ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

ランニングタイツの寿命を縮める原因は?ダメージを与えてしまう6つのNGポイント

   

ランニングタイツは、適度な圧迫で足の動きをサポートしてくれるアイテムですが、普段の使い方には注意が必要です。

雑な使い方をしていると、余計なダメージを与えることになり、寿命を縮めてしまうのです。

劣化したものを履いていても、サポート効果は得られません。

そのような失敗を防ぐためには、劣化につながるNGポイントを押さえておきましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

他の洗濯物にそのまま混ぜる

ランニングタイツを使ったあとは、きちんと洗うことが大切です。

しかし、その方法が間違っていると、寿命を縮めることになってしまいます。

避けておきたいのは、他の衣類に混ぜて洗濯機で洗うことです。

そのような洗い方をすると、ランニングタイツが傷つくことになります。

ここで問題になるのは、洗濯機を使うことではなく、他の衣類との摩擦が起きてしまうことです。

摩擦が生地を傷つける

ランニングタイツはデリケートなので、洗濯機の中で他の衣類に擦れると、生地が劣化してしまいます。

そのため、毎回摩擦が多くなる洗い方をしていると、どんどん性能が落ちることになるのです。

自分では長持ちさせるために洗ったつもりでも、実際には、まったく逆の結果になってしまうわけです。

それを防ぐためには、なんとかして摩擦を抑えなければなりません。

摩擦が少ない洗い方なら、余計なダメージが発生しなくなり、本当に長持ちさせることができます。

必ずネットを使う

摩擦の少ない洗い方をするなら、そのまま洗濯機に入れるのではなく、便利なアイテムとセットで入れるようにしましょう。

そのアイテムというのが、洗濯ネットです。

洗濯ネットでランニングタイツを包むと、他の衣類と直に接触することがなくなるため、摩擦が起こりません。

それなら、洗濯機で洗っても生地が傷むことはないのです。

ランニングタイツを購入するときは、洗濯のためのネットも忘れずに揃えておくことをおすすめします。

小さいものと一緒に

摩擦を避けるためには、他の衣類のサイズにも注目してください。

大きい衣類と一緒に洗うと、擦れやすくなってしまいます。

確実に劣化を防ぐためには、洗濯ネットを使い、さらに大きい衣類と分けるようにしてください。

下着やタオルなどの小さいものと一緒にしておけば、かなり擦れにくくなります。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

ゴシゴシと強く擦る

摩擦による劣化を防ぐためには、他の衣類と一緒にせず、ランニングタイツだけを手洗いする方法もあります。

ひとつだけ分けて洗う方法なら、他の衣類との摩擦がまったく発生しないため、効果的な対策になるのです。

しかし、いくら分けていても、手で擦ったりすると、結局はダメージを与えることになってしまいます。

せっかく分けて洗うなら、強く擦るようなことはしないでください。

擦るのではなく、優しく押すように洗うのが、正しい方法になります。

その方法なら、きちんと劣化を抑えて洗濯することができるのです。

乾燥機で乾かす

ランニングタイツの劣化は、乾かすときにも起こります。

乾燥機に入れて乾かすと、やはり生地が傷み、性能が低下してしまうのです。

そんなことになれば、せっかく洗濯方法を工夫しても、その努力が無駄になってしまいます。

確実に劣化を防ぐためには、最後まで気を抜いてはいけません。

乾燥機を避けて、正しい方法で乾かすようにしましょう。

変形を防ぐ

乾燥機を使わずに乾かすことは、変形を防ぐためにも大切なことです。

熱を加えると縮む可能性が高いので、乾燥気を使ったあとは、適度なフィット感を損なう可能性があります。

せっかく自分に合ったサイズを選んでも、小さすぎる状態になってしまうのです。

ランニングタイツは、足にぴったり張り付いて圧迫することが重要なアイテムですが、きつすぎると本来の効果は発揮できません。

ちょうどよいサイズを維持して、サポート効果もしっかり得るためには、安易に乾燥気を使わないようにしてください。

自然乾燥

ランニングタイツを乾かすときの基本は、干して自然に乾かすことです。

乾燥機で無理に熱を加えたりしなければ、生地が傷んだり縮んだりすることはなくなります。

自然乾燥なら、ノーダメージで水分をとばすことができるのです。

ランニングタイツは速乾性の高い素材を使っているので、乾くまでのスピードを気にする必要もありません。

自然乾燥でもどんどん水分が蒸発するので、すぐに使えるようになります。

直射日光に当てる

ランニングタイツは日光に弱いので、直射日光が当たる場所に干すのはNGです。

自然乾燥させるときは、日当たりのよい場所に出したくなることもありますが、劣化を防ぐならやめてください。

無理に直射日光を当てなくても、速乾性の高い素材はすぐ乾いてくれます。

日陰で十分

劣化させずに自然乾燥させるには、日の当たらない場所がおすすめです。

日当たりの悪い場所は乾きにくそうなイメージもありますが、ランニングタイツなら問題はありません。

他の衣類なら困ることもありますが、優れた速乾性があれば、しっかり乾かすことができます。

なにより、日光に弱いものは日陰の方が安全です。

ダメージにつながるものを避けて、劣化を確実に防いでいきましょう。

風通しのよい場所で

いくら速乾性が高くても、密閉された湿度の高い部屋などを選ぶと、さすがに乾くスピードは落ちてしまいます。

日の当たらない場所で陰干しにするなら、通気性の確保は忘れないようにしましょう。

空気の流れがある場所なら、湿気もたまりにくいため、何かを乾かすには最適です。

汗まみれのまま放置する

ランニングタイツは、基本的に使ったらすぐ洗うべきですが、忙しかったりすると難しいこともあります。

そんなときは、ただ放置しないように注意してください。

汗でぐっしょり濡れたものをただ置いておくと、汚れと湿気のために雑菌が繁殖します。

すると、カビが生えてきたり、ひどく臭うようになったりするのです。

そうした劣化を防ぐためには、風通しのよい場所に干しておくことをおすすめします。

とりあえず水分をとばしておけば、すぐに洗えないときでも、カビだらけになることはありません。

強く引っ張る

ランニングタイツの劣化は、履き方が原因で起こることもあります。

強い力で無理に引っ張ったりすると、生地を痛めることになってしまうのです。

ひどいときには、ビリビリと破れてしまうこともあります。

爪を立てたときなどは裂けやすくなるので、くれぐれも乱暴な履き方はしないでください。

座って履く

ランニングタイツを立ったまま履こうとすると、どうしても足が引っかかるため、強く引いてしまうことが多くなります。

タイツのようにぴっちりと密着するものを履くときは、必ず座るようにしてください。

座った状態でゆっくり足を通していけば、強引に引っ張り上げたりしなくても、きれいに履くことができます。

二段階に分けて

無理に引っ張らないためには、一気に履かないことも大切です。

先の方を丸めてつま先を入れたら、まずは膝のところまで、ゆっくりと通していきましょう。

スピードを落とす必要があるのは、ずれていないことを確認しながら履くためです。

慌てていると曲がる可能性が高いので、落ち着いて作業を進めてください。

膝までしっかり履くことができたら、続けてずれに注意しながら、最後まで引き上げていきます。

あとは、鏡を見て細かいところをチェックしたら完了です。

このように少しずつ分けて履いていけば、失敗を防ぐことができます。

強く引っ張って破かないためにも、常に丁寧な履き方をしていきましょう。

まとめ

ランニングタイツを長持ちさせるためには、ここで紹介したNGポイントを確実に避けるようにしてください。

洗い方や乾かし方、履き方などが間違っていると、すぐ劣化してしまい、使えなくなることがあります。

劣化を防ぐには、常に正しい方法を意識して、ダメージを与えないように使うことが大切です。

優しく使っていれば、寿命を縮めることはなくなります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://komodai.net/cw-xはどう…
https://www.running-daisuki.com/cat7…
https://runningood.com/archives/610
https://i-cleaning.jp/running-wear/
https://komodai.net/cw-x-の寿命…
https://onxxword1.com/running-goods/…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ