腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスにパッドは必要?その理由やメリットを詳しく解説!

   

ベッドパッド 快適敷きパッド 抗菌防臭加工 ベッドシーツ 綿100% 敷きふとんカバー 吸湿速乾 丸洗いOK 防ダニ パッド 裏地がズレ防止素材使用 マットレス・パッド アイボリー ダブル・140X200cm

マットレスを購入しようとしたら、寝具店に『ベッドパッド』や『敷きパッド』が販売されている所を見て、何に使うのか不思議に思った方は多いでしょう。

実際に、ベッドパッドや敷きパッドを併用しなくても、眠る事はできます。

しかし、マットレスとパッドを併用する事によって、様々なメリットを得る事ができるので、詳しく解説しましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

2種類のパッド

パッドには、ベッドパッドと敷きパッドがあるので、2種類の違いを知らなければ、どちらの商品を併用したら良いのか悩んでしまいます。

そのような事がないように、2種類のパッドについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

敷きパッド

マットレスと敷きパッドを併用する際には、マットレスの上に敷きパッドを重ねて併用する事になります。

敷きパッドは薄い寝具になっているので、底つき感を緩和する事は難しいです。

しかし、季節に対応しやすくなっている物が多いので、睡眠の質を重要視している場合には、敷きパッドはおすすめの寝具です。

さらに、敷きパッドはマットレスを保護するという役割もあるので、長い間に渡ってマットレスを利用したい場合には、敷きパッドを併用したほうが良いでしょう。

ベッドパッド

マットレスとベッドパッドだけを併用する場合であれば、マットレスの上にベッドパッドを重ねて併用します。

ところが、マットレス・敷きパッド・ベッドパッドを併用する場合には、マットレスの上に敷きパッドを重ねて、その上にベッドパッドを重ねて使用して下さい。

そして、ベッドパッドと敷きパッドの違いですが、ベッドパッドは厚みがあって、敷きパッドは薄くなっているのです。

敷きパッドはマットレスを保護する事ができますが、ベッドパッドはマットレスをカバーする事ができるので、役割分担が違うので注意して下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ベッドパッドのメリット

2種類のパッドの違いについて理解できたところで、次にベッドパッドのメリットについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

汚れ対策

私たち人間は、多くの寝汗をかいてしまうので、一晩の間にコップ一杯分もの寝汗がマットレスに染み込んでしまいます。

マットレスの利用を続けていれば、多くの寝汗が染み込んでしまう上に、体温の熱によって湿気もたまっていくので、寝具にシミが付いてしまう事もあるのです。

しかし、マットレスを洗濯できる商品は、ごくわずかなので、汚れないようにする事は難しいのが実情です。

それに引き換え、ベッドパッドは、丸洗いできる商品が多いので『汚れ対策』を講じる事ができます(丸洗いできない商品もあるので注意)。

底つき感を緩和

ベッドパッドはボリュームがある商品が多いので、マットレスの上に重ねたら、ベッドと体の距離が遠くなります。

体とベッドの距離が遠ざかれば、体重が重くなっている方が寝具を利用したとしても、底つき感を緩和する事が可能です。

底つき感を緩和していたら、仰向けになっている状態で眠ったとしても、背中や腰があまり痛くならないので、寝心地がよくなります。

そうなれば、必要以上に寝返りを打つ必要もないので、肩や首にかかる負担も軽減する事が可能です。

へたり対策

私たち人間が、マットレスで横になった時は、腰が重くなっている部分なので、腰を支えている部分のマットレスは、へたりやすくなってしまいます。

もしも、マットレスがへたっているのに利用を続けてしまえば、腰が寝具に沈み込みやすくなってしまって、寝返りを打ちづらくなってしまうので寝心地が悪くなってしまうのです。

ところが、ボリュームのあるベッドパッドを併用したら、へたり対策を講じる事もできるので、寝具を長く利用する事ができます。

敷きパッドのメリット

敷きパッドは、ベッドパットとは違うメリットを得る事ができるので、そのメリットを知れば、両方とも併用する重要性が理解できるはずです。

そこで、敷きパッドのメリットを解説するので、確認してみて下さい。

マットレスの保護

敷きパッドは、汗を吸収したり発散したりできるので、マットレスを保護する事ができます。

実際に、汗が寝具にたまりづらくなれば、あまり湿っぽく感じないので寝心地がよくなるのです。

もしも、寝具が湿っぽく感じてしまえば、寝心地が悪くなってしまうので、必要以上に寝返りを打ってしまいます。

寝返りを打つ事は、健康面で重要なポイントですが、打つ回数が多くなってしまえば、最悪のケースでは寝違いを起こす可能性があるのです。

そのような事を考えたら、敷きパッドを利用して、湿気を発散する事は大きなメリットと言えるでしょう。

肌触り

肌触りが悪いシーツを利用している場合には、肌がチクチクする場合もあれば、ザラザラする場合もあります。

もしも、眠っている最中に肌触りが悪く感じてしまえば、睡眠の質が低下してしまうので、注意しなければいけません。

ところが、敷きパッドは最も上の部分になるので、肌と接する所なので、肌触りが良い敷きパッドを利用する事により寝心地が良くなります。

季節に対応

数多くある敷きパッドの中には、冷んやりと感じる商品もあれば、保温性が優れている商品もあります。

実際に、夏場の季節に暑く感じながら眠ろうとしたら、寝つきが悪くなってしまいます。

夏場の季節に冷んやりと感じられる敷きパッドを利用したら、寝つきがよくなる場合もあるので、利用価値が高いです。

さらに、寒い冬場の季節に、腰を冷やしてしまえば、体内で疲労物質がたまって腰痛になるケースもあります。

そのような場合でも、保温性が優れている敷きパッドを併用したら、腰の冷え対策を講じる事もできるので、メリットの多い商品になっているのです。

マットレスとパッドを併用する重要性

マットレスと2種類のパッドを併用すれば、睡眠の質をキープできますが、良質な睡眠を確保するメリットについて分からない方も多いでしょう。

実は、良質な睡眠を確保できなかったら、睡眠時間を確保する意味がなくなってしまうので、詳しく解説します。

翌日のコンディション

多くの方たちは、寝不足にならないためには、必要な睡眠時間を確保すれば良いと思っているでしょう。

ところが、睡眠時間を確保しても、睡眠の質が低下していたら、寝不足に陥ってしまうのです。

実際に、テレビや電気を付けていたら、睡眠の質が低下してしまうので、途中で目覚めてしまう事がよくあります。

このように睡眠の質が低下したら、寝不足に陥りやすいので、日頃から良質な睡眠を確保しておく事は重要です。

脳と体の疲れを減らす

私たち人間は、眠る事によって、脳や体の疲れを取っているので、良質な睡眠を確保しておかなければ疲労がたまりやすくなってしまいます。

脳が疲れていったら、最悪のケースでは『うつ病』になってしまう事があります。

その原因は明確に分かっていませんが、寝不足に陥ってしまえばストレスがたまるようになるので、うつ病にならないためにも良質な睡眠を確保する事は重要です。

さらに、体に疲れがたまってしまえば、仕事や勉強であまり成果を上げられなくなるので注意したほうが良いです。

良質な睡眠を確保できなかったら、このように様々な問題が起きてしまうので、良質な睡眠を確保する事は大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

マットレスを利用するだけでも、良質な睡眠を確保できる場合もあります。

しかし、ベッドパッドや敷きパッドを併用しなければ、睡眠の質が低下してしまう場合は多くあるのです。

良質な睡眠を確保しておかなければ、脳や体に疲れがたまってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、良質な睡眠を確保できない場合には、2枚のパッドを併用する事も考えたほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.receno.com/pen/school/u…
https://kaimin-times.com/how-to-use…
https://kaimin-times.com/bed-mattre…


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団