ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

ベイトリールを使用するメリットとターゲット別の選び方

   

最近では、スタイリッシュでオシャレな服装のアングラーを見掛ける機会も多くなっていますし、女性アングラーにも好まれるファッション性の高い装備なども多く発売されています。

また、ルアーやロッド、リールなども様々な進化を遂げており、釣りを始めようと思っている方などはどんな道具を選べばいいのか迷ってしまうと思います。

それを踏まえまして、この記事では釣り道具の中からベイトリールに着目し、ベイトリールのメリットやターゲット別の選び方について紹介していきます。

最近では、スタイリッシュでオシャレな服装のアングラーを見掛ける機会も多くなっていますし、女性アングラーにも好まれるファッション性の高い装備なども多く発売されています。

また、ルアーやロッド、リールなども様々な進化を遂げており、釣りを始めようと思っている方などはどんな道具を選べばいいのか迷ってしまうと思います。

それを踏まえまして、この記事では釣り道具の中からベイトリールに着目し、ベイトリールのメリットやターゲット別の選び方について紹介していきます。

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ベイトリールを使用するメリット

ベイトリールは、他のリールと比較した場合に機能性だけではなく、操作性なども優れた部分がありますので、それらの機能性や操作性の違いがベイトリールの特徴であり、同時にメリットと言える部分となっています。

ただし、ベイトリールは慣れるまでは操作が難しいと感じてしまう可能性があるのですが、慣れてしまえばスピニングリールにはないダイレクト感が味わえますし、ピンスポットに撃ち込めるキャストアキュラシーなど様々な魅力があります。

これらを踏まえまして、ここではベイトリールを使用した場合のメリットについて紹介していきます。

巻取りのパワーが強い

ベイトリールは、スピニングリールと比較するとメインギアが大きく作られており、力の伝導効率が非常に優れている点が大きなメリットとなっています。

この力の伝導効率の良さによって重いルアーを力強く巻き上げることができ、大型の魚とのファイトでもベイトリールが優れたパフォーマンスを披露してくれます。

片手で操作ができる

ベイトリールでは、スピニングリールのようにベールを起こす必要がありませんので、仕掛やルアーなどを投げ込むキャストの一連の動作が片手で行うことができることが特徴の一つとなっています。

また、テキサスなどの細かいアクションを付ける釣りの場合、ロッドを握る手の中指でドラグやハンドルを弾くことでリトリーブすることも慣れてくればできるようになります。

キャストできる回数

上記で片手操作ができるということをお伝えしましたが、それと関連するメリットとしてキャストできる回数が挙げれます。

キャストにおける一連の動作が片手で行えることにより、次のキャストの動作も無駄無くスムーズに行うことができますので、素早いテンポで探りを入れない時でも余計なタイムロスを減らせてストレスの軽減にも繋がります。

これは一回の動作では微々たる差だと思うのですが、長い時間行った場合は小さな差が積み重なってキャストできる回数に明らかな違いが生じてきます。

従って、ロングキャストを行う場合は別なのですが、足元を効率良く狙っていくピッチングの釣りを行う場合はベイトリールが圧倒的な威力を発揮します。

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ターゲット別ベイトリールの選び方

海や川などには大きさや重量、動き、習性など様々なタイプの魚がいますので、魚の種類や環境に応じて道具のチョイスも変わってくると思います。

それはリールも例外ではなく、ターゲットの違いによって求める機能性や操作性は異なってくると思います。

それらを踏まえまして、ここでは主なターゲットに注目し、ターゲット別で重視するベイトリールの選び方について紹介していきます。

ブラックバス用ベイトリールの選び方

スポーツフィッシングでターゲットになる機会が多いブラックバスは、ルアーやロッドなど様々な種類があり、リールの選択も迷ってしまう道具の一つだと思います。

選び方の一つとして、使用するルアーの重さやロッドによってリールを複数用意して使い分けられるようにする方法もあり、キャリアが長くなるに連れて様々な道具を所有するようになる場合も多いにあると思います。

しかし、最初から状況に合わせたリールを複数用意する方は少ないと思いますし、特定のジャンルに偏ったリールを購入しても使いづらいと感じてしまう場合もあると思いますので、最初に購入するなら標準的なスペックが備わったノーマルギアのものがおすすめとなっています。

また、最初の一台はブレーキが簡単にでき、細かく調節できるマグネットブレーキが使いやすいと思いますので、好みにもよりますが一つの参考にしてみてください。

雷魚用ベイトリールの選び方

雷魚をターゲットにした場合、雷魚を水生植物ごと巻き上げなければならないシチュエーションも多くあり、そうなってくるとボディーやギア、ハンドルの強度が重要なポイントになってきますので、雷魚用のリールで求められるのは剛性となります。

また、雷魚ではPE8号を巻くことができるラインキャパシティが必要になってきますので、選択肢としては大型のリールに選ぶことは必然的と言えます。

さらに、ギア比に関してはそこまで重視しなくても問題ないのですが、手返しを重視ならハイギアを選ぶようにし、じっくり誘いたい場合はローギアを選ぶようにするなどケースによって求める機能が異なっていますので、自分の好みのスタイルに合わせて選びわけてください。

シーバス用ベイトリールの選び方

ソルトゲームで使用するベイトリールは、ソルトに対応したものを選ぶようにすることが大前提となっています。

ソルトに対応したものは、内部にサビに強いベアリングが内蔵されていますので、淡水専用のものと比較するとさびて性能が落ちる心配が非常に少なく、安心して使用することができます。

ただし、ソルトに対応しているからといってメンテナンスを怠ってしまうとベアリングのサビに繋がってしまう恐れがありますし、内部が腐食してしまう可能性もありますので注意が必要です。

また、シーバスゲームでは1号~2号のPEラインを使用することが多いと思うのですが、通常のベイトリールはスープルにラインが食い込んでしまうというライントラブルを引き起こす可能性も大いにありますので、細いPEラインを使用する場合はPE対応のベイトリールをおすすめします。

さらに、ビッグベイトでピンスポットをねらい撃つなどの特殊な釣り方をするなら別ですが、シーバスゲームでは早巻きをするケースが多いと思いますので、一巻70cm~80cm前後の早巻き量が多いハイギアを選んだほうが有利に働きますのでおすすめです。

ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方

ロックフィッシュゲームを行う場合は、根ズレを防ぐために太めのフロロカーボンラインを使用するケースが多いと思いますので、ラインキャパシティの多いものを選択するのが望ましいと思います。

また、根魚がヒットした際などは根に潜られる可能性があり、潜られる前に強引に引き剥がす必要があると思うのですが、そのためにはパワーのあるハイギアモデルを使用するのが理想的となっています。

そのため、ロックフィッシュ用のベイトリールはラインキャパシティの多さとハイパワーのものを基準にして選ぶと失敗が少なく済みます。

まとめ

ベイトリールのメリットやターゲット別の選び方について紹介してきましたが、実際に体験してみないと分からない部分も多くあると思いますし、選び方も釣りのスタイルや環境によって大きく異なってくると思いますので、釣りを始めようと考えている方は釣具店のスタッフや先輩アングラーなどの意見を参考にしながら最適な釣具選びをしてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ベイトリール