腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

本当にマットレスが原因?腰痛の原因がマットレスかどうかを判断する方法

   

マットレスが会わないというのは、腰痛の原因になりえるものになります。

でも、腰痛が起こったら必ずその原因がマットレスにあるかと言われたら、当然そんなことはないという事になります。

ですから、腰痛が起こったら、それが本当にマットレスが原因の腰痛なのかと言うのは、きちんと確かめないとなりません。

そこでここではその判別方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

そのマットレス以外のところで寝てみる

その腰痛はマットレスが原因なのか、それともマットレス以外の何かが腰痛の原因になっているのかという事を確かめるためには、そのマットレス以外のところで寝てみるというのが一番手っ取り早いと言えるでしょう。

そのマットレスが原因で腰痛になっているのであれば、そのマットレス以外のところで寝てみれば、それだけでだいぶ腰痛は軽減されるでしょう。

逆にそのマットレス以外のところに腰痛の原因があるのであれば、寝るところを変えたところで結局腰は痛くなります。

なので、簡単に判断が出来るでしょう。

ただしより悪い環境では意味がない

ただしそれはより悪い環境では意味がないと言えます。

たとえばそのマットレスで寝るのではなくソファの上で寝るとか、そういう選択をするのは良くありません。

なぜならソファの上で寝る方がよほど腰に悪いというのはわかりきっているからです。

たとえばもしそのマットレスが身体に合っていなかったとしても、それが身体に与える影響なんてせいぜい寝返りが出来ないとか、腰に体重の負荷がすごくかかるとかそれくらいになるでしょう。

でもソファの上で寝ていたら、寝返りどころか寝る向きをかえることすらままならなくなるでしょう。

また、寝る向きを変えることがままならなくなるというだけではなく、寝る姿勢すらも変えることができない事が多いです。

となると、当然身体の筋肉はより縮こまります。

つまり血行がすごく悪くなるのです。

そうなったら、腰が痛くなるのは当然でしょう。

そんな風に、腰がより痛くなりそうな環境で寝ていたら、本当により腰が痛くなることがあります。

そうなったら、何が原因かなんて全然分からなくなるので、意図がぶれてしまうのです。

そうならないようにするためにも、より良い環境か、少なくとも今より悪くならない環境で寝るようにしてください。

何処かにとまるか布団を買ってみるか

では、その違う環境は、どのようにして用意すれば良いでしょうか?

それはやはり、何処かに泊まるか、あるいは布団を買ってみるかと言うのが効果的でしょう。

どこかに泊まれば、いまとは違うマットレスで寝ることが出来る可能性は高いです。

なので簡単に判断できるでしょう。

また敷き布団は3000円くらいで買えるので、敷き布団を買ってみればもっと安く判断することが可能です。

だからそれもおすすめできる方法になります。

いずれにしてもそうして調べていくのが一番です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスにおける腰痛対策をして寝てみるのもアリ

マットレスが原因で腰痛が起こっているのか、それとも他のことが理由で腰痛が起こっているのかという事を判断するためには、マットレスにおける腰痛対策をしてみるというのもおすすめの方法になります。

マットレスには、腰痛対策の方法があります。

たとえば腰にタオルを巻いて寝てみたり、あるいは膝の下にクッションを入れて、膝を立てて寝てみたりするというような方法です。

腰にタオルを巻いて寝てみると、それによって腰とマットレスの隙間が埋まるので、バランスよく体重を分散できるようになります。

膝を立てて寝てみることにも同じような効果があると言えます。

さらに膝を立てて寝てみることには、膝の反動で寝返りが出来るので、寝返りがしやすくなるという効果もあります。

いずれにしても、こういう方法を試してみれば、マットレスが原因の腰痛であれば、多少なりとも防ぐことが出来るようになるでしょう。

でも、この方法を試してみても、全く何も変化がないこともあるでしょう。

そうしてこの方法を試してみても全く何も変化がないのであればそれは、マットレス以外のところに腰痛の原因がある可能性が高いと言えるでしょう。

いくつかの対策をしてみるべき

マットレスにおける腰痛対策の方法は、ひとつしか試さないのではなく、幾つかの方法を試してみるのがおすすめ。

一つの方法しか試さないでいたら、その方法がたまたま合っていないだけの場合もあります。

でもたとえば、3つくらいの方法を試して、それでも効果が全然感じられないのであれば、その際には、腰痛の原因が違うところにある可能性もぐっと高くなります。

そういう、たまたまその方法が自分に合っていないだけという可能性を減らすためにも、いくつかの対策方法を試してみるべきだと言えます。

しかもその一つ一つの方法はなるべく長く、最低でも1週間くらいは試してみるべきだと言えます。

それ以下だと、効果が出る前に止めてしまっているだけだという事になる可能性もありますから。

寝る時間を変えてみる

マットレスが腰痛の原因か、それとも違うことが腰痛の原因かという事を確かめるためには、寝る時間を変えてみるというのも効果的です。

寝る時間を変えてみるというか、いつも寝ている時間とは違う時間で寝てみて、様子を見てみるという方が適切でしょう。

たとえば基本的にはいつもは夜そのマットレスで寝ているでしょう。

そこを、朝から昼くらいにかけて寝てみたりするのです。

それでも腰が痛くなるのかという事を見てみるのです。

痛くならない場合はマットレス以外のところに原因が

もし、朝から昼にかけて寝てみて、それで腰が痛くならないというのであれば、その際にはマットレス以外のところに原因がある可能性が高いです。

なぜなら、それは朝腰が痛くなるという類の腰痛である可能性が高いからです。

その様に、時間帯によって発生する腰痛もあります。

本当にマットレスが合わなくて腰痛になっているのであれば、たとえ朝から昼にかけて寝ていても、しっかりと腰痛になるはずです。

色々試してからマットレスを買えるべき

マットレスが腰痛の原因かどうかを確かめる方法としては、上記の3つが挙げられます。

マットレスが合わなくて腰痛になっていると思うと、ついつい盲目的にマットレスを買い替えようとしてしまうものです。

でも、マットレスは決して安い買い物ではありません。

むしろ基本的には高い買い物だと言えるでしょう。

そんな高い買い物であるマットレスを買い替えていくとなると、やはり次は失敗をしたくないでしょう。

しかもマットレスは、高いだけではなく、大きいモノになります。

なので、買い替える際には今あるマットレスを処分しないとならなくなります。

それも面倒でしょう。

それなのにもしマットレス以外のところに原因があるとしたら、間違いなく次もまた腰痛になります。

そして失敗したと思ってしまうでしょう。

それは避けないとなりません。

だから、最低限これらの3つのことはしてから、マットレスを買い替えることを視野に入れるようにしていってください。

まとめ

腰痛の原因がマットレスにあるのか、それとも違うところにあるのかという事は、こうしていろいろと工夫すればある程度は判断することができるでしょう。

もちろん完璧に判断することは難しいかもしれませんが、少なくとも一つの判断基準にはなるでしょう。

ですから、是非ここで紹介してきたことを一度は試してみていただきたいです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団