腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

飛行機の椅子に座ることで起こる、腰痛対策はどんなこと?

   

飛行機の椅子に座ることで、腰痛になってしまうことがあります。

特にエコノミークラスの座席の場合、スペースが狭いので、注意が必要です。

でも飛行機の中でもいろいろな対策をすることで、腰痛の発生を予防したり、軽減させることができます。

ここでは、飛行機の椅子に座ることで起こる、腰痛対策についてお話していきます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

飛行機の椅子に座ることによる腰痛には注意が必要

機内は狭いスペースで、過ごすことになる

私は旅行が好きなので、よく飛行機に乗ります。

でもそこで問題になるのが、飛行機の椅子に座ることによる腰痛です。

機内は狭いスペースの中で、過ごすことになります。

特にエコノミークラスの座席を確保した場合、短時間のフライトであっても辛いことがあります。

海外旅行のような長時間のフライトになると、なおさらです。

エコノミークラスの座席は、ビジネスクラス、ファーストクラスと比べてかなり安いです。

たまには奮発してビジネスクラスなどを利用したい、と思っても毎回そうはいきません。

そのため私のようによく海外旅行に行く人は、エコノミークラスの座席を確保することが多いでしょう。

しっかりとした対策を行うことが大切

また機内では、座って過ごすことがほとんどです。

でも長時間座ったままでいると、腰痛が起こったり、酷くなってしまうことがあります。

そのため腰痛が持病になっている方も、そうでない方も、十分な注意が必要です。

辛い腰痛が起こってしまう前に、しっかりとした対策を行っていくことが大切です。

私は腰痛が持病になっているので、かなり気を配っています。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

飛行機の椅子から、適度に立ち上がることが大切

適度にトイレに行く

機内で手軽に行える、腰痛対策はいくつかあります。

その一つにずっと椅子に座っていないで、適度に立ち上がることです。

電車のようにむやみやたらに、移動することはできませんが、トイレに行くことはできるはずです。

私も飛行機の椅子に座って、腰痛にならないように、できるだけトイレに立つようにしています。

何分に一回というのはさすがに大変ですが、1時間から1時間半くらいの間を目安に、トイレに行くようにしています。

化粧直しや歯みがきをするために、席を立っても良いです。

良い気分転換にもなるので、面倒くさいと思わないことが大切です。

機内の座席は通路側を予約する方が便利

トイレに行くという理由があっても、座席によっては、何度も席を立てないこともあります。

そのため飛行機の座席を予約する時は、できるだけ通路側を確保するようにしましょう。

席が通路側であれば、隣に別の人が座っていても、気を使わずに済みます。

私は以前主人とイタリアに行った時、長時間のフライトなのに、窓側3列配置の座席の奥から、並ぶようにして座る形になってしまいました。

当時はまだ座席を確保する方法が分からなかったからです。

隣に座っている人のことも考えて、なかなかトイレに行くこともできませんでした。

長時間座り続けていたため、4時間くらい経ったら、腰痛になってしまいました。

腰痛は軽度で済みましたが、それ以降はできるだけ通路側を予約するようにしています。

クッションを使って、腰痛を予防する

腰に負担がかからないクッションを使うことが大切

飛行機に乗ると、いろいろなクッションを使っている人を見かけます。

単にリラックスするために使っている人もいますが、クッションを上手に使うことで、腰痛を予防することができます。

腰に負担がかかりにくい、クッションを使うことが大切です。

ネックピロートラベルクッション

機内用のクッションは、いろいろな商品が販売されています。

中でも「ネックピロートラベルクッション」という商品があります。

「ネックピロートラベルクッション」を腰に使うことで、負担がかかりにくくなります。

そのため腰痛の予防になります。

「ネックピロートラベルクッション」は、枕としても使えるので便利です。

コンパクトで、すぐに膨らませて使うことができます。

またバックストラップがついているので、固定することもできます。

機内だけでなく、マイカーや会社などでも使うことができます。

「ネックピロートラベルクッション」は、腰痛を予防したり、マルチで使いたいような人におすすめします。

機内ではリラックスすることを心掛けよう

気持ちもリラックスさせることが大切

機内では、気持ちもリラックスすることが大切です。

椅子に座っている時間が長くなってしまう機内では、映画やゲームに、ついつい夢中になってしまうことがあります。

すると肩や腕の他に、腰も緊張した状態になってしまうこともあります。

また知らず知らずのうちに、無理な体勢になっていることもあります。

そのため気づいたら腰痛になってしまった、というケースも良く見られます。

映画やゲームをして、機内で楽しく過ごすのはとても良いことです。

でも適度に休憩を入れながら、行うようにしましょう。

私も機内で映画やゲームに夢中になってしまい、席を立たたなくなることもあるので、気をつけています。

ストレッチを積極的に行おう

またあわせてストレッチを行うと効果的です。

機内のスペースは限られているので、ストレッチはやりにくい、と考えてしまいがちです。

でも椅子に座ったまま行えるストレッチもあります。

具体的には、背中を丸めるようにして、前かがみになる上下の運動を繰り返します。

また左右にカラダをねじるようにして、動かします。

できるだけリラックスした状態で行うようにしましょう。

私もゲームなどで疲れた時、積極的に行うようにしています。

腰の緊張がほぐれた感じになり、楽になります。

ストレッチを行えるような座席を確保しよう

でも機内の座席は狭いので、他の人が隣に座っている時は、ストレッチなどを行いにくいです。

特に左右の動作は、ぶつかってしまわないか、心配になることがあります。

その場合は上下の運動だけ、行っても構いません。

また2人で飛行機に乗る時は、2列配置の席、3人の場合は3列配置の席を並んで確保すると便利です。

ビジネスクラスやファーストクラスでも予防は大切

エコノミークラスの椅子は、ほとんどの席でリクライニングができるようになっています。

ベルト着用のサインが消えたら、リクライニングは可能です。

でもエコノミークラスでリクライニングをしてしまうと、後ろの席に座っている人のスペースが狭くなります。

そのため気を使って、リクライニングをしない方も多いです。

私も前に座っている方がリクライニングしたまま、別の席に移動してしまった時がありました。

客室乗務員の方を呼ぶのも、ためらってしまいましたし、勝手に席を戻すこともできませんでした。

このように長時間狭いスペースで、過ごすしかなかった時もありました。

できるだけトイレに立つようにしていましたが、ストレッチを行うことはできませんでした。

一方でビジネスクラスやファーストクラスのスペースは、余裕を持てます。

座席も大きくて、無理な体勢になりにくく、移動もしやすいです。

そうであっても、腰痛になってしまうことはあります。

ビジネスクラスやファーストクラスの座席であっても、ストレッチなどを行って、腰痛を予防していくことは大切です。

まとめ

飛行機に乗る時は、あらかじめ腰痛にならないような対策が必要になります。

また機内の限られたスペースで、対策を行わなければなりません。

でもちょっとした工夫をすることで、腰痛の予防や軽減につながります。

飛行機の椅子を利用してストレッチを行ったり、適度に立ち上がるなど、状況に応じて適切な対策を行うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子