなる理由や骨盤ベルトの種類について紹介しましょう。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

妊娠や出産によって太ってしまう可能性

妊娠や出産をする事によって骨盤が開くと胃下垂になったり、下半身に脂肪がつきやくなったりします。

そこで、骨盤が開くと胃下垂や下半身に脂肪が付きやすくなる理由を説明しましょう。

骨盤が開き胃下垂になる可能性

胃は、骨盤より上のほうに位置しており、骨盤が胃を支えていると言っても過言ではありません。

それが妊娠や出産をする事によって骨盤が開けば、胃を支えきれなくなります。

その結果、胃は下のほうへ下がっていき胃下垂(いかすい)になってしまうのです。

胃が骨盤の所まで下がってしまえば、お腹の下側が膨らんでしまって、これが出産をした後の「ポッコリお腹」の原因です。

しかし、胃下垂になった女性は痩せている方が多いので、胃下垂になったら逆に痩せやすいという誤解が生まれています。

胃下垂になったら、胃が正常な位置にない事が原因で、吐き気・胃もたれ・胃痛などの健康被害をもたらして食欲不振を招いてしまうのです。

この食欲不振が原因で痩せやすくなるのであって、胃下垂だから痩せるという訳ではありません。

それどころかポッコリお腹になってしまうので、外見上は太りやすくなってしまう原因になるのです。

下半身に脂肪が増える可能性

骨盤が開くという事は、骨盤がゆがんでおり、体の構造が正常ではない事を意味します。

この事は下半身に悪影響を与えて、血液やリンパの流れを悪くしてしまうのです。

血液やリンパの流れが悪くなれば、冷え性になってしまい脂肪が燃焼されにくい状態になってしまいます。

そうなってしまうと足はむくんでしまって、太ってしまう原因になるのです。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

妊娠や出産で骨盤が開く理由

骨盤が開いたら太ってしまいますが、なぜ妊娠や出産によって骨盤が開くのか分からない方もいるでしょう。

その理由が分からなければ骨盤ベルトを利用する気になれないと思うので、妊娠や出産によって骨盤が開く理由を説明します。

妊娠中に骨盤が開く理由

女性は妊娠している時に「リラキシン」というホルモンが分泌されて、骨盤周りの筋肉や靭帯(じんたい)が緩みやすくなります。

その結果、骨盤も開きやすくなるのです。

なぜなら、骨盤というのは妊娠してなくても、夜になったら開いて、朝になったら閉じるという動きをしているからです。

このような動きを毎日している時に、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩むと骨盤が開きやすくなります。

そのため妊娠をしたから骨盤が開くというのではなく、リラキシンというホルモンが分泌される事によって骨盤が開きやすくなる環境が出来上がるという事なのです。

出産で骨盤が開く理由

妊娠とは違って、出産の時に骨盤が開く理由は簡単です。

赤ちゃんの頭の大きさは個人差はありますが、直径で約10cmもあるので、それほど大きな赤ちゃんの頭が体から出てくるので骨盤が開いてしまうのは仕方ない事なのです。

さらに頭だけでなく体を付いている訳ですから、出産の時に骨盤が開くのを防ぐのは難しいと言われています。

2種類の骨盤ベルト

妊娠や出産の時に骨盤が開く理由が分かった所で、骨盤ベルトを購入する前に知ってもらいたい事があります。

それは出産前に付ける骨盤ベルトと出産後に付ける骨盤ベルトは種類が全く違うという事です。

出産前の骨盤ベルト

出産前に付ける骨盤ベルトは、骨盤をサポートして必要以上に開くのを防いでくれる働きがあります。

骨盤が開かないと難産になったり、死産になったりしないかと不安になる方もいるかもしれませんが、出産のために骨盤全体が開く必要はないのです。

出産する時に開かなくてはいけない部分は、骨盤の下部分にある「恥骨」の部分です。

この部分が広がる事によって赤ちゃんを出産しやすくなるのです。

妊娠によって骨盤は全体的に広がる訳ではなく、この恥骨あたりが広がる訳です。

ただし骨盤ベルトをしなければ必要以上に恥骨が広がる危険性があり、骨盤全体のバランスも悪くなり、出産後に恥骨が以前の状態まで閉じる事が難しくなる場合があります。

そのため、妊娠が分かった時から出産前に付ける専用の骨盤ベルトを付けたほうが良いでしょう。

出産後の骨盤ベルト

出産前に骨盤ベルトを付けても、出産した時に赤ちゃんが体内から出てくる事により、骨盤は広がってしまうので出産後に専用の骨盤ベルトを使用する必要があります。

出産後に付ける骨盤ベルトは、骨盤が妊娠前の正常な位置まで戻してくれるようにサポートしてくれます。

骨盤ベルトを使用しなくても、出産してから、ゆっくりと恥骨は閉じていきます。

しかし、出産後の専用である骨盤ベルトを使用しなければ、骨盤が妊娠前の状態まで戻らないうちに骨盤が固まってしまう危険性があるのです。

そのような事を防ぐために出産後に付ける専用の骨盤ベルトを付ける必要があります。

骨盤ベルトで痩せられる理由

骨盤ベルトを付けて、骨盤が広がる事を防げば胃下垂や冷え性を改善して、太りにくい体にする事が可能です。

胃下垂や冷え性を改善したら、なぜ太りにくい体になるのか説明しましょう。

胃下垂の改善

出産によって骨盤が広がって、一時的に胃下垂になったとしても、骨盤ベルトを付けて早めに骨盤を閉じたら胃下垂を改善する事が可能です。

なぜなら、骨盤が広がっていなければ、妊娠前と同じように胃を支えてくれるからです。

さらに骨盤が広がっていなければ、それだけ腰付近が広がらないので太っているようには見えなくなるでしょう。

そのため出産後にダイエットしても、お腹がふくらんで見える方に骨盤ベルトはおすすめです。

冷え性の改善

骨盤ベルトを付けて、骨盤を閉じる事によって、骨盤のゆがみを治す事が可能です。

そのため、血液やリンパの流れが良くなって冷え性が改善されていきます。

冷え性が改善されたら、脂肪が燃焼しやすくなるので、妊娠や出産で一時的に太ったとしても通常の運動や筋力トレーニングで脂肪を減らしていく事が可能になるのです。

さらに血液の流れがよくなれば、老廃物を取り除きやすくなるので、セルライトが出来にくくなるので下半身が太りやすくなるのを防いでくれます。

骨盤が開いている傾向

出産をした後に、骨盤が正常に戻っていないか分からない方もいるでしょう。

そこで、出産してから数ヶ月も経った方のために、骨盤が正常に戻っているのか確認する方法を紹介します。

もしも、当てはまると思った方は、骨盤ベルトを使用して、骨盤を閉じるようにしたほうが良いでしょう。

下半身が太りやすい場合

妊娠や出産によって、骨盤のゆがみが出る事によって悪影響が与えるのは、あくまでも下半身です。

なぜなら、血液は心臓から体のすみずみまで流れていく訳ですから、骨盤がゆがんでも上半身に流れていく血液の流れに悪影響を与える心配はありません。

そのため出産してからダイエットをしても、上半身だけ痩せて下半身だけ太る方は、骨盤がまだゆがんでいる危険性があるのです。

下半身のバランスが悪い場合

骨盤がゆがむとO脚になりやすいと言われています。

このO脚とは、足を閉じた時に、両足の太もも部分だけが、密着しない状態を言います。

正面から見ると密着していない太もも部分の空洞が「O」のような形に見えるので、O脚と言われるのです。

もしも妊娠前にO脚でなかった方が、妊娠や出産をしてからO脚になった方は、骨盤が妊娠前の位置にまで戻っていない危険性があります。

なぜなら、骨盤が広がってしまえば、足にゆがみを生じてしまい、O脚になりやすいからです。

まとめ

骨盤が広がってしまえば、胃下垂や冷え性になってしまい太りやすい体になってしまいます。

妊娠や出産をしても、産後に骨盤はゆっくりと閉じていきますが、残念ながら妊娠前の位置まで骨盤が閉じない場合があるのです。

妊娠前の位置まで骨盤が閉じなければ、ダイエットをしても痩せるのは難しいので、骨盤が広がっている方は早めに骨盤ベルトを利用したほうが良いでしょう。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト