腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

畳でマットレスを使うときによくあるミスは?気をつけたい4つのNGポイント

   

マットレスを使うときは、必ずしも床がフローリングである必要はありません。

和室の畳の上であっても、問題なく使うことができます。

ただし、畳の上で使うなら、NGとなるポイントを知っておくべきです。

避けるべきことがわかっていれば、デメリットを防ぐことができます。

では、畳でマットレスを使うときのありがちな失敗について、その対策も含めて詳しく紹介していきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

畳に直接敷く

畳の上でマットレスを使うときは、湿気の蓄積に注意しなければなりません。

カビは湿った場所を好むので、湿気が多いマットレスを使っていると、活発に繁殖を始めてしまいます。

畳はある程度湿気を吸収することができますが、だからといって油断は禁物です。

まったく対策をしなければ、畳の湿気吸収も追いつかなくなり、結局はカビの繁殖を許してしまう可能性があります。

そこで重要になるのが、直接敷かないようにすることです。

畳に直接マットレスを置いた場合、裏面が塞がることになるため、湿気の逃げ道がなくなります。

マットレスを使っているときは、寝汗などによる湿気がだんだん下に移動して、裏から染み出してくるものです。

それが畳にまで染みこみ、量が増えていくことで、常に湿った状態になってしまいます。

染み出してくる湿気をためこまないためには、裏面をぴったり床につけるのではなく、少し浮かせて隙間をつくることが大切です。

そんなときは、すのこマットをうまく利用してみましょう。

通気性アップで湿気を軽減

すのこマットというのは、その名の通り、すのこのような形をしたマットのことです。

畳に直接敷くのではなく、最初にすのこマットを置き、その上にマットレスを乗せるようにすると、うまい具合に隙間ができます。

この方法なら、裏面が畳に密着するようなことはなくなるため、湿気が染みこむ心配はなく、カビが発生しそうなひどい蓄積を避けることができるのです。

人間が寝ているときの発汗は少ないイメージがあるため、こうした湿気対策を軽視してしまう人もいますが、実際にはコップ1杯分に相当する汗が出ることもあるので、マットレスの通気性はとても重要なポイントになります。

カビが生えてしまうと、アレルギーなどの原因になるので、健康に過ごすためにも、通気性をよくする対策をしっかり行うようにしましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷きっぱなしのまま使う

マットレスを畳の上に敷くなら、そのまま長く放置するようなことはしないでください。

起きたあとも延々と敷きっぱなしの状態が続くと、湿気がたまりやすくなります。

すのこマットを使えばいくらか軽減できますが、その効果をより高めるためには、敷きっぱなしを避け、こまめに立てかけるようにしましょう。

おすすめは、「起きるたびに立てかける」ということを意識して、毎日行うようにすることです。

マットレスを立てかけておくと、全体が空気に晒されることで、乾燥の効果を増すことができます。

すのこマットの対策と一緒に行い、確実に湿気の蓄積を防いでいきましょう。

厚さに注意

マットレスを立てかける方法は効果的な湿気対策になりますが、どんなものでも可能になるわけではありません。

厚さが足りないマットレスだと、すぐに折れ曲がってしまうため、うまく立てられないことが多いのです。

何度立て直そうとしても、なかなか安定させることができず、やたらと時間をとられることもあります。

また、悪戦苦闘した結果、結局うまく立たなかったりすると、かなりイライラしてしまうものです。

そのような失敗を防ぎ、毎回確実な湿気対策を行うためには、厚さをしっかり考えて選ぶようにしてください。

9cmくらいの厚みがあれば、折れたり形が崩れたりすることはなく、きちんと立てることができるため、こまめな対策が可能になります。

適当に薄いものを選んだりすると、湿気対策をしたくても簡単にはできなくなってしまうので、この点は見落とさないようにしましょう。

定期的な天日干し

マットレスを乾燥させるためには、定期的に干すことも忘れないでください。

敷きっぱなしにしないで立てかけるだけでも効果はありますが、ときどき日光に当てて乾かすようにすれば、よりしっかりと乾燥させることができるのです。

ただし、マットレスの素材には注意してください。

高反発マットレスに使われるウレタンなどは、日光で劣化することがあるため、安易に天日干しを実行するのは危険です。

説明書などをよく見て、日光がNGでないことを確かめてから干すようにすれば、失敗を防ぐことができます。

もし日光に弱い素材だった場合は、できるだけ風通しのよい日陰を利用し、陰干しを行いましょう。

日光を当てない干し方なら、劣化を早める心配はありません。

ベッドの足をそのまま乗せる

畳でマットレスを使う方法は、敷布団のようなスタイルだけではありません。

和室にベッドを置き、その上で使うという方法もあります。

それなら、「部屋は畳だけどベッドの方が寝やすい」という人でも安心です。

ただし、ベッドと組み合わせて使うのであれば、畳へのダメージに注意しなければなりません。

ここで問題になるのは、ベッドとマットレスの重量です。

普通にベッドとマットレスを置いた場合、その重さでベッドの足が畳に食い込むことが多く、凹みの原因になってしまいます。

畳の劣化を早めてしまうようでは、安易にベッドを使うわけにはいきません。

そんなときは、畳への負担を軽減するための工夫をしてください。

ただベッドを置いただけでは、足の底に負荷が集中することになりますが、クッションの役目を果たすものがあれば、ダメージは軽減できます。

座卓敷やジョイントマットなどを足の底に挟み、畳への食い込みを防ぎましょう。

湿気がたまりやすい場所に敷く

畳みでマットレスを使うときは、位置の選択を間違えたために、湿気の蓄積がひどくなることがあります。

この点は軽視してしまうことも多いですが、実際には、かなり違いが出てくるものなのです。

そのため、マットレスの設置場所は慎重に決めなければなりません。

失敗を避けるために注意しておきたいのは、押入れのすぐ近くを選ぶことです。

押入れは基本的に密閉されているので、中に湿気がこもりやすくなってしまいます。

そのすぐ近くにマットレスがあると、湿気の影響を受けやすくなるのです。

したがって、畳にマットレスを敷くときは、押入れからできるだけ離すようにしてください。

距離をとっておけば、押入れから湿気が移るようなことは起こりません。

汚れにも注意

マットレスの位置を決めるときは、湿気だけでなく、汚れについても同時に考えておくことをおすすめします。

敷居の近くに敷いてしまうと、汚れの付着が多くなる可能性があるのです。

これは、敷居が外との境界線に当たる部分だからです。

外からの汚れが入りやすくなってしまうため、マットレスを清潔に使いたいなら、なるべく離しておかなければなりません。

押入れから離すことばかり考えていると、敷居との距離を保てないこともあるので、場所を決めるときは注意してください。

湿気や汚れの影響を受けにくい場所を見極めることで、劣化を防ぎ、長持ちさせることができます。

まとめ

畳でマットレスを使うときは、適当に敷いて寝てしまうこともありますが、ここで紹介したようなミスとその対策は、しっかりと頭に入れておいてください。

湿気の対策をしなかったり、ベッドをそのまま使ったりすると、あとから困ることになってしまいます。

使い方に注意していれば、余計なデメリットを防ぐことができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団