腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

硬い枕と柔らかい枕はどっちがおすすめ?メリットとデメリット

   

犬 zzz柄 おしゃれ シンプル 柔らかい 寝具枕カバー ピローケース クッションカバー 50×75cm  夫婦  恋人 最適 白 セット ポリエステル

枕を選ぶときに迷うポイントと言えば、その硬さです。

硬い枕と柔らかい枕では、どちらが自分に合っているのか、なかなか判断できないこともあります。

そんなときは、双方の特徴をよく知っておくことが大切です。

どちらの枕にもメリットとデメリットがあるので、それを参考に、最も適した枕を選ぶのです。

では、それぞれの特徴について、詳しく説明していきましょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

硬い枕のメリット

寝返りがしやすい

硬い枕は、あまり頭が沈み込まないため、寝返りをうちやすいです。

柔らかい枕の場合、頭が沈んで固定されてしまうため、動きづらさを感じることがありますが、硬さがあれば、その心配はありません。

人間は、寝ている間にかなり寝返りをするので、この点はとても重要です。

寝返りによって、体の同じ部分だけに圧力が集中することを避けられるので、より楽に眠ることができるのです。

しっかり寝返りをして圧力を分散できれば、腰痛のリスクを減らすことにもなります。

通気性がよい

硬い枕というのは、通気性がよいものが多いです。

そば殻やパイプストローなどが硬さのある枕ですが、これらは暑い時期に蒸れにくいので、気持ちよく眠ることができます。

湿気が溜まらないということは、カビなどの発生も防ぐことができるので、衛生的にもよい枕と言えます。

通気性は、どの枕でもある程度は備えているものですが、硬めの枕であれば、より高い効果が期待できるでしょう。

頭をしっかり支える

頭は、人間の体の中でも、かなり重量のある部分です。

この重みを支えるためには、柔らかいよりも、硬めの枕の方が適しています。

柔らかいと、頭が沈みすぎて姿勢が悪くなることもありますが、硬い枕ならば、しっかりと支えることができるので、よい姿勢が維持できるのです。

また、頭が支えられていると、首の角度も適度なものになるので、顎が上がらず、呼吸も自然になります。

繰り返し洗濯できるものがある

枕には、洗えるものと洗えないものがありますが、パイプストローの場合、水洗いが可能です。

柔らかい枕は、吸湿性が高い代わりに洗えないものも多いのですが、パイプストローの枕なら、こまめに洗濯して使うことができます。

また、通気性が高いことも、乾かす際にはプラスとなります。

ただし、そば殻の場合は、硬くても洗濯不可なので注意しましょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

硬い枕のデメリット

硬すぎると頭が動く

硬すぎる枕だと、頭がまったく沈まないため、ぐらぐらと安定しない状態になってしまいます。

そうなると、なんとか首の力だけで頭を固定しなければなりませんが、それでは、首の筋肉に大きな負担がかかってしまいます。

首が緊張した状態を長く続けていれば、首の痛みや肩こりを引き起こす可能性も高いです。

もちろん、熟睡することもできなくなるので、むやみに硬いものを選ぶのは禁物です。

感触や音が気になる

硬い枕は、柔らかい枕のような感触のよさは期待できません。

特に、パイプストローの枕は、太いパイプのものほどゴツゴツした感触が強くなります。

枕の感触は、安眠には重要なポイントなので、これが気になるという人は避けた方がよいでしょう。

また、パイプストローもそば殻も、中身が動くたびに音がします。

硬い素材が擦れ合って出る音なのですが、これも人によってはかなり気になる場合があります。

保温性は低い

硬い枕は、通気性が高い分、保温性には欠けます。

そのため、夏は涼しくてよいのですが、冬場に暖かさが欲しい場合には、あまり効果がないでしょう。

また、暖かさを感じないのは、硬さの影響もあります。

硬いものは、ふんわり柔らかいものと違って、どうしても寒さの方を強く感じてしまうのです。

柔らかい枕のメリット

感触がよい

柔らかい枕の大きなメリットは、やはり触り心地のよさです。

羽毛やポリエステル綿の枕は、ふわふわとした感触があり、頭を乗せたときに包み込まれるような気持ちよさがあります。

硬い枕のゴツゴツ感が気になる人は、柔らかい枕であれば、ストレスなくゆっくり眠ることができるでしょう。

そうした寝心地のよさは安心感にもつながり、よりスムーズな入眠も可能です。

また、柔らかい枕の包まれる感覚は、寒い時期には暖かさを感じることもできます。

肩や首の負担が減る

適度に頭が沈む枕は、頭の重さを吸収してくれるので、首や肩への負担が少なくなります。

硬すぎる枕では、自分の筋肉だけで頭を支えなければなりませんが、ある程度固定されているなら、その心配はありません。

これは、無駄な力が抜けてリラックスした姿勢になるため、よりよい睡眠のためには、とても大切です。

そうした自然な姿勢が維持できるならば、首や肩を痛めるようなこともないでしょう。

保温性がある

柔らかい枕の場合、保温性が高いものが多いです。

羽毛やポリエステル綿は、暖かさを求めるなら最適であり、冬場などはとても役立ちます。

さらに、上記の包み込まれる感触もよい効果を発揮し、より快適に眠ることができるでしょう。

しかし、この保温性は、冬場は助かりますが、夏場は暑苦しく感じるかもしれません。

そんなときは、マルコビーズのような柔らかさと通気性を兼ね備えたものがおすすめです。

高さの調節がしやすい

柔らかい枕は、形がかわりやすい性質のおかげで、高さの調節をすることができます。

高さのある枕を選んでも、沈むことによってそれが軽減されますし、低すぎる場合は、半分に折って高さをカバーできます。

この自由な使い方は、硬い枕にはないメリットです。

使い勝手のよさにも注目するなら、柔らかい枕を選ぶとよいでしょう。

柔い枕のデメリット

頭が沈みすぎることがある

あまりにも柔らかすぎる枕の場合、頭が必要以上に沈み込むことがあります。

すると、頭の動きまでも制限してしまうため、寝返りがうちづらくなり、体が長く同じ姿勢を続けることになります。

それでは、首や肩だけでなく、腰にまで負担がかかる可能性があるので、柔らかすぎるものは避けるべきです。

また、頭が下がって顎が上がるような状態だと、呼吸が苦しくなってしまうので、いびきをかくことが多くなります。

柔らかすぎると安定しない

頭が沈んで動きづらくなるというのは、頭が安定しているようにも思えますが、実際はそうでもありません。

枕の中に沈んだ頭は、非常に不安定な状態になっています。

柔らかすぎる枕というのは、硬すぎる枕と同様に、まったく頭を支えることができないのです。

そのため、深く沈んでいたとしても、それは安定しているとは言えません。

本当に安定感のある枕とは、ある程度の硬さも必要になるということです。

洗えないものがある

柔らかい枕の中でも、羽毛や羽根が使われたものは洗えません。

ポリエステル綿のものは、手洗いならば可能な場合もありますが、やはり洗えないものもあります。

そのため、基本的な手入れの方法は、日陰に干すことになります。

干すだけでもダニやカビを防ぐことはできますし、ドライクリーニングを利用する方法もありますが、自宅でこまめに洗いたい人には向きません。

まとめ

硬い枕と柔らかい枕には、それぞれにメリットとデメリットがありますが、共通して言えることは、「適度なものがよい」ということです。

頭を安定させるには、硬すぎても柔らかすぎてもいけません。

その中間となる絶妙なところを見極めるのが、枕選びのコツとなります。

自分に最も合う枕であれば、質の高い睡眠ができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら