腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレスに注意点はある?  重要な4つのポイント

   

高反発マットレスは、高い反発力が特徴の優れた製品です。

体をしっかり支えてくれるため、腰痛対策ではとても重宝されていますが、この高反発マットレスには、いくつか注意点があります。

それらを軽視していると、思わぬ失敗をすることもあるので、常に気をつけておかなければなりません。

では、高反発マットレスを扱う際の4つの注意点について、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

選ぶときの注意点

高反発マットレスは、実際に使う前に、選ぶ段階から注意しなければならないポイントがあります。

それは、自分に合った製品を選ぶということです。

一口に高反発マットレスといっても、その種類はさまざまであり、製品によって異なる特徴をもっています。

その中から、自分に合ったものを見極めなければ、高反発マットレスの効果を十分に得ることはできないのです。

例えば、高反発マットレスで腰痛対策をしたい場合、「高反発素材を使っている」という点だけを重視して、他の細かい点は見逃してしまうことがあります。

しかし、高反発であれば、どんなものでも効果があるわけではありません。

むやみに反発力が強いものを選択したりすると、自分の体重と反発力がうまく釣り合わず、体が不自然に浮いてしまうこともあるのです。

そうなれば、腰痛対策どころか、逆に腰を痛めてしまいます。

高反発マットレスの中でも、反発力には違いがあるので、よく見て選ぶようにしましょう。

試し寝で選ぼう

自分に合った高反発マットレスを選ぶには、実際に寝てみることが大切です。

いくら表記を確かめても、実際に寝たときの感触は、寝てみないとわかりません。

試し寝をあまり重要視しない人もいますが、確実に失敗を防ぐためには、かなり有効な方法になります。

表記だけを見て、試し寝なしで選んだ場合、使った時に違和感を感じてしまうこともあるのです。

しかし、買う前に実際の感触を確かめておけば、そうした違和感を軽減することができます。

そのため、高反発マットレスを購入するなら、ネット通販よりも、実店舗にしておきましょう。

もし通販を利用する場合でも、できるだけ無料のお試しができるところを選択すれば、失敗は少なくなります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

使うときの注意点

高反発マットレスを実際に使うとき、注意しなければならないのは、「直接寝る」という点です。

ベッドで高反発マットレスを使うには、敷き布団とセットにする方法がありますが、そのとき、敷き布団を上に置いてしまうと、反発力や体圧分散などの効果を妨げてしまうのです。

そのため、高反発マットレスを布団と組み合わせるなら、必ず一番上になるように敷いてください。

高反発マットレスが直接体を受け止める状態であれば、本来の効果を十分に発揮することができるので、腰痛対策の効果も高まります。

また、分厚い高反発マットレスの場合は、敷き布団との併用を避け、単体で使うようにしましょう。

薄めの製品なら、敷き布団を下に敷くことで底付き感を軽減できますが、厚いものに敷き布団を組み合わせると、柔らかくなりすぎてしまうので、正しい姿勢を維持することができません。

腰が極端に沈んだような姿勢では、腰に負担をかけてしまいます。

厚いものなら、他の寝具の助けを借りなくても、腰痛対策と寝心地アップを両方ともカバーできるのです。

シーツとベッドパットは除外しない

「高反発マットレスに直接寝る」という注意点は、よく勘違いされていることがあります。

それは、高反発マットレスを保護するものをすべて取り除き、むき出しのまま使ってしまうことです。

直接というのは、あくまでも他の寝具を重ねないということなので、本来セットで使うはずのシーツやベッドパットまで除外してはいけません。

むき出しのまま使っていると、寝ている間にかいた汗がそのまま染みこんでしまうため、湿気が蓄積されていきます。

そうなれば、臭いを発したり、カビやダニが繁殖したりするため、とても不衛生な状態になってしまうのです。

したがって、高反発マットレスには、シーツやベッドパットを必ず使用してください。

常にセットで使うようにすれば、いつも快適な状態で眠ることができます。

干すときの注意点

マットレスの基本的な手入れは、干して湿気をとばすことです。

高反発マットレスも例外ではなく、定期的に干しながら使えば、湿気の蓄積を防ぎ、清潔な状態を保つことができます。

ただし、高反発マットレスを干す場合、他のマットレスとは少し違った点に注意しなければなりません。

それは、日光を避けることです。

通常のマットレスであれば、日光に当てて干すことは、ダニ対策としても効果の高い、おすすめの手入れ方法となります。

しかし、ウレタンを使用した製品が多い高反発マットレスの場合、日光を当てることは、劣化を早める原因のひとつなのです。

ウレタンの耐久性は、日光を浴びることで低下します。

そのため、高反発マットレスを他の製品のように天日干しすると、劣化しやすくなるのです。

陰干しならOK

高反発マットレスを干すときは、普通に天日干しするのではなく、日光を避けて陰干しにするのがおすすめです。

陰干しは、風通しがよく、日が当たらない場所を選んで干す方法になります。

それならば、ウレタンの耐久性が下がる心配はなく、高反発マットレスを劣化させないまま、湿気の対策ができるのです。

また、陰干しのメリットは、その場でも可能な点にあります。

日の当たらない室内であっても、換気して風通しをよくしておけば、湿気をとばす効果は十分にあるのです。

マットレスは、大きくて動かしづらい製品も多いため、干すのが億劫になり、しっかり手入れができないこともあります。

しかし、日当たりのよい場所まで運ぶ必要のない陰干しなら、誰でも簡単に手入れができるのです。

長持ちさせるための注意点

高反発マットレスを長持ちさせることは、とても重要です。

すぐに劣化してしまい、何度も買い替えるようなことになれば、その費用はかなり高額になってしまいます。

また、腰痛対策をする場合は継続が大切なので、劣化を早めるような使い方は、極力避けなければなりません。

そこで注目したいのが、高反発マットレスの敷き方です。

劣化を少しでも遅らせるためには、ずっと同じ面だけを使っていてはいけません。

同じ部分に圧力が集中すると、かなり大きな力になってしまうため、どうしても劣化が進むことになります。

それを防ぐには、ときどき裏表や上下を逆にして、敷き方を変えることが大切です。

同じ面だけでなく、全体を均等に使うようにすれば、圧力が同じ部分だけに集中することを避けられます。

これにより、マットレス中央のへたりを防ぎ、長持ちさせることができるのです。

干す以外の湿気対策

高反発マットレスを長持ちさせるなら、湿気対策をしっかり行い、カビやダニを防ぐことは重要です。

これには、先述したように干すことが有効となりますが、それ以外にも、普段から湿気を少なくする工夫をしておくようにしましょう。

まず、ベッドの位置についてです。

壁にくっつけるようにしてベッドを設置する人は多いですが、湿気を防ぐなら、あまり密着させるのはよくありません。

それだと、空気の流れがなくなるため、どうしても湿気がこもりやすくなるのです。

ベッドを部屋の隅に設置する際は、10cmくらいは隙間をつくっておき、空気の通り道を塞がないようにしましょう。

また、部屋の換気にも注意してください。

部屋を閉め切っていると、空気の動きがないため、たとえベッドの位置に注意していても、湿気対策にはなりません。

定期的に換気を行い、湿度の低い状態を保つようにすると、マットレスの湿気も軽減できます。

まとめ

高反発マットレスは、ただ使っていれば、それだけで効果が得られるわけではありません。

適切な製品を適切な方法で使ってこそ、本来の優れた効果が発揮されるのです。

そのため、安易に製品を選択したり、適当な使い方をするのはやめましょう。

ここで紹介した注意点をしっかり押さえて、高反発マットレスを上手に使ってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団