腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕なしの方が逆に寝やすい?枕なしが合っているのはどんな人?

   

枕は、基本的には良い寝姿勢を作るためには欠かせないものだと言えるでしょう。

しかし、そんな良い寝姿勢を作るために欠かせない枕も、すべての方に合っているわけではありません。

中には枕が無い方が寝やすいという方もいるでしょう。

では、どういう方が枕がない方が寝やすいという方になるのでしょうか?

ここではそれについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

柔らかいマットレスを使用している方

枕なしで寝る方がむしろ寝やすいという、枕なし睡眠が体に合っている人としてまず挙げられるのは、やわらかいマットレスを使用している方になります。

柔らかいマットレスを使用していると、その分だけ身体は沈み込んでいく事になります。

そして、柔らかいマットレスに身体が沈みこむ際には、身体の形にそって身体がしずんでいく事になります。

そんな風に身体がしずみこんでいくということは、当然頭もそのマットレスに包み込まれるように沈んでいく事になるでしょう。

つまり分かりやすく言うと、マットレス自体がもはや枕のようになってくれるのです。

そうしてマットレスが枕になってくれれば、そこにあえてもう一つ枕を用意する必要はないと言えるでしょう。

むしろ枕はない方が良い

そこにあえて枕をもう一つ用意する必要はないというか、むしろそこにはまくらはない方が良いと言えるでしょう。

身体がしっかりと沈んでいる時に枕を入れてしまうと、その分だけ頭の角度がきつくなります。

そうして頭の角度がきつくなると、それによって腰のあたりに体重の負荷が強くかかるようになってしまいます。

腰のあたりに体重の負荷が強くかかるようになると、腰のあたりはますますそのマットレスに沈むようになっていくでしょう。

ますますそのマットレスに沈むようになったら、腰の位置は低くなってしまいます。

腰の位置が低くなってしまうと、今度はそのせいで腰に体重の負荷が強くかかるようになってしまうのです。

そうしてドンドン腰に負荷が加わっていったら、腰はすごく痛くなってしまうでしょう。

つまり、やわらかいマットレスの方が枕を使用していると、そのせいで腰痛になってしまうことがあるという事になります。

寝具の腰痛はなかなか治らない

寝具によって腰痛になってしまうと、それはなかなか治らないと言えます。

なぜなら、寝具というのは毎日使用するものだからです。

毎日使用するものが原因で腰が痛くなってしまうということは、毎日毎日腰の痛みはプラスされていくということになります。

そうして毎日腰の痛みがプラスされていくとなると、当然腰はなかなか治らないでしょう。

また、本来であれば睡眠がそれを治すために有効なことになるはずなのに、むしろこの場合はそれが原因になっているわけですから、治らないのも当然です。

なので、そんなやっかいな腰痛にならないように、柔らかいマットレスを使用している方は、枕なしで寝ることをおすすめします。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

猫背の方にも枕なしはおすすめ

猫背の方にも、枕なしで寝るのはおすすめできます。

枕なしで寝ていると、基本的には身体はまっすぐになります。

それも、立っている時のようにまっすぐになるでしょう。

だから猫背の方にとっては姿勢を改善するのにすごく効果的になるでしょう。

猫背でいることは、首や腰にすごく負担になります。

なので猫背の方は、出来ればそれはすぐに改善していくべきだと言えます。

でも猫背は癖のようなものですから、一度それになるとなかなかそれを改善することは出来ません。

最初のうちはそれを改善しようと思って意識的に身体を真っ直ぐにしているのでしょうが、いずれそれは意識の外に行ってしまい、気が付いたらまた猫背になっているものです。

それを起こさせないためには、やはり寝ている間などを利用して猫背を改善していくのが一番になります。

だから、猫背の方には、枕なしで寝ることもおすすめできるのです。

ただし肩こりになる場合もある

ただすべての猫背の方が、枕なしで寝たら猫背が改善されるというわけではありません。

猫背の方でも、枕なしで寝ていたら肩こりになってしまうという方もいます。

そういう場合には、腰にタオルを巻いて寝ると効果的です。

すると、よりしっかりと正しい姿勢で寝ることが出来るようになるので、肩こりにもならないようにしつつ、猫背を改善していけるようになるでしょう。

横向きで寝る方にも枕はいらない

枕なしが合っている方として、横向きで寝る方も挙げられます。

横向きで寝ると、基本的には寝返りがしづらくなります。

でも、枕なしで横向きで寝ていると、知らないうちに仰向けに寝返りができたりするのです。

そして、そうデキるのであれば、そうした方が体には良いと言えるでしょう。

横向きで寝ると身体が曲がる

なぜなら、ずっと横向きで寝ていると、身体が曲がることがあるからです。

身体が曲がるというのは、たとえば猫背のように曲がるのではなく、ちょっと身体のバランスが崩れてしまうということです。

そうして身体のバランスが崩れてしまうと、身体の右の方だけに負担がかかったり、あるいはその逆になってしまったりします。

そうすると今度は、それをカバーしようとしてまたその逆に負担がかかるようになったりして、身体の色々なところが痛くなるでしょう。

それも、ただただ生活をしているだけでそうなってしまうことがあるのです。

そうならないようにするためには、横向きで寝る時間をあまり長くしないことが大切になります。

ではどうすれば横向きで寝る時間をあまり長くしないで済むかと言うと、それはやはり、枕なしで寝ることなのです。

枕があると呼吸が苦しい方

枕なしで寝るのが合っている方として、枕があると呼吸がしづらいという方もいます。

枕があると首の角度はきつくなるでしょう。

そうすると、呼吸が苦しくなることがあるのです。

そんな方が無理して枕を使用していても、意味がありません。

確かに枕なしで寝ているせいで身体が痛くなってしまうことはあるかもしれませんが、呼吸はしやすい方が良いに決まっています。

しっかりとした呼吸をして、深い睡眠をとる事ができていれば、それにより身体の疲れも取れやすくなるでしょう。

なので枕があると呼吸がしづらい方には、枕なしで寝るのが合っていると言えるのです。

睡眠時無呼吸症候群になる可能性も

もし呼吸はしづらいけれど、それ以外は特に目立った問題もないからと、枕があると呼吸がしづらい方が枕を使って寝続けていたら、次第に睡眠時無呼吸症候群になってしまう可能性も出てきます。

そうして睡眠時無呼吸症候群になってしまっていたら、最悪の場合それが原因で夜寝ている間になくなってしまう可能性すら出てきます。

なかなかそこまでになりケースはあまりありませんが、絶対にそうならないかというと、そんなこともありません。

そうなってしまう可能性もあるわけなのですから、やはり基本的には、呼吸をしやすくさせるという事は一番に考えないとならないと言えるでしょう。

だから、枕をしていると呼吸がしづらくなることがあるという方は、枕なしで寝るのがおすすめなのです。

まとめ

枕なしで寝るのがおすすめな人は、この様に意外とたくさんいると言えます。

なのでもしこれらに当てはまるようであれば、一度しばらく枕なしで寝てみることをおすすめします。

枕なしで寝るのは、何も枕を改めて買う事とは違い、ノーコストでチャレンジできるものになります。

それならばやはり一度は試してみるべきだと言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら