腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちの人は必見!本当にお値段以上の効果がある、ニトリの低反発腰当クッションでつらい腰痛を忘れちゃいましょう!

   

ボンフォーム サポートクッション 低反発 腰当て ブラック 軽普通車用 5601-30BK

「お値段以上ニトリ」のキャッチコピーで人気のメーカーニトリですが、そのニトリから本当にお値段以上に効果がある低反発腰当クッションが登場しました。

おうちのリビングのソファやキッチン、ダイニングの椅子をはじめ、オフィスチェアーに置いておくだけで、あなたの腰をしっかりとサポートしてつらい腰痛を改善してくれるというこの低反発クッション、具体的にどのような構造と効果を発揮するのか、これから見ていきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

腰痛の原因は椅子の固さと猫背の体型にあり!

腰痛の原因には重たい荷物を持ったりスポーツで腰を酷使したりと、無理を重ねてきたことなどが挙げられますが、それ以外で案外多いのが、自宅やオフィスで普段から使用している椅子が固いことや、パソコンやスマホをいじっていて無意識のうちに猫背になっていることが挙げられます。

普段から猫背でなくてもパソコンやスマホの場面を見ているとつい夢中になり、長時間同じ猫背の姿勢を維持し続けるため、いつの間にか腰に想像以上の負担が掛かってしまいます。

その結果、座っている時や座った状態から立ち上がる時に腰痛が襲ってくるのです。

腰の骨に異常がなくても過度な負担が掛かり続けると、腰の部分の血流が悪くなって筋肉が固くなることで炎症が起きやすくなり、その結果慢性的な腰痛に落ちってしまうのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

椅子を買い替えずに腰痛を改善する方法は?

自宅の椅子が合わないからといって、傷んでもないものを買い替えるのは家計に負担が掛かりますし、また会社の椅子の場合はたとえ椅子が自分の身体に合わなくても買い替えてもらうわけにはいきません。

そんな時に椅子を買い替えなくても腰をしっかりとサポートしてくれるのが、ソファや椅子に置く腰当クッションです。

その中でも腰痛の改善に効果的でおすすめなのが、ニトリの低反発腰当クッションで、価格は900円台から1,400円程度ととてもリーズナブルな価格で購入することができます。

絵柄やカラーの種類も多く、ソファや椅子にピッタリのおしゃれで機能性高い腰痛用のクッションが見つけやすくなっています。

腰痛に低反発のクッションが効果的な3つの理由とは?

低反発素材といえばマットレスやまくらがよく知られていますが、実はサポートクッションにも低反発素材が用いられています。

ではなぜ腰痛に低反発のクッションが効果的なのでしょうか?

それには3つの理由が挙げられます。

背もたれと腰の間に空間ができない!

低反発のクッションが腰に良い理由の一つに、背もたれと腰の間に空間ができないということが挙げられます。

何も置かない、機能性のない普通の椅子の場合、座ると背もたれと腰の間に空間ができます。

すると背中だけが背もたれに接触して腰は反り返った形になるため、腰に過度な負担が掛かります。

しかも長時間座っていると腰が反り返った状態が続くため、腰回りの筋肉疲労や炎症を起こしやすくなり、その結果腰痛を発症する原因になります。

ニトリの低反発腰当クッションを椅子に置くことで腰が反り返ることなく、クッションに腰がピッタリとフィットするので背中にも腰にも負担が掛かりにくくなり、腰痛の予防や改善につながります。

椅子の固さが軽減され、不自然な腰の曲がりが正せる!

腰痛が発症する原因には椅子が自分に合っていないことが挙げられますが、その原因には座る人の体重が重過ぎて椅子に余計な重力が掛かり、座席のお尻を置く部分にクッションを置いてもクッションの役割が十分に果たしきれないということです。

つまりフカフカのクッションを置いても体重が重たいと固い部分に座っているのと同じ状態になり、お尻から腰にかけて負担が掛かりやすくなるのです。

この状態になると腰が不自然に曲がった状態になり、腰痛が起きやすくなります。

しかしニトリの低反発腰当クッションで腰の部分をサポートしてあげることで、体重の重さによる不自然な腰の曲がりを正すことができ、腰痛が起こりにくい正しい姿勢に改善されるのです。

パソコンやスマホで猫背になりがちな姿勢を正せる!

仕事やゲームなどの遊びでパソコンやスマホと長時間向き合っていると、意識して姿勢を正しているつもりでも自然と猫背の状態なってしまいます。

特に椅子とコシとの間に空間が空きやすい椅子やソファの場合は、猫背にすることで空間が狭くなり、それが楽な姿勢に感じるのです。

ところが低反発腰当クッションを椅子に装着して座ると、猫背の姿勢がむしろ取りにくくなり否が応でも背筋を伸ばした姿勢が一番楽に感じられます。

背もたれと腰の部分が低反発素材でフィットすることで疲れにくく、正しい姿勢で座っている状態が一番楽に感じられるようになるので、意識して姿勢を正さなくても自然と腰痛の予防と改善になるのです。

反対に高反発性のクッションだとどうなるのか?

反対にサポートクッションが高反発性のクッションの場合は、腰に対してどのような効果があるのでしょうか?

サポートクッションの中には高反発性のクッションも販売されていますが、この場合は腰当クッションではなく、座席のお尻の部分に置くクッションがほとんどです。

お尻の部分に置く高反発クッションの場合は主に前下がりのデザインになっているものが多く、適度な緊張感を保ちながら猫背を正し下腹をへこませてきれいなボディーラインになれるというもので、確かにこちらも長時間座っていても疲れにくいということで人気があります。

ところが腰痛の予防と改善という視点から見ると、お尻の体圧はうまく分散されるのでお尻の痛みはありませんが、椅子と腰との空間はそれほど狭まりませんので、腰への負担は低反発腰当クッションほど軽減されません。

従って腰痛が起こりやすい人や、腰痛で悩んでいる人にはやはり低反発腰当クッションの方がおすすめです。

普通のクッションでは腰痛の予防や改善は期待できない

就寝時とは違い座っている時は寝返りを打つことはありませんので、長時間同じ姿勢でも疲れないようにするためには、腰が安定するようにしっかりとフィットするクッションを使用する必要があります。

ソファや椅子に時々普通のクッションを当てている人を見かけますが、普通のクッションでは弾力性があるので腰が安定せず、腰痛の予防と改善に効果が発揮されません。

実際に普通のクッションを背中や腰に当てていると椅子と腰との空間は低反発クッションと比べて狭くならず、少しでも身体が動くとクッションがずれてしまい、結局腰が不自然な状態になってしまいます。

そうなると新たな腰痛の原因を生むことになりかねません。

もしソファや椅子で普通のクッションを当てて腰を守っているならば、低反発腰当クッションに変えることをおすすめします。

自分に合った低反発腰当クッションを選ぼう!

ニトリの低反発腰当クッションは何種類かありますので、腰痛の状態や自分が座りやすいもの、自分の好みに合ったデザイン性の高いものなど自分に合ったものを選ぶことができます。

会社用に使用する場合は、ニトリのオフィスチェアクッションがおすすめです。

また車の長距離運転で蒸れて汗をかきやすいという人には、メッシュ生地の腰当クッションを使うと車内でも快適に過ごせます。

さらにダイニングチェアに合うような、おしゃれなニットボーダー柄の低反発腰当クッションもありますので、家族でどんなものが良いか相談しながら選ぶのも楽しいかと思います。

まとめ

ニトリの低反発腰当クッションはお値段以上と言われるだけあって、コストパフォーマンスが良く機能性の高いクッションとして人気があります。

デザインもおしゃれでいろいろ種類があるので、腰痛に悩む人が多い中高年の世代だけでなく、腰痛予防として若い人にもぜひ使ってもらいたいクッションです。

腰痛は長年の無理な姿勢が原因で発症することが多いので、若いうちからきちんと腰をケアすることが大切です。

ニトリの低反発腰当クッションならばお手頃価格で若い人でも購入しやすいので、腰痛予防に役立てることができるかと思います。

またご両親にプレゼントしてあげても、きっと喜んでもらえるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション