腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高いまくらが好きなのはダメ? 高いまくらを使う事のメリットとデメリット

   

日本製 ボウズ枕 そば殻 高いまくら 小さいサイズ

まくらはあまり高くない方が良いと言われています。

最近では、まくらなし睡眠なんていうのもあるくらいですので、高いまくらは主流とは言えないでしょう。

でも高いまくらを使うことはだめなのでしょうか?

高いまくらを使うことにメリットはないのでしょうか?

ここではそんな、高いまくらを使うメリットとデメリットを見ていきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

高いまくらを使うと顔がむくみづらい

まずは、高いまくらを使う事のメリットから見ていきます。

高いまくらを使う事のメリットとしてまず言えるのは、顔がむくみづらいという事です。

高いまくらを使うと、頭が多少高い位置に来るようになります。

なので、あまり頭の方に血が流れづらくなるのです。

血がながれづらくなるという事は、顔のあたりに老廃物が流れていくという事もなくなります。

だから、まくらを高くして眠れば、顔のむくみが起こりづらくなるのです。

今低いまくらを使っていて、なんだか毎朝が顔がむくむなぁと感じている方は、もしかしたら今のまくらは低すぎるのかもしれません。

そういう方には、一度高いまくらを使ってみることをおすすめします。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

寝返りが打ちやすい

高いまくらのメリットには、寝返りが打ちやすいという事もあります。

高いまくらは、低いまくらにくらべると寝返りが打ちやすいです。

何故なら、低いまくらの場合は、寝返りをうち横向きになった際に、しっかりと首を支える事ができないことがありますが、高いまくらの場合はそれがないからです。

高いまくらの場合は、たとえば身体が横向きになったとしても、しっかりと顔の側面をまくらが支えてくれます。

だから、首が変な方向に曲がったりすることが無くなるのです。

そもそも横向きで寝るという人もあっている

また、そもそも横向きで眠るという人にも、高いまくらはあっていると言えます。

そもそも横向きで寝る人が低いまくらを使っていたら、当然その人は、肩の位置を低くしようとして、変な体勢になっていきます。

そのままでは肩が邪魔してまくらが顔に届きませんから。

でも、そうして変な体勢になってしまうと、当然身体のどこかが痛くなります。

なので、低いまくらの人は横向きで寝ることが難しいのです。

高いまくらの人の場合は、自然と首を支えることができるので、スムーズに入眠できます。

なので、最初から横向きが好きな人には高いまくらがおすすめです。

ただ横向きで寝るのはあまり良くはない

ただ、最初から横向きで眠るというのはあまり良い事ではないと言えるでしょう。

最初から横向きで寝ていると、どうしてもその横向きの状態で顔がつぶれていきます。

それによって、顔がゆがんだりする可能性が出てくるのです。

特に、いつも特定の向きの横向きでないと眠れないという方は要注意です。

その方向で顔が歪んでしまっている可能性がすごく高いと言えるでしょう。

もし高いまくらで横向きで寝たいのであれば、最低限寝る向きは毎日変えた方が良いです。

高いまくらは頭が沈んでも大丈夫

高いまくらのメリットはもう一つあります。

それが、頭が沈んでも大丈夫だということです。

高いまくらの場合は、頭が重たくて多少沈んだりしても、まだ多少の高さをキープすることができるでしょう。

でも、低いまくらの場合は、頭が重たくて沈んだりしたら、ほとんどまくらなしと同じくらいの高さになってしまうこともあります。

長く使えるということでもある

多少頭が沈んでも高さがあるから大丈夫という事は、長く使えるということでもあります。

そもそもが低いまくらだと、使い続けてだんだんまくらの高さがつぶれていったとき、比較的にすぐにまくらなしと同じくらいの高さになります。

でも、そもそもが高いまくらであれば、そのくらいにつぶれるまでにはかなりの時間がかかると言えるでしょう。

そこまでしっかりとつぶれないという可能性だってあります。

なので、長い間使う事が出来るのです。

まくらなんて、一度購入したらしばらくは購入したくないという方が多いでしょう。

そういう方にはやはり、ある程度高いまくらがおすすめです。

高いまくらのデメリットは肩こりに繋がること

では、高いまくらのデメリットは何になるでしょうか?

高いまくらの一番のデメリットは、やはり肩こりに繋がることでしょう。

高いまくらは、先述の通り頭の方に血が巡りづらいものになります。

血がめぐりづらくなるということは、いうなれば血行不良です。

そうした上半身の血行不良は、肩こりを引き起こします。

肩こりくらいであれば我慢できるという方もいるかもしれませんが、肩こりはだんだんひどくなると肩を上げることすら厳しくなってきたりします。

そうなると、仕事にも何らかの影響を与えることになるでしょう。

まくらの高さが原因でそうなってるとなると、本来であれば回復に充てるための時間が原因で、肩こりがどんどんひどくなるという事になります。

だから、いつまでたっても治らない肩こりを抱える可能性があります。

まずはその点に注意しないとならないでしょう。

肩こりにならない人もいる

当然体質的に肩こりにならない人もいます。

たとえば先述の通りに、本来は高いまくらだけど、頭の重さでつぶれてちょうど良い高さになっていたりしたら、肩こりになることもないでしょう。

だから全ての人が肩こりになるわけではありません。

それはしっかりと意識しておいた方が良いでしょう。

口が開きがちになる

高いまくらを使うと、口が開きがちになるというデメリットもあります。

高いまくらを使うというのは、いうなれば少し前のめりになっている状態だと言えます。

今何も力を入れずに顔を少し斜め下につき出してみてください。

やってみると、自然と口が開いた方も多いのではないでしょう。

そうして口は開きがちになってしまうのです。

でも、口が開きがちになるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

虫歯や口臭に悪影響を与える

口が開きがちになると、まず虫歯になったり、口臭がきつくなったりする可能性が高くなります。

というのも、口が開きがちになると、口の中が乾燥していってしまうのです。

口の中が乾燥すると、雑菌を殺してくれるはずの唾液が無くなってしまいます。

すると当然虫歯もできやすくなります。

そうして口臭がひどくなったりするのです。

虫歯だけでなく、シンプルに乾燥させると口臭がきつくなるという事もあり、ダブルの意味で口臭がきつくなるでしょう。

呼吸が浅くなる

まくらが高くて口が開きがちになると、どうしても口呼吸になりやすくなります。

口呼吸になると、その分だけ呼吸が浅くなります。

口呼吸は、あまり奥まで空気が入っていきませんから、どうしても呼吸が浅くなるのです。

そして呼吸が浅くなると、深い睡眠に入ることも難しくなります。

だから、睡眠の質が下がってしまう事があるのです。

いびきも出がちになる

口が開きがちで口呼吸になると、いびきが出やすくなるという事も言えます。

いびきは自分だけではなくまわりの人にも迷惑をかけてしまうことです。

だから、そのデメリットはすごく大きいと言えるでしょう。

まとめ

高いまくらを使う事のメリットは、顔がむくまなかったり、長く使えたり、寝返りが打ちやすかったりするというところにあります。

なので、もし高いまくらを使ってみて、デメリットをあまり感じない様であれば、高いまくらを使うのもアリでしょう。

高いまくらは、すべての人に等しくだめだというわけでは全くないのだというのが、ここでの結論です。

腰痛の方におすすめなのは高反発マットレス「モットン」

高反発マットレス「モットン」

モットン

高反発マットレス「モットン」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

腰痛の方にはこのマットレスがおすすめですね。

とにかく、快適な睡眠を実現することを重視したマットレスで、朝起きると腰が重い・だるいという方に特におすすめです。

90日間のお試し期間がありますので、じっくり試して自分に合うマットレスかどうか判断できるのもうれしいところです。

公式サイトでは、現在20000円引きのキャンペーンを行っていますので、楽天やAmazonで買うよりかなりお得です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら