腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちの人が通気性の良いマットレスを選んだ方が良い理由

      2017/09/08

クオリティの高い睡眠を【エアネストファイバー】高反発マットレスパッド 3次元構造 マットレスに乗せるだけ 腰をしっかり支える 通気性抜群 丸洗い可能 (シングル, 2cm)

腰痛持ちの人がマットレスを選ぶ際には、通気性の良いマットレスを選ぶ方が良いです。

でも、それはなんとなくイメージ出来る方もいるかもしれませんが、そもそも何故通気性の良いマットレスを選ぶべきなのかと言うことについては、知らない人も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、腰痛持ちの人が通気性の良いマットレスを選んだが方良い理由について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

通気性が悪いと腰が冷えてしまうから

腰痛持ちの人が通気性の良いマットレスを選んだ方が良い理由としてまず言えるのは、通気性が悪いと、そのせいで腰が冷えてしまうからと言うことです。

通気性が悪いと、寝ている間には身体はドンドン蒸れていきます。

ただでさえ人は、寝ている間にすごくたくさん汗をかく生き物です。

それなのに、通気性が悪いマットレスの上で寝て身体が蒸れていたら、間違いなく通気性の良いマットレスに寝ている時よりもたくさん汗をかくことになるでしょう。

そしてその問題は、たくさん汗をかくことだけではありません。

通気性が悪いということは、たくさん汗をかいた汗が、なかなか蒸発されないということになります。

蒸発されないでそこにとどまるということは、マットレスや着ているシャツなどがどんどん濡れていくことになります。

それが濡らされていけば、当然腰も濡らされることになるので、腰はドンドン冷えていくでしょう。

それが良くないのです。

冷えると腰痛は悪化する

腰痛というのは、基本的には冷えると悪化すると言えます。

これが急性の腰痛の場合は別ですが、腰痛持ちの人の腰痛は、慢性的な腰痛だと言えます。

そんな慢性的な腰痛は、基本的に温めて血行を良くして治します。

ということは、冷えるというのは治療法と真逆の行為になるのです。

なので、冷えてしまうと痛くなるのも仕方ない話なのです。

そういうことがあるので、腰痛持ちの人は腰はなるべく冷やさないでいるべきです。

しかし、通気性が悪くて蒸れやすいマットレスを使用していたら、腰は汗で確実に冷えることになります。

それを避けるために、腰痛持ちの人は通気性の良いマットレスを使用するべきだと言えるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

通気性が悪いと良い姿勢を保てない

また、通気性が悪いと良い姿勢を保てないという事も挙げられます。

通気性が悪いことにも、腰痛的に見て良いことはあります。

それは、寝心地が悪いので、ついつい寝返りを繰り返してしまうということです。

誰だって、寝心地が悪いのは嫌でしょう。

だから、寝ている間でも無意識のうちに、体をコロコロさせて寝心地が少しでも良いところを探してしまうのです。

寝返りをすることは基本的には腰に良いので、それは悪い事ではありません。

寧ろよい事だと言えるでしょう。

しかし、通気性が悪いということによる寝返りは、悪い点もあるのです。

それが、良い姿勢に着地しないということです。

基本的に良い寝姿勢とは、仰向けで寝る姿勢になります。

でも通気性が悪くてその体勢での寝心地が悪くて寝返りをしているのに、その姿勢に着地するわけがありません。

腰に悪い姿勢に落ち着いてしまう

通気性が悪い時には、うつ伏せに近いような姿勢など、腰に悪いような姿勢で着地してしまうことが多いです。

ということは当然ながら、寝ているだけで腰への負担は増していき、次第に腰痛になってしまうということになります。

だから、通気性が悪いのは良くないのです。

きちんと良い姿勢で寝て、知らない間に腰へ多大な負担をかけてしまわないためにも、腰痛持ちの人は、マットレスは通気性の良いものを選ぶべきだと言えます。

マットレスがヘタりやすくなるから

通気性の悪いマットレスが腰痛持ちの人に良くないというのは、マットレスのヘタりやすさも関係しています。

通気性が悪いマットレスは、ほとんどの場合で、通気性の良いマットレスに比べてヘタりやすいと言えるでしょう。

通気性が悪いと、まずマットレスの中に湿度が溜まりやすくなります。

湿度が高くなれば、その分だけマットレスは重たくなりやすくなりますし、ヘタりやすくなってしまうのです。

さらに、湿度が高い事にはまた悪い事があります。

湿度が高いカビやダニも増える

それが、湿度が高いとカビやダニも増えてしまうということです。

カビが生えてしまうと当然その上では寝たくなくなるでしょう。

なので、寝心地は間違いなく悪くなり、上手く寝返りができなくなることが想像できます。

そして、当然そうなれば腰痛は悪化するでしょう。

ダニもそれと同じような事がおこりますし、ダニの場合はそれだけではなく、マットレスのヘタりやすさも促進してしまいます。

その分だけ重たくなりますし、コイルなどにダメージを与えてしまう事もあるでしょうから。

なので、湿度が溜まりやすいというのは、マットレスの寿命的にはすごく問題だということになります。

ヘタると腰痛になる

マットレスがヘタると、そのせいで腰痛になります。

マットレスがヘタってしまうと、その上で寝ているだけで腰が凹むようになってしまうでしょう。

腰のあたりは特に体重がかかる箇所ですから、ヘタったマットレスの上で寝ていると、そのせいで腰のあたりがへこんでしまうのです。

そうして腰のあたりが凹んでしまうと、腰の位置が低くなり、ますます腰に体重の負荷が掛かるようになります。

普段仰向けで寝ている時に腰に掛かる負荷はだいたい40パーセント前後と言われますが、こうして腰の位置がどんどん深くなることによって、その負荷は50パーセントとかあるいはそれ以上になってしまう事もあるかもしれません。

それでは腰痛が悪化するのも当然と言えるでしょう。

なので、マットレスはヘタらないようなものが良いのです。

そしてそれは、通気性が良いマットレスになります。

冬場でも通気性が良いものが良い

通気性が良いマットレスでは、冬場は寒くて、そのせいで結局腰が冷えてしまうのではないかと思う方もいるかもしれません。

でも実は、腰痛持ちの方には、冬場でも通気性の良いマットレスの方がおすすめなのです。

というのも、冬場でも人は寝ている間にはたくさん汗をかくのです。

汗をかくということは、それだけ暑いと言うことになります。

寝る前には寒く感じるかもしれませんが、寝ている間に暑くなるものなのです。

それなのに、通気性の悪いマットレスで寝ていたらどうでしょうか?

結果夏場の様に汗をかいてしまうことになるでしょう。

そしてそれは、なかなか蒸発することがありません。

ましてや冬なので外気はすごく寒いです。

ということはつまり、すごく腰が冷えてしまうことに繋がるのです。

そうして腰痛がひどくなってしまうこともあります。

でも通気性が良ければそうなることはありません。

だから、たとえ冬場でも、通気性の良いマットレスを選んだ方が良いと言えます。

いちいち買う手間も省ける

そうして冬でも通気性の良いもので良いのですから、いちいち夏と冬でマットレスを買い替える必要がないということになります。

いちいち買いかえるということは、交換する手間もかかりますし、マットレスは大きいですから、それでは腰への負担もかかるでしょう。

それがなくなるということも、腰痛にとっては良い事だと言えます。

まとめ

腰痛持ちの人が通気性の良いマットレスを選ぶべきだという理由はわかりましたでしょうか?

通気性が良いマットレスの弱点と思われる冬場の件も、実はメリットだったりするので、むしろ通気性の良いマットレスを選ばない理由がないと言えるでしょう。

なので、腰痛持ちの人がマットレスを買うならば是非、通気性の良いものを購入していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団