ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

ベイトリールで遠投して使うのがベストなキャロライナリグとは?

   

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオン TW HLC 1514SHL

あまりブラックバスフィッシングで目立った存在ではないですが、使ってみるとメリットが多いことに気づかされるのがキャロライナリグです。

このキャロライナリグで一番デメリットになるのは、リグを組んでいくときの手間くらいで、実際に使ってみると他に使う人も少ないので釣果が得やすいリグとなっています。

このキャロライナリグはベイトリールと相性が良いので、今回はその解説をしていきたいと思います。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

キャロライナリグのメリットとは?

キャロライナリグは他のワームを使うリグには無いメリットがいくつかあります。

このメリットを理解して使っていくと、結構良いリグなんだと使う場面が多くなってくると思います。

早速そのメリットを解説していきます。

広範囲を探っていける

キャロライナリグのメリットの1つめは、広範囲を探っていけることです。

キャロライナリグでは重たいシンカーを使っていくことが多く、遠投していくことが出来ます。

遠投できるメリットは陸っぱりでもボートフィッシングでも大きいです。

遠投できることで集中力の維持も図りやすいことでしょう。

ブラックバスがどこにいるか分からない時は、特に使いやすいリグとなってくれます。

ワームがフリーな状態で漂ってくれる

キャロライナリグの2つめのメリットは、ワームがフリーに漂ってくれることです。

シンカーとワームがリーダーによって離れているので、実際にアクションさせたときに動くシンカーの部分とは別にワームが自由にアクションしてくれます。

このシンカーとワームが離れていることで、カーリーテールやシャッドテールのアクションが最大に活かされるのはもちろんのこと、スティックベイトにおいてはダートアクションが非常に自然に出すことが出来るといったメリットもあります。

これは他のリグではなかなかできないメリットとなっています。

バイトが合ったら食い込ませやすい

キャロライナリグでは基本的に、中通しのシンカーを使います。

形状はバレット型や丸型などさまざまですが、どれもラインが自由に滑るようになっています。

ですので、ブラックバスがバイトしてきたときには、違和感が少なく食い込ませることが出来ます。

ブラックバスにとっては違和感がないですが、釣り人側にとってはラインがスッと引き込まれるのが分かるので、フッキングのタイミングが図りやすいです。

しっかりラインスラックを巻き取って、ベイトタックルのメリットであるパワーでフッキング、そしてファイトしていくとよいでしょう。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

キャロライナリグが効果を発揮しやすいポイントは?

キャロライナリグが効果を発揮しやすいポイントはずばりフラットな地形です。

フラットな地形では明確な変化が乏しいため、広範囲に探っていくことと、その中でもちょっとした変化を見つけていくのが必要となります。

キャロライナリグでは遠投していくことができ、重たいシンカーでしっかりと地形変化を見つけていくことが出来ます。

またこの地形変化に気づけたときにはシンカーが先にたどり着いていて、そのあとにワームが来るので、バイトに対しての身構えがしっかりできることもメリットです。

逆に使いづらいポイントとしては、カバーが多く根がかりが多発しそうな場所です。

こういった場所ではシンカーとワームが離れていることがデメリットとなるので気を付けてください。

キャロライナリグで必要になるものとは?

キャロライナリグで必要になるものをここでは紹介しておきます。

まずはシンカーですが、これは21グラム以上のものを揃えておくとよいでしょう。

形状に関してはバレット、もしくは丸型となります。

できれば糸を通す部分がチューブで出来ているものがおすすめです。

次にスイベルとなります。

スイベルはラインの回転によるヨレを少なくすることと、シンカーのショックを吸収する役割があります。

最後にリーダーとフックですが、リーダーの太さはメインラインよりワンランク下の強さを選んでください。

フックに関しては、太軸のものを使ったほうがワームの遊泳姿勢が安定するのでおすすめです。

キャロライナリグに合う条件のベイトリールとは?

キャロライナリグに合う条件のベイトリールとは、まずはなんといっても遠投性能があることです。

遠投しやすいベイトリールは、スプールが大きく、かつラインキャパシティーがしっかり確保してあるものです。

そしてハイギアというのも条件に加えておくとより釣りがしやすくなります。

良くキャロライナリグであるのが、キャスト中にワームがずれているのに気付くといったことです。

そのままアクションさせてきたとしても、なかなかバイトを得ることは難しいですので、そういった時に早く回収できるハイギアは便利です。

こういった条件を元にリールを選んでいくとよいでしょう。

それでは最後にキャロライナリグにおすすめのベイトリールを紹介していきます。

キャロライナリグにおすすめのベイトリール

キャロライナリグで必要となるベイトリールの条件である、遠投性能、ハイギアといった機能を搭載しているおすすめのベイトリールを下記に3つ紹介していきます。

ご自身に合ったベイトリールをぜひ検討して使ってもらえると嬉しく思います。

ダイワ ジリオン TW HLC

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオン TW HLC 1514SHL

名前にあるHLCとはハイパーロングキャストの略で、まさに遠投するための機能を搭載したベイトリールといっていいでしょう。

スプール径36ミリでかつレベルワインドにはキャスト時の抵抗をより少なくするTウィングシステム採用でよりキャスト距離を伸ばす仕組みとなっています。

遠投してからの回収や、フッキングの時の巻き取りがしっかりできる90ミリのクランクハンドル、それに付随してコルクのI型ノブというのも魅力的です。

ボールベアリング数が10となっているのも快適に使うことが出来る要因となっています。

ダイワ タトゥーラ HLC

ダイワ(Daiwa) ベイトリール 15 タトゥーラ HLC 7.3L-TW

先に紹介したジリオン TW HLCと同じく、ハイパーロングキャストが名前に入っているのがこちらのタトゥーラ HLCです。

ラインの放出抵抗を減らすTウィングシステムと、ロングキャスト用のブレーキセッティングであるマグフォースZ-LDが快適なロングキャストをサポートしてくれます。

さらにラインナップにはギア比8.1といったモデルもありますので、キャロライナリグとはさらに相性が良いと思います。

コストパフォーマンスにも耐久性でも優れているベイトリールだと思います。

シマノ NEWアンタレスDC HG

シマノ リール 16 アンタレス DC 右

シマノのハイエンドモデルがこちらのアンタレスDCです。

デジタルコントロールブレーキシステムでノーブレーキ状態をキャスト最中に作ることによって、他のリール以上に飛距離を伸ばせるようになっています。

スプールの径は37ミリとなっていて、これも遠投できる要因の一つとなっています。

ラインキャパシティーも16ポンドが100メートル入るのでばっちりです。

巻き取りにおいてもマイクロモジュールギアという歯が細かいギアによって心地よさを確保してあります。

予算に余裕があるのであればぜひ使ってみてもらいたいモデルとなっています。

まとめ

今回はベイトリールと相性が良いキャロライナリグについて解説してきました。

使ってみると意外にバイトが多く今まで使わなかったことを悔やむこともあるかもしれません。

遠投できるベイトリールと一緒に使ってみてもらえれば、すごく効果的だと思います。

今回の記事を参考にしてぜひキャロライナリグの釣りに挑戦してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ベイトリール