これで腰痛改善!?椅子に座った時の腰痛対策グッズ4選

椅子

U-miss ランバーサポート シートクッション ベルト付き (体圧分散効果/姿勢矯正/腰痛対策) 47x41x12cm ブラック

長時間椅子に座っていると、どうしても腰にかかる負担が大きくなります。

だから、椅子に座っているだけで腰痛になってしまう事もあります。

ただ、それを多少なりとも楽にしてくれる、或いは予防してくれるアイテムだってあります。

そういうものを使っていれば腰痛の悩みはそこまで深刻にはならないかもしれません。

ここではそんな椅子の上での腰痛対策グッズを紹介します。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら




骨盤矯正のクッション

IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団 低反発 腰痛対策 骨盤サポート 姿勢矯正 健康クッション (ブラック)

まず最初に紹介するのは、骨盤矯正のクッションです。

椅子の上に座っているとどうしても自然と背中や腰は前のめりになっていったりします。

ということは当然骨盤も前のめりになります。

そしてなかなかその姿勢から元に戻れないようになったりするのです。

そこで役立つのが骨盤矯正クッションです。

骨盤矯正クッションは、骨盤を正しい姿勢でキープしてくれるようにするアイテムです。

骨盤が正しい姿勢でキープされると、前のめりの体勢は逆に辛くなるでしょう。

だから、前のめりの腰に悪い体勢になることはあまりなくなります。

そうして、腰痛から解放されていくことが期待できるのです。

クッションなのでただおくだけで良いですし、すごくおすすめできるアイテムであることは間違いありません。

腰から首が綺麗なS字になると良い

腰痛を起こさせないための姿勢は、腰から首にかけてがキレイなS字になっている体勢になります。

もし骨盤から前のめりになっていたらどうでしょうか?

それはただのC字となり、まったくS字とはなりません。

だから腰痛がおこってしまうのです。

もし骨盤をただしい状態でキープすることができたら、自然とそのS字もとりやすくなります。

それは確かにクッションなしでS字をキープできる人もいますが、長時間となるとやはりツラいものがあります。

仕事中ではいつまでも腰をS字にするように意識しているわけにもいかないでしょうから、クッションなしでS字をキープするのは大変です。

だからこそ、クッションを使うのが効果的なのです。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら




背中に入れるクッションもあり

IKSTAR 改良版 薄い アーチ型ランバーサポートクッション 骨盤サポート 背骨のS字カーブを取り戻す シートクッション 腰まくら 腰痛対策 骨盤矯正 背当て 背もたれ 猫背 健康クッション 低反発 通気性メッシュ 車用に最適 (ベージュ)

同じくクッションでは、背中に入れるクッションもアリだと言えるでしょう。

背中に入れるクッションといっても、背もたれのあたるような位置にいれるクッションではありません。

丁度腰と背中の中間位の、背もたれにあたらないような位置にクッションを入れるのです。

背もたれが当たらないその位置は、一番負担のかかる位置でもありますし、そこから姿勢が崩れやすいという位置でもあります。

ということは逆に言えば、そこをサポートしてあげることができれば、それだけで腰痛になるような悪い姿勢をとることがなくなるということになります。

だから、背中に入れるクッションもアリでしょう。

背中に入れるタイプの物が売っている

背中に入れるクッションというと、クッションなら何でも良くて、それを背中にいれれば良いのだろうと考える人もいます。

確かにそれでもアリと言えばアリでしょう。

でもちょっとクッションが大きすぎたらやたらとその位置が前に出ることになり、カーブがきつくなりすぎます。

腰痛を起こさないような良い姿勢というのは、あくまでも綺麗なカーブを描いている姿勢になります。

カーブがきつすぎるとまた違った負荷がかかってしまうので、そうならないように、背中に入れる用のクッションを買うようにしてください。

実際にそういうタイプのクッションが売っています。

ちょっと三日月のような形になっていて、腰の自然なカーブと同じような弧を描いているものがあります。

だから、それを購入していきましょう。

アームレストのクッションも効果的

ひじ掛け用クッション「ひじラクダ」セット (クッション+2センチ厚土台)

椅子に長時間座っていても腰痛にならないためには、アームレスト用のクッションも意外と効果的だったりします。

普段使っている椅子がアームレストがついていない椅子の場合は、まずはアームレストのついている椅子に交換することをおすすめします。

アームレストがないとどうしても肩の筋肉だけで腕を動かしていかないとならなくなります。

それが長時間になると、どうしても腕は疲れてしまうのです。

腕が疲れてしまうと、肩がこります。

肩がこるとそれにつられて血行が悪くなり、腰痛も起こるのです。

実は、肩こりと腰痛は意外と密接な関係にあると言えます。

もしアームレストがあれば、そこでも腕を支えることが出来るので、だいぶ楽になります。

肩こりが起こることもなくなり、腰痛も起こりづらくなるかもしれません。

でも、アームレストがあるだけではだめなのです。

なぜなら、アームレストは意外と固くてずっと肘を置いておくには向かないからです。

だから、クッションです。

クッションがあればそこに長く肘を置いても痛くなることはないでしょう。

特に長時間ワークではそれはすごく活躍するはずです。

高さも出るのでより良くなる

アームレストは、実は高さも重要だったりします。

アームレストの高さが足りないと、どうしても比較的に腕の力を使うようになるのです。

だから結果的に肩が凝り、それが腰痛を引き起こすことがあります。

しかしアームレストは高さが足りない事も多いです。

でもクッションがあったらどうでしょうか?

アームレストの高さに加えてクッションの高さが加わっていくので、すごく楽な高さになります。

そうして腰痛の予防に役立ったりもするのです。

足置きも正解

サンワダイレクト フットレスト エルゴノミクスフットレスト 足置き台 100-FR001

アームレストだけではなく実は、世の中にはフットレストもあります。

アームレストにくらべるとあまり一般的ではないかもしれませんが、フットレストなるものもあるのです。

そしてそんなフットレストを使うことでも、椅子の上に長時間座っている時の腰痛を予防できるようになるでしょう。

でも、なぜフットレストで腰痛を予防できるようになるのでしょうか?

体重を分散できるようになる

それは、体重を分散できるようになるからだと言えます。

基本的に椅子に座っている時、腰のあたりと足に負荷がかかります。

足がしっかりと地面についていれば、そこにしっかりと負荷がかかるのです。

そして足の負荷が大きくなればなるほどに、腰の負荷は楽になると言えるでしょう。

フットレストを使うと腰痛によいというのは、その足への負荷を増やす事に繋がるからなのです。

フットレストがあるということは、足をつく位置がやや高くなります。

そうしてしっかりと足が地面につくようになります。

ということは当然足への負荷も重くなるのです。

だから、フットレストがあると腰痛に良いと言えます。

フットレストはちょうど良い高さの物を

ただし、それはあくまでもちょうど良い高さのフットレストがある場合です。

あまりに高さがあり過ぎるフットレストを使っても、まったく足にかかる負担は増えていかないでしょう。

寧ろそれによってすごく後傾姿勢になったりして、余計に腰にかかる負担が増えると言えます。

それは当たり前ですがよくありません。

丁度良い高さのものを自分で見つけていきましょう。

足の長さなど、色々な問題が絡んでくるので、一概に何センチの人にはこれとは言えません。

だから、実店舗でいろいろと試してみてください。

まとめ

椅子の上に長時間座らないとならないひとでも、こうした腰痛を起こさないようにするアイテムはたくさんあるのですから、腰痛を予防することや楽にすることはきっと可能です。

ひどくなってからだと効果も薄くなる可能性が高いので、あまりひどくなる前に是非試してみてください。

そして、長時間座っていても平気なようになっていきましょう。






椅子