なぜランニングタイツを着用すると良いのか初心者にお勧め講座

ランナー初心者

健康意識の高まりから気軽に始められる「ランニング」や「ジョギング」と言った有酸素運動を行う人が増加しています。

もともと日本では、マラソンは人気競技のひとつであり、マラソン人口は1000万人以上とも言われるほど幅広い年齢から愛されている運動です。

そのため、各スポーツメーカーもランニングに関連した市場に注目をしており、近年ではプロ選手が着用していたランニングタイツも一般向けに販売を始めています。
なぜ一般ランナーにおいてもランニングタイツが必要なのか?をご紹介していきます。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




フォームの修正に有効

ランニングを始めるにあたっては、人それぞれ解決したい悩みがあることでしょう。

ダイエットが目的の方、日頃の運動不足を解消したい方、マラソン大会で入賞を狙っている方、競技者などマラソンひとつにしても多様なニーズがあるわけですが、なぜランニングタイツをマラソンランナーは着用しているのでしょうか。
その理由は、フォームの修正を目的としているからです。

一般にランニング用のタイツというのは伸縮性と締め付ける力が備わっているます。
本来走る人のことを考えて設計されているため、フォームが崩れているとその分伸縮する力によりフォームの乱れを正常な位置に修正しようと働きかけるため、継続してフォームが崩れた形で走り続けていると体が疲れやすくなり疲労も蓄積されます。

すなわち、正しいフォームで走り続ける事ができるほど、楽に気持ち良くランニングを行うことができるというわけです。
フォームが良くなると体重が両足にしっかりと乗って走る事ができるので、より足や腰の痛みを軽減するという事にもつながると言えます。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




膝や関節における負担軽減

ランニング愛好者の中にも実は、膝の悪い方もおられます。
膝の悪い方にとっては、長時間のウォーキングですら大変な動作ですが、膝の保護も兼ねているランニングタイツは、着用時の負担を軽減することができる、いわゆるテーピングのような働きがあります。

そのため、着用前に比べると長時間ウォーキングを行うことができるという事が言えるだけでなく、怪我の防止にも効果を発揮してくれます。
ゆっくり自分のペースで運動をしたいという場合にも、ランニングタイツにはメリットがあります。

女性に嬉しい紫外線対策になる

屋外での運動で気になる事は紫外線です。
特に夏場は年間を通しても紫外線量が増加することもあり、運動がしたくても将来のシミ、そばかすなどが気になるという方も多いはず。

もちろん、日焼け止めクリームを塗ると良いのですが、汗をかくとたちまち効果は薄れていきますので何度も塗るわけにもいきません。
そこでランニングタイツの登場です。

お尻から足首までピタッと密着しているランニングタイツには、紫外線カットを組み込んだタイプの商品も販売されています。
女性特有の悩みであった紫外線を衣類からカットするということもあり、無駄にたくさんの荷物を持ち歩くことなくランニングタイツを着用するだけで問題を解決できますので、女性のランニングタイツ着用率というのは非常に高まっている傾向もあります。

もちろん下半身だけでなく上半身にもランニングタイツというものも販売されているので、上から下までしっかりと防備することもできます。
ちなみに、紫外線を防止する構造として、使用されている素材は、ナイロンやポリウレタンを使用している場合が多いです。

これは、海水浴の際に着用するラッシュガードと同じ素材になりますので日差しを気にせず気持ち良くランニングに集中することができるというメリットもあります。

まとめ

ランニングタイツを着るほど本格的にランニングやマラソンを始めていないという人でも、怪我の防止や紫外線対策、フォームの矯正など運動において気をつけるべき項目をカバーしてくれる重要な機能を備えているのです。

人目を気にする前に、自分の体をケアして長く競技を続けることを目標にしてみませんか。
1日も早い決断が体のケアにつながると言えるでしょう。