腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を抱えている人は椅子選びについてもしっかり検討する必要がある

   

腰痛を抱えている人は、座る姿勢にも注意をする必要があります。

座る姿勢によっては、腰痛を悪化させてしまうことにもなりますので、まずは正しい座り方を身に付けることから始めていきましょう。

そして、椅子選びにも注目することが重要です。

長く使用することを意識して、腰痛対策に効果的な椅子を選んでいくことが大切です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人の座り方

ほとんどの人が悪化させるような座り方

腰痛が酷い人は、どのような体制でいても辛いと感じてしまいます。

立っている姿勢でも辛く、さらに横になって眠っている姿勢でも辛いと感じてしまいます。

しかし、さらに辛く感じてしまうのは座っている姿勢です。

一見、座っている姿勢は楽に感じるかもしれませんが、腰痛は座っている姿勢で悪化してしてしまことが多いです。

しかし、ほとんどの人は座っている姿勢は腰痛を悪化させてしまうような座り方をしている傾向にあります。

自分では楽な姿勢だと感じて続けてしまっていますが、これが実は腰痛を悪化させてしまっています。

楽な姿勢だから腰痛にも良いと勘違いしている場合が多く、そのような姿勢で座り続けてしまうと、知らず知らずに症状は悪化していきます。

まずは自分の座り方から改善していくことが重要です。

腰痛が悪化してしまう座り方

腰痛が一番悪化してしまう座り方の代表とも言えるのが、床にあぐらをかいて座ることです。

この姿勢が最も腰痛を悪化させてしまう座り方とされており、続けてしまうことで確実に慢性的な腰痛へと発展していきます。

その理由は、あぐらはどちらかの足が交差してしまうことに問題があります。

足が交差してしまうことで、姿勢が偏ってしまい腰に大きな負担がかかってしまいます。

また、硬い床面は腰への衝撃が強くなってしまい確実に腰痛は悪化していきます。

また、硬い床でなくてもあぐらはとても危険です。

柔らかい場所でも、体が安定しないために腰への負担が増してしまいます。

常に体を支えていなければならない状況になり、知らず知らずに腰痛は悪化してしまいます。

こうした悪化してしまう座り方は、必ず避けるようにすることが重要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰に負担がかからない座り方

正座が一番効果的

では、腰に負担がかからない座り方はどのような方法でしょうか。

それは正座です。

正座は、腰への負担が最も少ない座り方とされており、長時間でも腰への痛みが出にくい座り方です。

正座が効果的な理由は、まず左右対称のバランスを保つことができることです。

上半身の体重が偏らないので、腰への負担は軽減されます。

また、バランスがとても良いこともこの正座が腰痛に効果的な座り方だとされている理由です。

足をぴったりと床面に付けますので、安定感が良く腰のずれが起こりにくい座り方だと言えます。

もし、床に座らなければならない状況になったときには、迷うことなく正座を選ぶようにしましょう。

腰痛の人が椅子を選ぶ場合

腰は必ずまっすぐになる椅子を選ぶ

座らなければならない場面は、決して床だけではありません。

仕事をしているような人は、ほとんどの場合は椅子に座ることがほとんどです。

腰痛を抱えている人は、椅子に座るときにも注意が必要です。

重要なポイントは、腰を曲げたような姿勢で座らないことです。

多くの人は、腰を少し曲げた方が楽だと感じてしまい、椅子に座るときにはこうした楽に感じる姿勢を維持してしまいがちです。

ポイントとしては、腰から背中にかけてはほぼ90度になるくらいの姿勢を維持するように座りましょう。

始めてこうした姿勢を維持したときには違和感を覚えてしまうかもしれませんが、この姿勢が正しい姿勢であることを理解しておきましょう。

足や腕などを支えるタイプを選ぶ

また、腰周辺だけではなく、体のさまざまな部分を支えてくれるようなタイプを選ぶことも重要です。

例えば椅子に座っている場合は足の部分がフリーになってしまっている人が多いです。

足がフリーになってしまっていれば、その分体を支える力がなくなってしまい弱い腰に衝撃が集中してしまいます。

そして、アームレストなども重要なアイテムになります。

腕の部分も支えることができれば体全体が安定していき、バランス維持ができるようになります。

長期的にこうした機能を持っている椅子を使用することで、腰への負担は間違いなく軽減していき結果的に腰痛改善に繋がっていきます。

腰痛の人が椅子に座る場合

椅子に腰をかける瞬間

腰痛の人が椅子で腰痛が悪化してしまったと感じてしまう多くの場合は、椅子に座る瞬間に起こります。

椅子に座るときには、腰へ強い力が起こり腰痛を抱えている人はこのときに悪化してしまいます。

まずポイントとしては、腰への負担が大きくならないように座るときにはアームレストなどに手を置いて座るようにしましょう。

腰を直接近付けて座るのではなく、まずは何かに体を支えて座ることで随分と腰への負担は軽減されます。

椅子から立つ瞬間

また、椅子から立つ瞬間も腰痛を悪化させてしまいます。

酷い場合には、椅子から立ち上がることができなくなってしまうこともあります。

この場合にもまずは足と手をしっかり利用して立ち上がるように心がけます。

腰に全ての負担を負わせることをイメージするのではなく、あくまでも他の部分に負担を負わせて立ち上がることをイメージしましょう。

慣れればそれほど難しいことではありませんので、意識をして習慣付けるようにしましょう。

腰痛に効果的な椅子2選

オフィスチェアインスパイン

コクヨ オフィスチェア インスパイン CR-GA2515E6GME6-W ヘッドレスト付 可動肘 ブラックフレーム 背ブラック/座ブラック

オフィス用品で有名なコクヨから発売さているインスパインは、まさに腰痛対策にはおすすめの椅子です。

自分に体系に合った位置まで、まさにミリ単位まで微調整を行うことができますので、快適な座り心地を実現してくれます。

また、多くの体系にぴったりくるサイズなので、大柄の人でも違和感なく座り続けることができます。

また、ワイヤーランバーサポートと呼ばれる機能を採用しており、背もたれ部分もミリ単位で調整させることができるようになっています。

座面の高さや奥行き、そして肘当ての部分も調整が行えますので、自分専用の椅子に仕上げることができます。

多くの人におすすめできる腰痛対策用の椅子です。

ロウヤパソコンチェア

LOWYA (ロウヤ) パソコンチェア ハイバック ロッキング機能 [レザー] ブラック

ロウヤパソコンチェアは、耐荷重が100キロまでと、大柄の人でも安心して使用できる設計になっています。

大柄の人は椅子選びにも大変で、自分の体系に合っていない椅子の場合には腰痛が悪化してしまうと言うことがありました。

ロウヤパソコンチェアは、こうした人の悩みにしっかり答えてくれる椅子を製作しており、大柄の人でも腰痛を気にすることなく使用できます。

また、腰へのホールド感がとても強く、吸い付くような座り心地を実現させています。

また、多くのパーツ部分の耐久性にも優れていますので、長期間使用し続けてもへたることが少ないです。

ゆったりと座ることができれば、仕事もはかどっていきますので、このロウヤパソコンチェアはとてもおすすめです。

まとめ

椅子に長時間座り続けていくこと、腰痛が悪化してしまうと言う人は、その椅子は体に合っていない可能性があります。

椅子は腰痛を緩和してくれるだけではなく、悪化させてしまうこともあります。

そのため、腰痛を持っている人は、椅子選びにもしっかり注目する必要があります。

正しい椅子選びを行うことができれば、仕事もストレスなく続けることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子