腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

熱めのお湯で入浴剤を使うことにもメリットはあるの?

   

入浴剤を使う時には、温めのお湯で使うようにするのが基本だと言われています。

その方が長く浸かることが出来るので、その分入浴剤の効果を浸透させることが出来るのでそうなるのでしょう。

でも、中には熱めのお湯が好きだという方もいるでしょう。

では、熱めのお湯で入浴剤を使うことにはメリットはないのでしょうか?

ここではそれについて見ていきます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

疲れがとれやすくなる

入浴剤を熱めのお湯で使うことにも、意外とメリットはあります。

それが、疲れが取れやすくなるということです。

入浴剤を使う目的の中に、疲れを取りたいという目的もあるでしょう。

疲れを取りたいのであれば、熱めのお湯で使う方が良いのです。

熱いお湯自体に疲れをとる効果がある

そもそも熱いお湯自体に疲れをとる効果があるのです。

そうしてそもそもそれ自体に疲れをとる効果があるのですから、当然ながらそれに入浴剤を加えていけば、入浴剤の疲れを取る効果をさらにひき出すことが出来るといえるでしょう。

だから、もし疲れを取るという目的で入浴剤を使うのであれば、熱めのお湯に入れるのはすごくおすすめです。

のんびり浸かると逆に疲れることも

逆にのんびりお風呂に浸かるようにすると、そのせいで疲れてしまう事もあります。

のんびりお風呂に浸かっていて、なんだか疲れたという経験がある方も意外と多いのではないでしょうか?

せっかく疲れを取りたいと思って入浴剤を使用したのに、逆に疲れてしまっていては入浴剤が勿体ないと言えます。

もちろん疲れを取るのが目的なのでなければ、のんびりつかってしっかりと入浴剤を浸透させるのはすごく効果的です。

逆にその場合は熱いお湯ではダメでしょう。

熱いお湯には、基本的には長時間浸かることは出来ないでしょう。

なので、しっかりと成分を浸透させていくことは出来ないのです。

だからそういう入浴剤を使用したいのであれば、温めのお湯につかるのがおすすめです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

熱いお湯に入浴剤を入れるとさっぱりする

入浴剤をアツいお湯に入れることのメリットとして次にいえるのは、さっぱりするということです。

熱いお湯には、覚醒効果があります。

なので、まずそれに入るだけでさっぱりすると言えるでしょう。

逆に入浴剤には、基本的にはリラックス感を促す効果があります。

だから、基本的にはそれらは喧嘩しあってしまい、入浴剤のリラックス効果を打ち消してしまうと言えるでしょう。

それは一見するとデメリットになります。

しかし意外とそれはメリットだったりもするのです。

リラックス以外の効果だけだしたい時に効果的

それはある限られたタイミングでメリットになります。

それが、リラックス以外の入浴剤の効果だけ出したい時です。

そんな時あまりないのではないかと思う方も多いかもしれませんが、意外とそんな時もあるものです。

たとえば朝風呂の時です。

朝風呂の時には、そこですっきりと目覚めて、気持ちを前向きにしたいものです。

さらに、しっかりと疲労を回復して、これからの仕事に備えたいと言う時もあるでしょう。

しかし、そこでリラックス効果があると、確かにそれで疲れはとれるかもしれませんが、やる気は減退していくでしょう。

ですからそれは、朝風呂には向かないと言えるのです。

では逆に、熱めのお湯につかっていたらどうなるでしょうか?

リラックス効果がなくなっていくので、そうしてやる気がなくなることはなくなるでしょう。

でも他の効果がなくなることはありません。

むしろ先述の通り、疲労回復効果は高くなるとすらいえるので、こういうシーンにすごくぴったりだと言えるのです。

もしこういうシーンで入浴剤をつかおうと思ったら、熱めのお湯に入れるようにするのがおすすめです。

ストレス解消にも効果的

入浴剤には、ストレス解消効果があります。

それは香り等によってもたらされるものですが、そんなストレス解消の効果は、たとえ熱いお湯になったとしても失われることはまずありえません。

むしろ高くなるとすら言えるでしょう。

なので、ストレス解消に繋がるという面でも、熱いお湯に入浴剤を使うことはメリットがあると言えます。

でも、なぜ熱いお湯はストレス解消に繋がると言えるのでしょうか?

バチっと気持ちが切り替わるから

それは、熱いお湯によって交換神経が活発になって、そのおかげでバチっと気持ちが切り替わるからだと言えます。

そうしてバチっと気持ちが切り替わっていくと、今まで心に引っ掛かっていたようなストレス事項なんてどうでもよくなったりするのです。

それはやはり、すごく効果的です

ストレスは万病のもととなる

ストレスというのは、万病のもととなります。

たとえば、ストレスがたまると自律神経が乱れます。

そうして自律神経が乱れていくと、それによって血流が悪くなったりするのです。

血流が悪くなると、栄養なども肌に行き届かなくなりますし、やはり臓器などに働きも悪くなっていくでしょう。

なので、ストレスは解消するに限るのです。

でも、ストレスを解消するのは意外と難しいものです。

たとえばストレス解消のためには運動が効果的だと言われますが、運動をするための時間を確保できるだけの人はあまり多くはないでしょう。

やはり現代は仕事が第一のような風潮がありますから、なかなか自分の時間を確保することは難しいのです。

もし時間を確保できたとしても、歩くことすらあまりしない人が増えた現代では、運動をするだけの気力がる人はいないでしょう。

だからどうしてもストレスはたまりがちになります。

でもストレスは万病の元なので、改善していかないとなりません。

その為に、熱いお湯と入浴剤が役だってくれるのですから、熱いお湯と入浴剤というのは、現代人の味方だと言えるでしょう。

お湯の温度は使い分けるのがおすすめ

このように、入浴剤を熱めのお湯に入れて使うことも場合によってはすごく効果的になると言えます。

と言うことはつまり、場合によっては熱めのお湯に入浴剤を入れて、場合によってはぬるめのお湯に入浴剤を入れるようにするなど、お湯の温度を使い分けるようにするのが一番おすすめになります。

自分が求める効果によって使い分けていくと良いでしょう。

使用する入浴剤で使いわける

自分が求める入浴剤で使い分けるということはつまり、その時々で使用する入浴剤によって使い分けるということになります。

たとえば、「今日はなんとなく日焼けしたような気がするから、肌にしっかりと保湿を促したい」という日があったとします。

そういう時には当然入浴剤は保湿効果の高い入浴剤を使う事になるでしょう。

保湿効果の高い入浴剤は、のんびりと肌に長い時間をかけて浸透させるのが効果的になります。

だから、熱いお湯ではなく、温めのお湯で使う様にします。

もし「今日はなんとなくイライラしているからストレス解消したい」という日があったら、ストレス解消効果の高い入浴剤を、熱めのお湯で使う様にするのです。

そうしてよりしっかりと入浴剤の効果を引き出していってあげると、入浴剤のコスパをより良くしてあげることが出来ると言えるでしょう。

まとめ

入浴剤を熱めのお湯で使うことのメリットは、以上の通りになります。

温めのお湯に入浴剤を使うことは確かに効果的ではありますが、このように熱めのお湯にも意外とメリットもあるものですから、熱めのお湯に入浴剤を使うなんて邪道だと考えずに、臨機応変に活用していくと良いでしょう。

そして、もっと上手に入浴剤を使用していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤