ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめ

このサイトはミニベロ・ママチャリ・ビンディングシューズなど自転車についての情報提供を行っています

*

今流行りのサイコンだけど、シティサイクルつまりママチャリに装備する意味はある?

   

スピード計測を始めとした機能で、ロードバイクには欠かせない機器になってきたのがサイコンです。

単に自分の現在の状況を知るだけでなく、無理をさせないためにも長距離のロードにはこれがあると、便利な上に安心です。

ロードバイカーの必需品になってきましたね。

しかしこのサイコン、単なるシティサイクルいわゆるママチャリにも装備する意味はあるのでしょうか。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするサイコン(サイクルコンピュータ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

長距離ライドは何と言っても自力達成が魅力

長距離のロードというものは、本当に楽しいものです。

車と違って、風を受けて走れるのはもちろん、止まりたい所で止まる自由もあります。

バイクと違って、自分の力で走るというのも、これも素晴らしいことです。

正直なところ、車やバイクよりも疲れるし、スピードが出ないというのも事実です。

しかしそれを補ってあまりある、目的を達成した時の爽快感と達成感は、一回味わうとやみつきになるものです。

まあ登山家が、得にもならないのにそこに山があるから登る、頂上へ到着した時の達成感に近いかもしれません。

ひたすら走って疲れて、夜にゆったりと飲む飲み物や、運動の結果の空腹を満たし食べ物は、自力で走った末のご褒美ですね。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするサイコン(サイクルコンピュータ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

そんな長距離ロードのお供に

しかしこの長距離のロード、特に自分だけで走っている時には、やはり退屈することもあります。

またふと、「なんで自分はこんなことしているんだろう」と言う感覚にとらわれることもあります。

行き先の目的がはっきりしていても、それでも「なんでこんな辛いことをしているんだろう。電車に乗れば楽なのに」など、そんな気分にもなるものです。

そんな時、サイコンがあるとちょっと状況は変わってきます。

現在のスピードが落ちてきたので、疲労が溜まってきたのかもしれない、少し休憩しようなどというのも、サイコンの表示を見て確認ができます。

また心拍数の表示を見て、「これは上がりすぎだというペース配分をしなくては」とか、逆に「低すぎだ。これではロードの意味がない」などの判別もすぐにできます。

昨日までの走行距離と、今日今現在の走行距離の比較もできます。

特に単独でロードしている場合、サイコンの表示で頑張りすぎた自分のペース配分も、またちょっと怠け気味な時のプッシュもしやすくなりますね。

ロードの時には使い勝手のいいサイコンだけど

ロードサイクルを街中で見かけると、昨今はサイコンを取り付けているものが増えました。

また結構見かけるのが、小学生らしい子供用のサイクルに取り付けてあるサイコンです。

今どきの子供子供、と言う感じですね。

そして時にはシティサイクル、いわゆるママチャリにも取り付けてあるのが見かけられます。

長距離ライドや、新しい機械好きの子供はともかく、ママチャリにサイコンという組み合わせ、ちょっと不思議な感じです。

このママチャリにサイコンを取り付ける意味は、果たしてあるのでしょうか。

街中を走るだけなら、あまり必要のない感じもしますよね。

シティサイクルにもサイコン取り付けのメリット

ではこれ、シティサイクルにサイコンを取り付けてみるメリット、いくつか上げていきましょう。

日々の通勤通学買い物の刺激に

通勤や通学買い物など、日々のルーティンワークで当たり前の行動です。

まあ面白みを感じないという人、多いはずですね。

それにサイコンで彩りを添えることも可能です。

同じ道を行き来するのが、普段の行動です。

時にちょっとルートを変えたりもしますし、寄り道もします。

しかし基本的には、A地点からB地点の移動を目的にするのが、日常の生活です。

自転車も同じことで、歩くより疲れないし荷物も乗せられる、徒歩よりも早いなどという感覚で使用しているのです。

しかしここにサイコンがあると、それにちょっと変化が出てきます。

普段どおり走っている時のスピードと、遅れそうな時に急いだ時のスピードの差が、あまりに大きくて笑ってしまう人もいるでしょう。

また、大した道のりでないと思っていても、サイコンで確認する総計の距離を見て、これはなかなかすごい運動を日々しているなあと、感動もできます。

ちょっとした刺激を、サイコンで味わえるのです。

ダイエット中の人にはこれは結構効き目が

どうせ自転車で走るなら、ついでに少しはダイエットと考える人もいるでしょう。

エアロバイクで走るよりも、外を走った方が気持ちもいいし、ついでに買い物も済ませてしまうこともできます。

ではこの自転車で、と思ってもこれがなかなか難しいのです。

エアロバイクと違って普通の自転車は、消費カロリーとか時速などは測って表示してくれません。

そのため、自己感覚でやるしかないのです。

しかも、これがまた表示されないので、いまいち効果も実感できないというのも悲しいことです。

しかしここにサイコンがあれば、そういった計測も可能です。

特に心拍数を測れれば、それによってのカロリー消費の計算もできます。

日常の自転車が筋トレにも

普通何気に漕いでいる自転車ですが、結構筋肉を使用します。

そのため、実は筋トレ用としてもおすすめなのが自転車での走りなのです。

しかし日常で乗っているだけだと、どうしてもダラダラ走るだけで終わってしまうことがあります。

この自転車、適当にダラダラ走っていると、疲れるだけで何の用もなしません。

せっかくの、実は筋トレに利用のできる自転車が、もったいないと思いませんか。

とは言っても、ロードならある程度しっかりと走りますが、日常生活の中だとこれが結構難しいのです。

そんな自分をプッシュしたい、日常でもせっかくの自転車なので筋トレにも使用したい場合、これはサイコンのお世話になるのがおすすめです。

特に心拍数やケイデンスは、筋トレの目安になります。

こうすれば、シティサイクルも充分に自分をプッシュしてくれる筋トレ器具になってくれます。

シティサイクルに取り付けるサイコンは

そんなシティサイクルには、どんなサイコンがおすすめなのでしょうか。

最初はお試し的な意味で

もちろん最初は、ちょっとお試し的に行きたいものです。

あまり高価でない、それこそベーシックな機能のもので、試してみるのはどうでしょうか。

速度、距離、走行時間などですね。

この程度の機能のサイコンで、有線ならば激安のものだと1000円位で手に入ります。

有線の場合ちょっと取り付けが面倒ですが、値段が安いのが特徴です。

試してみて、これはあまりと思った時にも、この程度なら妥協できる値段で購入ができます。

同じ機能でワイヤレスだと、3000円くらいと見ていいでしょう。

続けて楽しめそうなら

有線の問題は、取り付けが面倒なことと自転車の外観を損なう、この二点が主なものです。

しかし、ロードバイクと違ってシティサイクルで、見た目は気にしないという人なら有線でも充分です。

「この先も、ケイデンスや心拍数が計測できるものでもっと楽しみたい」と思った場合でも、有線ならそこそこの値段で装備できます。

このあたりの機能つきのものになると、お値段は跳ね上がります。

ですから、お財布の中身と相談の上、購入してください。

有線でも10000円覚悟で、ワイヤレスだとまあその3倍位と思ってください。

実はこのランクになると、有線のものはあまりないことも事実なので、自然ワイヤレスのサイコンを使用することになるのも事実です。

まとめ

シティサイクルにサイコンは贅沢ではないか、と思ってしまうのは無理もありません。

しかし日常の刺激のない移動が、ダイエットにも筋トレにも、自分へのちょっとした喝入れにも利用できるのです。

そういった意味で言えば、このサイコンをママチャリに取り付けるということは、決して無駄ではありません。

普段の生活のちょっとした彩りと、自分へのプッシュも込めて使用してみるのも、一つの手ですね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - サイコン(サイクルコンピュータ)