腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレスを上手に選ぶ場合のポイントについて

   

ドルメオ 三つ折りマットレス(敷布団タイプ) 2層タイプ シングル 高反発

高反発マットレスを購入する場合には、しっかりと検討して選ぶ必要があります。

硬いマットレスを選んだにも関わらず、イメージしていた以上の硬さではなかった場合、とてももったいない買い物になってしまうはずです。

そのため、メーカーやそのメーカーが持っている特長などを理解して、高反発マットレスを選んでいくようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレスとは

正式な定義は存在していない

高反発マットレスは、まさに今注目をされているマットレスです。

体への負担を和らげてくれる効果など、さまざまなメリットが期待できますが、実は高反発マットレスと言う明確な定義はありません。

これだけ反発能力があるために高反発だと言える、と言った定義がないため、メーカーによって弾力性に大きな違いが生じていることも珍しくないのです。

しかし、寝具としての素材の密度や反発力、そして適切な厚みなどは多くのメーカーで納得のできる基準は設けられているはずです。

高反発マットレスを購入する場合には、こうしたメーカーの違いについてもしっかり検証を行った上で購入することが重要だと言えるでしょう。

費用が高くなったとしても、長く愛用することを想像した場合には、できるだけ良い品質の物を選ぶように心がけましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発マットレスの使い方

体への負担を減らす使い方

高反発マットレスは、体に負担を与えない睡眠ができることで知られています。

とくに腰痛などを抱えている人にとっては、高反発マットレスはなくてはならない存在になっているでしょう。

しかし、正しい高反発マットレスの使い方を理解している人は少ないでしょう。

正しい使用方法だと勘違いしていた場合、余計に腰に大きな負担を与えてしまっている可能性もあるのです。

高反発マットレスを使用する場合は、その能力をしっかり活かす使い方をすることが重要です。

例えば高反発マットレスの下に今まで使用していたマットレスをそのまま敷いて使うようなことは避けましょう。

また、もともとの敷布団についても弾力性を確認して使うようにすることが重要です。

あくまでも高反発マットレスの能力をそのまま活かせる環境を整えることが、体への負担を減らす最善な使い方になるのです。

高反発マットレスの選び方

密度が重要なポイントになる

高反発マットレスは、当然反発能力に優れていなければなりません。

ただ、この反発力は人それぞれの主観もあることから、なかなか数値で確認することは難しいと感じてしまうでしょう。

そのため、高反発だと思い購入しても、自分にとってはもっと強い力が欲しかったと感じてしまう失敗が発生してしまうのです。

こうした失敗を防ぐためには、マットレスの密度について理解をしていくことから始めましょう。

まず、この密度はDと言う単位で表されています。

比較的安価な高反発マットレスの場合には、15から19Dほどになり、優れた反発能力を持っている高反発マットレスになれば30D以上になります。

このくらいの数値のマットレスであれば、しっかりとした寝心地をキープできるだけではなく、マットレス自体の耐久性も良いと言えるでしょう。

部分的な破損などがなければ、5年以上は安心して使用し続けることができます。

高反発マットレスを購入する場合には、必ずこの密度をしっかり確認するようにしましょう。

厚みも当然意識する

しかし、密度が高ければ高反発であるとは一概には言えません。

密度と反発能力は別の意味なので、完全に一致した選び方をするべきではありません。

さらに突き詰めて考えるのではれば、厚みも重視するべきなのです。

厚みと密度を両方意識して選ぶことで、安定した反発感を得ることができるようになるのです。

高反発マットレスにはさまざまな厚みが用意されていますが、基本的には5センチ以上の物を選ぶことをおすすめします。

5センチ以上のマットレスであり、さらに30D以上の密度であれば、しっかりとした寝心地を維持できるようになるでしょう。

人気の高反発マットレス3選

ドルメオ

ドルメオ 三つ折りマットレス(敷布団タイプ) 2層タイプ シングル 高反発

ドルメオは、日本の寝具メーカーで有名な西川が独自のルートでイタリアから取り寄せて販売している商品です。

寝具メーカーで有名な西川なので、信頼度がとても高い高反発マットレスだと言えるでしょう。

このドルメオの最大の魅力は、高反発マットレスの機能がしっかりしていることだけではなく、12年の長い保証期間を提供してくれることです。

これだけ長い保証期間ができるのは、やはり信頼度がとても高いのだと言うことができることでしょう。

ドルメオには1層タイプと2層タイプがあり、自分に合っている硬さを選ぶことができるようになっています。

本格的な高反発マットレスを探している場合にはとてもおすすめの商品です。

マニフレックス

マニフレックス 三つ折り マットレス 高反発 メッシュ・ウィング ミッドブルー シングル【10年保証】【外して洗える側地】※コンパクトなロール圧縮梱包

マニフレックスは50年以上つづくイタリアの寝具メーカーです。

世界中にこのメーカーのファンが多く、信頼度がとても高いメーカーだと言えます。

マニフレックスの高反発マットレスは、まさに体を包み持ち上げてくれるような感覚にさせてくれ、体の痛みが軽減されていくのがとても良く分かります。

また指圧効果も得ることができるようになっており、血行が良くなり冷え性の改善にも繋げることができるようになっています。

硬さは他のメーカーの高反発マットレスよりも少し硬めにセッティングされています。

少し高価な高反発マットレスですが、価格以上の効果を感じることができるでしょう。

iSLEEP

iSLEEPは比較的安価に購入することができる高反発マットレスです。

高反発マットレスは、どうしても高いと言ったイメージがあるかもしれませんが、iSLEEPは高品質にも関わらず購入しやすい価格なので、初めて高反発マットレスを選ぶ人にはとてもおすすめだと言えます。

硬さは少し硬めにセッティングされており、ヘタリも少なくまさにリーズナブルな高反発マットレスだと感じることができるでしょう。

高反発マットレスの弱点も知っておく

ダメージを受けやすい

高反発マットレスは多くのメリットもありますが、ヘタリが起こりやすいと言った弱点もあります。

寝具は毎日使用する物なので、どうしてもダメージが起こりやすいとは言えますが、高反発マットレスはその硬さゆえにヘタリが大きくなってしまう部分があるのです。

しかし、こうした弱点を克服しているメーカーもたくさんありますので、できるだけ高品質の高品質マットレスを選ぶことが重要となるでしょう。

購入時に失敗しやすい

高反発マットレスは、購入時に失敗しやすい寝具だと言えます。

自分が想像していた硬さではない場合が多く、購入した後にもっと硬い方が良かった、もっと柔らかいイメージを持っていたと言った問題が起こりやすいと言えます。

しかし、こうした問題は事前のリサーチで改善しやすい問題だと言えるでしょう。

できる限り事前のリサーチには時間をかけて、自分に適した高反発マットレスを購入できるように努力をしましょう。

最高の眠りができるようにしましょう。

まとめ

高反発マットレスを利用することで、今までの睡眠が変わるでしょう。

とくに、腰痛など体にダメージがある人にとって、高反発マットレスはなくてはならない存在になってくるはずです。

しかし、高反発マットレスにもさまざまなタイプがあります。

どのような種類があるのか、どのような性質があるのかをしっかり理解して選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団