腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズのマットレスは安物でも良いという4つの理由

   

ottostyle.jp 高反発マットレス 厚さ4cm ダブルサイズ 硬さ130ニュートン/やや硬め (高密度ウレタンフォーム使用) ブラウン 【体圧分散】【快適睡眠】

ダブルサイズのマットレスを買う時には、どうしてもそれなりの値段がする良いものを買いたいと思ってしまうものです。

でも、ダブルサイズのマットレスを買う時には実は、意外と安物がおすすめだったりするのです。

ただいきなりそういわれても納得できない方も多いでしょう。

そこでここでは、ダブルサイズのマットレスを買う時には安物でも良い理由を紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダブルサイズのマットレスは合わない事が多いから

ダブルサイズのマットレスを買う時には安物でも良い理由としてまず挙げられるのは、ダブルサイズのマットレスは合わない事も多いという理由です。

ダブルサイズのマットレスでは、基本的には2人位の人数で寝る事が多いでしょう。

もちろん中にはダブルサイズのマットレスでも1人で寝るひともいるかもしれませんが、やはりもっとも多いのは2人で寝ることでしょう。

そしてこの2人で寝るというのがポイントになるのです。

ダブルサイズのマットレスに2人で寝ていると、大体の場合でどちらかの体にはそのマットレスが合わなくなるでしょう。

きちんとそのマットレスの上で軽く二人で寝転んでみて、試してみてから買ったとしても、それでもやはり合わないことが多いのです。

試さないよりは試してから買った方が良いことは間違いありませんが、そのマットレスが実際にどうかというのは、実際にその上で何日か寝てみないとわかりません。

そして、えてしてどちらかの体には合わない事が多いのです。

合わないマットレスで寝るのは辛いから買い替えたい

そうしてどちらかの体にマットレスが合わないとなると、やはりその時にはマットレスを買い替えたくなるでしょう。

そのまま合わないマットレスで寝続けるという選択肢もありますが、やはり合わないマットレスで寝ているとドンドン腰痛になっていったり、肩こりがひどくなっていったりするでしょう。

なので、それはあまりおすすめが出来ません。

ですが、もしある程度高いマットレスを購入していたらどうでしょうか?

もしある程度高いマットレスを購入していて、それでそのマットレスがどちらかの体に合わない場合、やはり簡単には買い替えることは出来ないと言えるでしょう。

だから、そのままそれで寝続けるしかなくなるのです。

では、最初から安物のダブルサイズのマットレスを買っていた場合はどうでしょうか?

最初から安物を買っているのですから、どちらかの体に合わなかった時には、一度くらいは買い替える余裕もあるでしょう。

だから、ダブルサイズのマットレスを買う時には、安物でも良いと言えるのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

安物の方が固いことが多いから

マットレスの値段が何できまるかと言うと、それはやはり中身の素材で決まる事が多いと言えます。

基本的に高級なマットレスは、やわらかい事が多いです。

そして安物のマットレスは、ある程度固いものが多いです。

確かに一見すると、やわらかいマットレスの方が寝心地もよさそうで気持ちよさそうに思えるものです。

でも、やわらかいマットレスは実は、そこまで良いものでもないのです。

なぜなら寝返りをしようとしても、その力が吸収されてしまったりして上手く寝返りができなくなるからです。

それだけではなく、腰のあたりにかかる体重の負荷によって、マットレスの腰のあたりがしずんできてしまう事もあるでしょう。

そうして腰のあたりがしずんでいってしまうと、やはり腰の負荷はましていき、次第に腰痛になります。

だから、やわらかいマットレスも弱点はあるのです。

固いマットレスは寝返りもしやすい

逆に安物のマットレスの様に固いマットレスであれば、寝返りはしやすくなります。

固いマットレスは、布団で寝ているのと同じような感覚になります。

布団の上では寝返りの為の力が逃げようがないので、スムーズに転がりやすくなると言えるのです。

なので、意外と安物のマットレスも捨てたものではないのです。

ダブルのマットレスは、意外と狭くてただでさえ寝返りがしづらいと言えます。

そんな寝返りがしづらいダブルのマットレスですが、やはり寝返りをしないのは良くないので、ダブルのマットレスの中でも少しでも寝返りがしやすいものを選ぶべきだと言えます。

そしてそれが安物の固いマットレスなのです。

ダブルのマットレスはへたりやすいから

ダブルのマットレスを買う時に安物でも良い理由として、ダブルのマットレスはへたりやすいからと言う事も挙げられます。

ダブルのマットレスは、シングルのマットレスに比べるとへたりやすいところがあります。

というのも、ダブルのマットレスには常に二人の人が乗ることになります。

2人の人が乗るのですから、それだけ体重の負荷も大きいですし、体重の負荷が掛かるだけではなく、たとえば二人分の汗などもどんどん付着していくと言えるでしょう。

そうなると当然、その分だけへたりやすくなっていきます。

ダブルサイズは1枚としては一番大きい

ましてやダブルサイズのマットレスは、1枚のマットレスとしては一番大きいサイズのマットレスと言えます。

そこから先のマットレスは、マットレスが2枚体制になる事が多いです。

なので、ダブルサイズのマットレスが、1枚のマットレスとしては一番大きいと言えるのです。

そしてそんな風に大きなサイズのマットレスともなると、やはりその分だけ重さに対する負荷などにも弱くなると言えます。

そういうこともあるので、ダブルサイズのマットレスはへたりやすいと言えるのです。

へたったら変えないとならない

そして当然ながらそうしてマットレスがへたってしまったら、その時にはマットレスは変えないとなりません。

そのままそれを使い続ける事も出来るでしょうが、それをそのまま使い続ける事も、当然ながら腰痛の原因になったりしますし、避けた方が良いでしょう。

なので、変えないとならないのですが、高いマットレスを購入している場合には、それも簡単には出来なくなります。

だから、安物のマットレスが良いのです。

高いことによるメリットがあまりない

ダブルサイズのマットレスは安物でも良い4つの理由として最後に言えるのは、そもそもダブルサイズのマットレスの場合、高級なものを買うことによるメリットが特にないからだということです。

ここまでのことから分かるように、高級なマットレスを買うと、やわらかくて寝づらかったり、買い替えづらいというでメリットがあります。

そして、その代わりとなるメリットも特にないのです。

普通なんらかのデメリットがある場合、それの代わりとなるようなメリットがあるものです。

でも、ダブルサイズのマットレスの場合はそれが特にないのです。

メリットが特にないのであれば、それを選ぶ理由がないということになります。

だから必然的に、安物のマットレスでも良いとなるのです。

安かろう悪かろうの時代ではない

なんとなく日本人には安かろう悪かろうというイメージがある方も多いでしょう。

確かに一昔前まではそういう時代だったような気がします。

でも今はもはやそういう時代ではありません。

やすいものが高いものを凌駕する時代なのです。

ダブルサイズのマットレスは、その最たる例と言えるでしょう。

まとめ

ダブルサイズのマットレスは安物でも良いという理由はお分かりいただけましたでしょうか?

なんとなくまずは高いものを見てしまう気持ちもわかりますが、実はダブルサイズのマットレスに関しては安物の方がメリットは多いと言えるのですから、是非まずは安いものからいろいろと見て回ってみてください。

そして、是非その中から選んでみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団