腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛コルセットのポイントと選び方

      2016/07/17

おすすめ

腰痛コルセットにはたくさんの種類があります。
自分にあったコルセットを選ぶのはもちろんですが、実際に着けてみて、おすすめできるコルセットのタイプをご紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

スポンサーリンク

生地がメッシュでできているもの

腰痛コルセットは体に密着して固定するため、汗をかき、かぶれ易くなります。
かぶれてしまうと、コルセットの装着が不快になり、必要なときに必要な時間コルセットを着けておくことができなくなります。
コルセットの本来の使い方とは でも書きましたが、コルセットは必要なときに使うことが重要です。
痛みに苦しんでいるときに、かぶれるのが気になってコルセットを着けられないのでは、腰痛コルセットを効果的に使うことができません。
メッシュ生地でできている腰痛コルセットでは、通気性がよくなり汗が乾きやすく、かぶれるのを軽減しますのでおすすめです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

スポンサーリンク

しっかりしたステーが入っているもの

腰痛コルセットの効果のひとつが、腰椎をステーで支えることです。
ステーがやわらかいものやステーが入っていないものがありますが、腰椎を支える効果が発揮できないため、腰への負担軽減効果も減ってしまいます。
しっかり腰椎を支えられるものを選びましょう。
ただし、腰の形はひとそれぞれで、そり具合など各人の腰の形にフィットする必要がありますので、ステーは適度の硬さで、そり具合にあわせて調節できる難さがおすすめです。

マジックテープの面積が大きいもの

腰痛コルセットは、腹部を圧迫するために、きつく締め付ける必要があります。
そして、腰周りサイズの個人差に対応できるよう、ほとんどの腰痛コルセットはマジックテープでとめるようにしてあります。
腰痛コルセットの着けはずしにしっかり対応し、しかもきつく締め付け続けるマジックテープが必要になります。
腰痛コルセットは頻繁に着けはずしをするため、マジックテープへの負担が大きく、マジックテープが伸びてやすくなります。
長期間しっかりサポートできるようマジックテープの面積が大きいものがおすすめです。
また、マジックテープ周りの縫い目も劣化しやすい箇所ですので、裁縫が丁寧なものを選びましょう。

薄手のもの

生地の薄いコルセットをおすすめします。
薄手でも適切に硬い素材が使われていればしっかりサポートしてくれます。
厚手の場合、保温効果が高すぎて、汗をかいてしまうことと、動作がより制限されるため、活動しにくくなるデメリットがあります。
腰痛コルセットを着けるのは基本的に何か動作をしているときになりますので、動作を制限しない腰痛コルセットがよいでしょう。

色は黒色がおすすめ

色を選べるなら黒色がおすすめです。
汗をかくため、腰痛コルセットはよく汚れ、しみになります。
白色ですと、しみが目立ちます。
手洗いしても汚れはなくなりませんので、汚れが目立たない黒色をおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - コルセット・ベルト・サポーター, 全件