腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

昔の入浴剤でも使える?入浴剤にも使用期限はあるのか

      2017/09/08

入浴剤には、多くの場合で使用期限のようなものが書かれていないものです。

なので、昔の入浴剤が忘れたころに出てきた時、それを使えるのかどうか迷ってしまうものです。

意外とどこへやってしまったりしがちな入浴剤ですから、そんなこともあるでしょう。

でも、実際のところ、入浴剤には使用期限のようなものはないのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤には使用期限はない

まず結論から言うと、入浴剤には特別使用期限はありません。

だから、もしずっと昔の入浴剤が、忘れたころに出てきたとしても、その入浴剤を普通に使用して問題ないと言えるでしょう。

なんとなくずっと昔の入浴剤が出てきてもソレを改めて使おうと思う人は少ないかもしれませんが、一応問題ない事にはなっているのです。

ただ一応3年という基準はある

基本的にはずっと使えるのが入浴剤ですが、一応期限の基準もあります。

それが3年です。

それは、入浴剤に使用期限が記載されていないことにも関係しています。

試用期限のようなものは、3年間成分や品質が変化しないことが証明できるものであれば、いちいち記載しなくても良いことになっています。

そして入浴剤にはそれが記載されていません。

ということはつまり、購入してから3年間は、それを使っても成分や品質に変化がないということが証明されているということになるのです。

それは言い換えると、3年というのが使用期限の目安となると言えるでしょう。

3年変わらないものはだいたいその先も変わらない

3年が目安になるのになぜ入浴剤に使用期限はないと言えるのかと言いますと、それは、3年間品質や成分に変化がないものは、だいたい3年を過ぎても品質や成分に変化がないと言えるからです。

3年というのはそれなりに長い時間になります。

その期間全く変化なく過ごして来れる入浴剤なら、それ以降年月がたったとしても、大きな問題にはならないのです。

実際、入浴剤を製造・販売している某メーカーでも、3年以上経過したものでも身体に害を与えることなく使用は出来ると明言しています。

ただ、保存環境の問題などもあるので、確実に安全かと言われるとそうでないこともあるようです。

だから3年以上経過しているものに関しては、実際には使用してみて違和感がなければ使用できるということにはなるでしょう。

また、さすがに3年以上というあまりにも長い時間放置してしまうと、それによって多少成分は弱まったりして、品質は低下してしまうでしょう。

もちろん3年と1日経ったら急激に低下するというわけではないので、3年過ぎてもものすごく低下するわけではないですが、購入時と寸分変わらない効果を期待するのはやはり酷でしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

3年というのは未開封の話

先に挙げてきた3年という基準は、あくまでも未開封の入浴剤の話です。

もし開封済の入浴剤があったとしたら、それはやはり3年もの長い間、成分や品質の低下をせずに耐えることなどできないでしょう。

開封済みだったら、もっと全然早いタイミングで品質は低下していくと考えた方が良いです。

もちろんだからといってそれで身体に害を与えるようなものに変化してしまうことはないでしょうが、出来れば開封したら早く使い切るべきだということはまず間違いありません。

これから買うならパックの物がおすすめ

入浴剤にもいろいろあります。

一回分が小分けにされたパックのようなものもあれば、大きな箱のようなものに入った何グラムかがまとまった入浴剤もあります。

もしこれから入浴剤を買うのであれば、やはりおすすめは小分けにされたパックのものになります。

なぜなら、パックの物であれば、ずっと未開封の状態で保存が出来るからです。

全ての粉がまとまって入っている入浴剤の場合は、一回目に開封してしまったら、それからずっと開封されっぱなしということになります。

どう考えてもパックのものの方が品質を保持しやすいでしょう。

中には使用期限があるものもある

入浴剤には基本的には使用期限がありませんが、中には使用期限があるものもあります。

たとえば、一般的なドラッグストアで買うような入浴剤ではない、どこかの店舗で買うような入浴剤です。

こういう入浴剤は、オーガニックだったりすることもあるので、試用期限が1年くらいに指定されていることもあります。

全ての物を盲目的に試用期限がないと考えていると、あとで期限が過ぎてしまっていることに気がつき、後悔することになる可能性もあるでしょう。

なので、入浴剤を買う時には一応使用期限が記載されているかどうかということは見ていくべきです。

もし記載されていないのであればそれは3年は問題ないということなので、それを購入していくと良いでしょう。

品質が落ちやすいものもある

3年は問題無いという、使用期限の記載がないものの中にも、早く品質が落ちてしまうようなものはあります。

たとえば炭酸系の入浴剤です。

炭酸系の入浴剤は、炭酸が抜けてしまう可能性があるのです。

炭酸飲料を飲んだことがある方なら分かるかもしれませんが、炭酸飲料の炭酸というのはすぐに抜けてしまいます。

コップに注いで、そのまましばらく放置しているだけで随分炭酸は抜けてしまうと言えるでしょう。

それと同じことが、入浴剤でも起こるのです。

もちろんそれでも未開封であれば3年くらいは問題なく持つのでしょうが、それ以降に使う場合、あまり炭酸系の効能には期待しない方が良いでしょう。

気休め程度に使うのが吉です。

長い間放置したものは別の使い方をするのも正解

入浴剤には使用期限はないとは言っても、なんとなくずっと昔の入浴剤を使いたくはないという方もいるでしょう。

使いたくはないと思っても、そのまま捨てるのは勿体ないと思ってしまうのが人間です。

そうして長い間使わないで放置してしまっていた入浴剤はどう使えば良いのでしょうか?

芳香剤代わりにする

ずっと放置していた昔の入浴剤の使い方としておすすめなのは、芳香剤代わりにするという方法です。

ずっと放置していた入浴剤でも、多少香りは残っているものです。

だからたとえば、瓶などに入れて部屋においておいたり、あるいはお皿に上にのせて玄関などにおいて置いたら、芳香剤代わりになってくれるでしょう。

もちろんずっともつような芳香剤ではありませんが、ちょっとした気分転換にはちょうど良いかもしれません。

さらに、こうして芳香剤代わりにして使用することには一点メリットがあるのです。

それが、ある程度香りが弱くなってきているという点です。

入浴剤の香りは、思ったよりも強いものであることが多いです。

思ったよりも強いような香りが部屋の中や玄関に充満してしまったら、やはり不快な気持ちになる可能性もあります。

不快な気持ちになるくらいならまだしも、体調次第では気持ち悪くなってしまう事もあるかもしれません。

だから、あまり強い香りの状態ではそれができないのです。

買ってから3年以上たってしまっているような、やや古くなった入浴剤だからこそ、これが出来ると言えます。

まとめ

入浴剤には使用期限はないけど、3年以上たっていたら多少品質が悪くなったり香りが飛んだりすることはあるということは覚えて置くと良いでしょう。

3年以上たっても使い道はあるわけですし、そもそも3年間放置しているということもあまりないでしょうし、改めて入浴剤というのはすごく便利なアイテムだと言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤