腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

敷き布団の適切な使い方は?腰痛対策で注意すべき4つのポイント

   

腰痛対策 敷き布団 らくらく敷ふとん シングル8×91×200cm 日本製 色柄込

敷き布団は、日常的に使う寝具であり、使い方などを気にせず、何となく敷いていることも多いです。

しかし、敷き布団の使い方によっては、体に負担をかけてしまい、腰痛を引き起こす可能性もあります。

そのため、適切な使い方については、常に注意しておかなければなりません。

ここでは、敷き布団を使うときの4つのポイントについて、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

床では十分な厚さを

敷き布団を床に敷くときは、その厚さに注意しなければなりません。

薄い敷き布団使って床に寝た場合は、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

というのも、体重による圧力が硬い床で跳ね返り、自分の体に戻ってくるからです。

布団に寝たとき、重力により、圧力は下に向かってかかりますが、硬い床にその圧力が当たると、上に向かって跳ね返されてしまい、腰に負担をかけることになります。

そのため、床で寝て起きたときは、腰に痛みを感じることが多いです。

場合によっては、腰だけでなく、背中や肩まで痛めてしまうこともあります。

これを防ぐには、なるべく厚い布団を使うことが大切です。

一口に敷き布団といっても、その厚さは製品によって異なり、さまざまな種類があります。

中には、10cm以上の厚さもあるので、腰への負担を軽減するなら、そうした製品を使うようにしましょう。

厚い敷き布団なら、跳ね返った圧力による影響は、かなり抑えることができます。

また、床の冷たさが伝わりにくいので、冷えからくる痛みの悪化も防ぐことができるのです。

2枚重ねで厚さアップ

厚い布団で腰痛の対策をするなら、新しく厚い製品を購入するだけでなく、すでに家にある布団を利用する方法もおすすめです。

普段は1枚だけ使っていて、他にも余っている布団などがある場合は、それも重ねて敷いてみましょう。

それならば、わざわざ新しい敷き布団を買わなくても、十分な厚さを確保することができます。

この方法は、腰への負担が軽減されるだけでなく、厚さが増したことでフワフワ感が出るため、寝心地をよくする効果もあるのです。

このように、お金をかけなくても、ちょっとした工夫で腰痛対策になることもあります。

使えるものはしっかり活用して、体の負担を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ベッドでは順番に注意

敷き布団を使うのは、床だけとは限りません。

ベッドであっても、マットレスと組み合わせて使う方法もあるのです。

敷き布団とマットレスを重ねて敷くと、厚さが増して寝心地がよくなるため、どちらも同時に使用する場合があります。

ただし、重ねる順番によっては、腰痛対策の妨げになってしまうことがあるので、敷くときは注意しなければなりません。

もし敷き布団をマットレスの上に敷いていた場合、マットレスの性能が発揮されなくなる恐れがあります。

特に、腰痛対策のために高反発素材のマットレスを使用しているなら、この点には要注意です。

せっかくの反発力も、上に敷き布団があると、半減してしまうことになります。

したがって、ベッドで敷き布団を使う際、腰痛対策をしっかり行うなら、マットレスの下にすることが大切なのです。

それならば、マットレスの働きを邪魔することはなく、厚さが増したことで底付き感がなくなり、寝心地も改善されます。

厚いマットレスなら布団はいらない

敷き布団とマットレスの組み合わせは寝心地改善になりますが、もしマットレスが厚いものなら、敷き布団を使うのはやめるべきです。

なぜなら、柔らかくなりすぎることで、腰を痛めてしまう危険があるからです。

マットレスの中には、腰痛対策に特化した極厚の製品がありますが、それは単体で使うことが基本になります。

極厚マットレスの下に敷き布団を入れると、度を越して柔らかくなってしまい、体が不必要なほど沈みこんでしまうのです。

すると、背骨の角度が不自然に崩れてしまい、腰に負担をかけることになります。

そのため、ベッドで敷き布団を使うのは、あくまでも厚さが足りないときだけにしておきましょう。

劣化したら早めに交換

敷き布団は、長く使っているうちに、だんだんとへたってくるものです。

そのときは、なるべく早く買い替えるようにしましょう。

なぜなら、劣化した敷き布団を使っていると、腰を痛める可能性が高いからです。

布団に寝たときは、体がしっかり支えられ、背骨が自然なS字カーブを描いている必要があります。

そうでなければ、腰に余計な負担がかかるため、腰痛を引き起こしてしまうのです。

これを避けるには、敷き布団を常にベストな状態にしておかなければなりません。

中央がへこんでいる敷き布団では、正しい姿勢をとることができないため、腰痛対策にはならないのです。

せんべい布団は逆効果

敷き布団による腰痛対策では、せんべい布団を使う方法が紹介されていることもありますが、腰への負担を考えるなら、せんべい布団の使用はやめるべきです。

せんべい布団は、通常よりも硬くなったことで、体を支える効果が高まり、姿勢維持ができると思われがちですが、実際には逆効果になってしまいます。

これは、せんべい布団があまりに硬すぎることが原因です。

硬すぎる布団を使うと、体を支える状態を通り越し、不自然に浮くことになります。

体がまったく沈まないため、体と布団の間の隙間を埋めることができず、腰が反った状態と同じになってしまうのです。

それが長時間続けば、腰にかかる負担は増大します。

したがって、せんべい布団を腰痛対策に使うのはやめましょう。

敷き布団は、本来のベストな状態で使ってこそ、よい効果を発揮してくれるのです。

湿気対策で長持ちさせよう

敷き布団で腰痛対策をするなら、その寿命には十分注意しなければなりません。

なぜなら、腰痛対策には、継続が大切だからです。

例えば、高反発の腰によい敷き布団を使ったとしても、それを数日でやめてしまったのでは、せっかくの優れた性能も、意味がなくなってしまいます。

本当に腰痛を防いだり、改善したりするためには、長く続けていかなければならないのです。

その点を考慮すると、敷き布団の寿命を縮めるような使い方は、極力避ける必要があります。

何度も買い替えるようでは、諦めて投げ出してしまう可能性が高いのです。

そして、できるだけ長持ちさせるためには、普段から湿気に注意するようにしましょう。

湿気がたまっていると、カビやダニが発生しやすくなるので、性能のよい敷き布団であっても、すぐ使えなくなってしまいます。

定期的に干して湿気をとばし、清潔な状態を保つことが大切です。

叩きすぎに注意

敷き布団を長く使うには、干して湿気をとばすのが一番ですが、その際は、叩きすぎに注意しましょう。

布団を干すとき、叩いて埃を落とすのは間違いではありませんが、やりすぎた場合は、逆に劣化を早めることがあるのです。

あまり強く布団を叩くと、線維が大きなダメージを受け、つぶれたり切れたりします。

それが原因で劣化が早まり、頻回に干せば干すほど、敷き布団の寿命が縮まってしまうというわけです。

そのため、布団を叩くなら、あくまでも適度に、軽く埃を落とすくらいのつもりで叩きましょう。

大切に扱えば、長持ちさせることができます。

まとめ

敷き布団は、日々の睡眠には欠かせない重要な寝具ですが、正しく使わなければ、体に負担をかけてしまいます。

そのため、ここで紹介したポイントを参考にして、常に使い方に注意しておくことが大切です。

敷き布団は、適切な使い方さえ忘れなければ、体に余計な負担をかけることはなく、いつも快適な睡眠をもたらしてくれます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団