腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発のマットレスは、横向きで寝る人にもあってる?

   

LOWYA (ロウヤ) 高反発マットレス 厚10cm リバーシブル加工 カバー付き 【やや硬め172N】 3つ折り セミシングル アイボリー おしゃれ

高反発のマットレスはよく、仰向けで寝る人にあっていると言われることが多いです。

でも実際問題高反発のマットレスを使用したいと考えている方の中には、横向きで寝るのが基本だという方もいるでしょう。

では高反発のマットレスは、横向きで寝る人もあっていると言えるのでしょうか?

ここではそれについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレスであれば横向きでも寝返りができる

高反発のマットレスは、基本的には横向きで寝る方にもあっているといえるでしょう。

でもなぜ、高反発のマットレスが横向きで寝る方にもあっているといえるのでしょうか?

それは、高反発のマットレスであれば、横向きであっても寝返りができるからだと言えます。

高反発のマットレスは、力を反発してくれるマットレスになります。

なので、力を込めれば、多少無理な体勢からでもしっかりと寝返りをしていくことができるようになるでしょう。

だから、横向きで寝る人にもきちんと寝返りをさせてくれるようになるといえるのです。

そしてそんな風に寝返りがしやすいマットレスを選ぶということは、横向きで寝る方にとってはすごくおすすめなことになります。

寝返りができないと肩がどんどん痛くなる

横向きというのは、基本的にはあまり寝返りがしやすい体勢ではないといえるでしょう。

そんな風にあまり寝返りがしやすい体勢ではない形で寝ていたら、どんどん身体がこっていってしまうでしょう。

しかもそれは、肩のあまりにおもにくると言えます。

横向きで寝ていると、肩が押しつぶされるようになるでしょう。

そうした肩が押しつぶされるような状態でずっと固定されていたら、どんどん肩のまわりの血流が悪くなっていき、肩が痛くなるのは当然になるでしょう。

だからそうならないように、なんとかして肩をその負荷から解放してあげないとなりません。

肩をその負荷から解放させてあげるためには、寝返りがかかせないでしょう。

寝返りをすれば、その都度肩を負荷から解放していくことができます。

なので、横向きで寝ている人にとっても、寝返りをすることはすごく大切だといえるのです。

そしてそんなすごく大切な寝返りをするためには、高反発のマットレスがあっていると言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りをし過ぎないのもいい

そんな風に寝返りがしやすいといえる高反発のマットレスですが、横向きで高反発のマットレスに寝ている場合、寝返りをし過ぎないというのも一つのポイントになるでしょう。

寝返りをするのはすごく大切なことです。

しかしそれはあくまでも、適切な回数くらいの寝返りになります。

あまりたくさん寝返りをしていると、その寝返りのせいで体力を奪われてしまうでしょう。

寝返りだって、ちょっとした運動のようなものです。

だからそれをやり過ぎたら疲れてしまうというのも、当然起こるものなのです。

高反発のマットレスで寝ていてそれを起こさないようにするためには、横向きで寝るのが効果的になるでしょう。

高反発のマットレスにとっても相性が良いと言える

それはつまり、横向きで高反発はマットレスの上に寝るというのは、高反発のマットレスにとっても相性が良いといえることになるというわけです。

横向きで寝ることにとっても、寝返りができるようになり、寝返りができなくなりがちという横向きで寝ることの弱点をけしてくれているものになり好都合ですが、高反発のマットレスにとっても、寝返りをし過ぎてしまうという弱点を消してくれるものになるわけなのですから、すごく相性がよいです。

なのでむしろ、高反発のマットレスで寝るのであれば横向きで寝るのがおすすめだし、横向きで寝るのであれば、高反発のマットレスを使用するのがおすすめだということになります。

注意点はよだれがつく可能性が高いこと

ただし、高反発のマットレスの上で横向きで寝ていく際には、注意点もあります。

そんな注意点の一つとしてあげられるのが、よだれが高反発のマットレスについてしまう可能性が高いということです。

横向きに寝ていると、顔も多少潰れるような形になるでしょう。

顔が潰れるような形になると、それによって口が開いてしまうことがあります。

そうして口が開いてしまうと、そこから自然とよだれが垂れていってしまうでしょう。

よだれが垂れるというのは、すごく問題になります。

高反発のマットレスは洗えないから

なぜなら、高反発のマットレスというのは、洗うことができないからです。

これが低反発のマットレスだったらまた違っていたでしょう。

低反発のマットレスであれば、洗うことができるものも多少あります。

なのでたとえ横向きで寝ていてよだれがたくさんついてしまっていたとしても、その時にはそのよだれがついたマットレスを洗えばよい話になったでしょう。

しかし、高反発のマットレスの場合はほぼほぼ全てのマットレスで、洗うことができないといえるでしょう。

洗うことができないのであれば、やはりよだれはつけるべきではありません。

いくら除菌スプレーをしていても衛生的ではないですし、臭いもしてきてしまうでしょう。

そういうことがあるので、高反発のマットレスに横向きで寝る際には注意が必要になります。

マスクをして寝るのがおすすめ

それに対処するためには、高反発のマットレスに横向きで寝ていく際には、マスクをして寝るのがおすすめになります。

横向きにねていて、たとえ寝ている途中で口が開いてしまい、口からよだれが出てしまったとしても、寝る時にマスクをしていれば、そのよだれはしっかりとマスクがカバーしてくれる可能性も高くなります。

そうしてマスクがよだれをカバーしてくれれば、高反発のマットレスが汚れなくなります。

よだれ自体に対処するのは難しいですが、それがマットレスにつかないようにする方法はいくつかあるので、そういう方法を試してみるといいでしょう。

固過ぎないようにも注意

高反発のマットレスの上で横向きで寝ていくことは、高反発のマットレス側から見ても、横向きで寝るということ側からみてもメリットがあり、おすすめなことになります。

しかし、高反発のマットレスにもいろいろなものがあります。

そしてそれは、何でもいいわけではありません。

中には、高反発は高反発でもこういうものは避けた方が良いというものもあります。

それが、固すぎるマットレスになります。

痛みを感じやすい

なぜなら、そういう固すぎるマットレスは、痛みを感じやすいからです。

固すぎるマットレスに横向きで寝ていたら、肩の骨が硬いところに押し付けられることになります。

そうして硬いところに骨が押し付けられたら、それが痛くないわけもありません。

なので、寝ている間にすごく痛みを感じるでしょう。

寝ている間に痛みを感じるということは、朝起きた時にも当然痛みを感じるということになります。

それはどう考えてもいい睡眠とは言えません。

睡眠とは本来身体の疲れや痛みを癒すものになりますから。

そういうことがあるので、横向きで寝る人が高反発のマットレスを買う場合には、固すぎるものを避けていってください。

まとめ

高反発はマットレスは、横向きで寝る方には基本的にはあっていると言えます。

なので、横向きで寝ることが多い方は、高反発のマットレスの購入を考えてみるのは大いにありでしょう。

もちろん高反発のマットレスは、横向きだけではなく仰向けで寝るのにも効果的ですから、いつか横向きで寝なくなってからも、しっかり活用していけるでしょう。

それも嬉しいポイントです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団