腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策のマットレスを濡らさない方法は? 水分を防ぐ対策6選

   

腰痛を防ぐためには、硬すぎるものや柔らかすぎるものを避け、自分の体に合うマットレスを使う必要があります。

それなら、体への負担が減り、痛みを回避できるのです。

しかし、腰痛対策に適したマットレスも、濡れてジメジメしていたりすると、積極的に使う気にはなれません。

確実に腰痛を防ぐなら、いつでも快適に使えるようにしておくべきです。

では、濡らさないための方法について、詳しく説明していきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

防水シーツを使う

水を防ぐためには、便利なアイテムを使う方法があります。

そこで注目したいのが、防水シーツです。

防水シーツを使っていれば、水を弾いて防ぐことができるため、マットレスに余計な水分が染みこむことはなくなります。

これは、大量の水をこぼしたときにおすすめの対処法です。

飲み物などをこぼしたときや、子供がおねしょをしたときなどは、かなり多めの水分が染みこむことになってしまいます。

それを防ぐためには、水をしっかりガードしてくれるアイテムを使いましょう。

余計な水が染みこまないようにしておけば、マットレスがジメジメすることもありません。

敷きパッドも併用する

防水シーツは便利なアイテムですが、単体では少し困ることもあります。

弾いた水が行き場を失ってしまい、表面にたまるような状態になってしまうのです。

そんなときはは、敷きパッドを組み合わせて使うようにしましょう。

敷きパッドは水分を吸収できるアイテムなので、防水シーツをサポートすることができます。

しっかり固定できるものを

防水シーツには、1枚布のタイプと、ボックスシーツのようにすっぽりと覆うタイプがあります。

より確実に水分を防ぐなら、なるべく覆う方を選んでおきましょう。

これは、ずれないようにするためです。

1枚布タイプだと、寝返りをうったときなどに動いてしまうため、いつの間にかずれていることがあります。

そうなると、マットレスに水分が染みこむことも多くなるのです。

マットレスを覆うような形になっていれば、そのような失敗は起こりません。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

乾きやすいシーツを使う

マットレスが濡れる原因には、寝汗による湿気の蓄積もあります。

一晩でいきなり湿ることはないとしても、蓄積されていけば、無視できない湿度になってしまうものです。

寝ているときの汗は、コップ1杯くらい出ていることもあるので、何も対策をしないのはよくありません。

そこで注目したいのが、シーツの乾きやすさです。

なかなか乾きにくいシーツを使っていると、湿気がマットレスに移りやすくなります。

そうなると、蓄積もひどくなっていくのです。

少しでもマットレスの湿気を軽減するためには、速乾性のあるタイプを使いましょう。

速乾性の高いシーツなら、染みこむ前に蒸発するため、濡れるような蓄積を防ぐことができます。

こまめに乾燥させる

濡れないように湿気を防ぐなら、染みこませない工夫だけでなく、染みこんでしまったものを排除する工夫も必要になります。

内部の湿気をしっかりとばしておけば、いつでも快適に使うことができるので、腰痛対策の妨げにはなりません。

そのためには、干すことを忘れないようにしてください。

敷きっぱなしのままでは、湿気を軽減することができません。

きちんと干して乾燥させれば、内部にたまった湿気をリセットし、また気持ちよ使える状態に戻すことができます。

立てかけて干す

薄くて小型なものなら干すのは簡単ですが、大きめのマットレスだったりすると、難易度は高くなります。

そのようなマットレスは、無理に移動させず、その場で干してしまいましょう。

立てかけるだけなら、持ち運ぶときほど労力は使いません。

換気して風通しをよくしておけば、あまり日が当たらない場所でも、十分に湿気をとばすことができるのです。

朝起きたらこまめに立てかけるようにして、常に湿気の少ない状態を維持していきましょう。

片側を持ち上げる

大きすぎて立てかけることすら難しいようなものは、下に厚みのあるものを挟み、片側だけ浮かせてみてください。

いらない雑誌や箱などを使って持ち上げることで、裏面を空気に晒すことができます。

常に隠れている裏面は、最も湿気がたまりやすいところです。

片側だけでも持ち上げて隙間を空けるようにすると、湿気の逃げ道を確保できるため、蓄積を軽減することができます。

扇風機で風を当てるとより効果的なので、ぜひ試してみてください。

床にくっつけない

マットレスを床にくっつける敷き方は、通気性を悪くする原因のひとつです。

裏面がフローリングの床にぴったり密着していると、空気の通り道がまったくないことになってしまいます。

完全に塞がってしまうため、湿気も逃げていきません。

濡れてしまうほどの蓄積を避けるためには、床から必ず離すようにしてください。

くっつかないように敷けば、通気性のよい状態で使うことができます。

すのこで湿気を逃がす

マットレスを床で使うときの湿気対策には、すのこが最適です。

すのこの上にマットレスを置くと、密着することはありません。

下に隙間ができるため、しっかりと湿気が逃げるようになります。

便利なアイテムをうまく利用し、いつも通気性のよい状態で使っていきましょう。

動かしにくいマットレスに

動かしにくいマットレスだと、簡単に干すことができないため、裏から湿気を逃がす工夫は重要なポイントになってきます。

先述したような片側を浮かせる方法に加え、すのこによる対策も行うようにすると、湿気を軽減する効果が高まるのです。

サイズや重量のデメリットをカバーできるように、なるべく通気性がよくなる使い方をしていきましょう。

除湿シートを使う

除湿シートは、濡れることを防ぐならぴったりなアイテムです。

マットレスの下に敷くことで、湿気や余計な水分をどんどん吸収してくれます。

周囲の湿度が上がる梅雨の時期などは、積極的に使って湿気を取り除きましょう。

ただし、敷きっぱなしには注意してください。

除湿シートは、たっぷり吸って満杯になると、それ以上吸収できなくなってしまいます。

確実に湿気を吸い取るためには、ときどき乾かして空にすることが大切です。

それを忘れないためには、センサーがおすすめです。

色でわかるセンサーがついたタイプなら、乾かすタイミングを逃すことはありません。

部屋の湿度を下げる

ここまでさまざまな対策を紹介してきましたが、それを行う部屋の湿度が高い場合は、うまくいかないことが多くなります。

立てかけて干していても、湿度が高い場所では、きちんと乾かすことができません。

下に隙間を空けて湿気を逃がしても、常に周囲の湿度が高い状態だと、よい効果は得られないのです。

そうした失敗を避けるためには、換気を行い、部屋の中の湿気をしっかり逃がすようにしてください。

湿度を下げた部屋の中なら、対策の効果を高めることができます。

洗濯物を干さない

少しでも湿度を下げるためには、濡れたものを置かないことも大切です。

そのため、洗濯物を寝室に干すのはやめてください。

乾燥を防ぐならよい方法ですが、湿気を減らしたいときはマイナスの要素にしかなりません。

湿度の上昇を助けるようなものは、なるべく部屋から出すようにしましょう。

除湿器を使う

湿度を下げるなら、除湿器も便利なアイテムになります。

除湿器を使う方法なら、天気の関係で窓を開けられないようなときも、部屋の湿度を下げることができます。

梅雨は天気の悪い日が続くことも多いで、除湿器をうまく使っていきましょう。

まとめ

腰痛の対策をするときは、マットレスの選び方に注目することも多いですが、それだけでは不十分です。

湿気で濡れたマットレスは、カビの繁殖や嫌な臭いなど、不快なデメリットが増えてしまうため、使うことを避けたくなってしまいます。

それでは、せっかく体に優しいものを選んでも、よい効果は得られません。

腰痛対策をしつつ、湿気のデメリットもしっかり防ぐためには、ここで紹介した対策をしっかり行うようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://nobisuimin.com/mattress-kaw…
https://腰痛敷布団おすすめ…
https://kaimin-times.com/mattress-o…
https://nobisuimin.com/fuyu-mattres…


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団