ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

冬場のジョギング中に引き起こされる、ランニングタイツによるかゆみは、どんな対策をすれば良い?

   

ランニングタイツを履くと、かゆくなりやすいと、悩んでいる人は意外と多いです。

夏場に汗をかいてかゆくなることもありますが、冬場にも意外と見られる症状です。

ランニング中に、かゆくなってしまうと、とても辛いです。

ここでは冬場のジョギング中に引き起こされる、ランニングタイツのかゆみ対策について、お話していきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

ランニングタイツによるかゆみは冬でも起こる

かゆみは冬の方が酷いと、訴える人もいる

ランニングタイツを履いて汗をかいてしまうと、かゆくなる、と困っている人もいます。

でもかゆみは冬の寒い季節でも、起こります。

むしろ冬の方が酷い、と訴える方が多くいます。

ランニングタイツを履くことで、なぜ冬でもかゆみは引き起こされるのでしょうか。

空気が乾燥しやく、かゆくなりやすい状態

冬のジョギングは、寒くて辛い時もありますよね。

身体が温まるまで、時間がかかってしまうこともあります。

また北風が強いと、肌が冷たく感じ、乾燥しやすくなります。

ランニングタイツを履いて、ジョギングするとかゆくなる理由は、皮膚が乾燥するからです。

日本の夏は地域によって違いはありますが、高温多湿になることが多いです。

肌がべとべとしやすくなり、かゆくなることがあります。

一方で冬になると、空気が乾燥しやすくなります。

そのため皮膚の乾燥を訴える人が多くなります。

皮膚の乾燥が強くなると、白っぽくなり、ひび割れが起こることがあります。

また肌着と接触しない状態であっても、かゆみが引き起こされることもあります。

私も気付いたら、何気に乾燥した部分をかいていた、ということもよくあります。

そのためランニングタイツを履いていない状態でも、皮膚が乾燥していると、かゆくなりやすいので、注意しましょう。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

普段から保湿ケアが大切

保湿をするだけでもかゆみが軽減されることもある

冬になると、入念なお肌の乾燥対策が必要になりますよね。

私の場合、夏に「あせも」ができてかゆくなりますが、冬になると今度は湿疹ができやすくなります。

そのため夏と冬では、ケアが大きく変わってきます。

乾燥してかゆくて仕方がなくなるので、皮膚科を受診するようになります。

酷い場合は、ステロイド外用剤が処方されます。

でも基本的には保湿剤を中心にケアを行っていくよう、ドクターから指示されます。

時間をかければ保湿するだけでも、かゆみが治まってきます。

湿疹がない状態であっても、皮膚が乾燥している場合、常に保湿をしていくことが重要になります。

毎日保湿ケアを行って、すべすべの肌を保つ

冬は室内にいても、暖房などで乾燥しやすくなります。

そのため普段から、乾燥対策を心掛けていくことが重要です。

入浴後、顔のケアは行っても、手足のケアはおろそかになってしまうことはよくあります。

でも手足も保湿クリームなどを塗って、しっかりとケアしていくことが大切です。

特に冬の入浴後は、時間が経つとすぐに肌が乾燥してしまいます。

そのためお風呂から出て身体を拭いたら、できるだけ早くクリームを塗って、保湿することが重要になります。

また毎日しっかりと保湿ケアを行って、すべすべの肌を保つようにしましょう。

ランニングタイツを履く前にクリームを塗っておく

事前に塗ることで、より乾燥対策につながる

私の場合、足の乾燥が酷い時は、ランニングタイツを履く前に、クリームを塗っておくことがあります。

クリームを事前に塗っておくと、皮膚を保護することにつながり、ランニングタイツと肌の接触によるトラブルを、防ぐことができます。

またさらに乾燥によるかゆみを、防止することができます。

実際にクリームを塗って、ランニングタイツを履いてジョギングすると、かゆくなりにくいと感じます。

でもクリームを塗って、すぐにランニングタイツを履くのはやめましょう。

かえってべとべとして、かゆみの原因になってしまいます。

クリームを塗ってから、少し時間をおいて、ある程度皮膚に吸収させてから、履くようにしましょう。

皮膚の状態は人それぞれ違うので、自分に合った乾燥対策が重要になります。

花王のビオレuうるおいミルク

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml

ここで私が使っている花王の「ビオレuうるおいミルク」を紹介していきます。

花王の「ビオレuうるおいミルク」は、全身に使えるボディクリームです。

ベトベトせずに、スルッと塗ることができます。

そのため足などの広範囲の部分にも、手にサッと取って塗りやすいです。

塗った後の感触は、とてもしっとりとしています。

すぐに浸透していくような感じがします。

一度塗っておくと、意外と長い時間、保湿が持続すると実感しています。

そのため冬の乾燥する時期に、ランニングタイツを履いてジョギングすると、かゆくなるような人に、おすすめの商品です。

ベトベトしにくいので、普段のケアの他に、ランニングタイツを履く少し前に塗っても快適です。

ドラッグストアで手軽に購入できる

花王の「ビオレuうるおいミルク」は「無香料」、「やさしいフローラルの香り」、「やさしいフルーツの香り」の3種類から選べます。

私は香料でかぶれることがあるので、「無香料」を使っています。

肌の状態に合わせて、香りも選ぶことが大切です。

ポンプ式で容量もたっぷりあるので、家族で使うことができます。

またドラッグストアなどで、手軽に購入できるので便利です。

値段もリーズナブルであるのも魅力です。

普段から血行が良い状態を保つ

血行が悪くなると、皮膚の新陳代謝が悪くなる

何らかの理由で血行が悪くなると、皮膚の新陳代謝がスムーズに行われなくなります。

すると皮膚が乾燥しやすい状態になり、かゆみが引き起こされることがあります。

冬にランニングタイツを履いてジョギングすると、かゆみが酷いという人は、普段から血行を促進していくことが大切です。

急に血行が良くなると、かえってかゆくなることも

身体を温めることで、血行を促進させることができます。

いろいろな方法を実践して、普段から冷えにくい身体を作っていくようにしましょう。

じっとしている時間が長くなると、身体が冷えやすくなります。

特に冬は寒くて、身体を動かす時間が減ってしまうことがよくあります。

ジョギングをするだけでも、心拍数を上げることで、血行を促進させることができます。

でも急に血行が促進されると、かえってかゆみを引き起こす原因になることがあります。

これでは逆効果です。

そのため普段から適度な運動を心掛けて、血行が良い状態を保つことが大切です。

忙しくてなかなか運動ができないという場合でも、日常生活でちょっとした工夫をするようにしましょう。

時間があった時に、ストレッチなどを行うだけでも違います。

積極的に身体を動かすようにして、血行を促進させるようにしましょう。

靴下や手袋などで、保温をすることも大切

冬場は無理せず、身体を保温していくことが重要です。

薄着のまま、我慢するのはやめましょう。

普段から暖かい恰好をして、身体が冷えないようにしましょう。

靴下や手袋をして、手足の保温もしっかりと行っていくことが大切です。

まとめ

冬場の寒い時期に起こるランニングタイツによるかゆみは、乾燥が原因の場合がほとんどです。

そのため乾燥対策を、しっかりと行っていくことが大切です。

クリームを足に塗って保湿をし、普段から血行を良くしておくようにしましょう。

冬場も集中してジョギングが行えるように、しっかりとかゆみ対策を行うことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ