腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策のマットレスは手入れが大切! 長持ちさせるための4つのコツ

   

腰痛対策でマットレスを使う場合、上手な使い方だけでなく、手入れの方法にも注意しなければなりません。

なぜなら、腰痛対策では、マットレスが常にベストな状態でなければ、よい効果を出すことができないからです。

手入れを怠り、マットレスが劣化してしまうと、正しい効果を発揮できなくなってしまいます。

そこで、マットレスの劣化を遅らせ、長持ちさせるためのコツを紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

定期的に干す

マットレスは、基本的に洗うことができない商品です。

そのため、手入れの主な方法は、ときどき干すことになります。

日当たりのよい場所で干せば、たまった湿気をとばし、ダニの対策をすることもできるので、劣化を遅らせるには最適の方法です。

ただし、天日干しは、あくまでも短時間で済ませるようにしてください。

直射日光は、あまり長く当て続けると、逆にマットレスを傷めてしまう恐れもあります。

そのため、長く干すときは、直射日光が当たらない日陰を選ぶようにしましょう。

また、高反発素材を使ったマットレスの場合は、たとえ短い時間でも、天日干しは避けるべきです。

高反発マットレスでは、ウレタンという素材がよく使用されていますが、これは、日光を当てることで耐久性が落ちてしまいます。

腰痛の対策には高反発が効果的なので、そうしたマットレスは重宝されていますが、干すときは必ず陰干しにすることを忘れないでください。

その場で干す

マットレスは大きい商品なので、干すためとはいえ、移動させるのは難しいときもあります。

特に、腰痛対策のためのマットレスとなれば、極厚の商品を使う人も多く、そう簡単には動かせないものです。

そんなときは、その場で干すという方法もあります。

マットレスは陰干しができるので、風通しがよければ、室内で干すことも十分に可能なのです。

部屋を換気して空気の流れをつくり、その場で立てかけておくだけでも、湿気をとばすことができます。

この方法であれば、日光で劣化する心配がないため、時間を気にする必要もありません。

ウレタンを使った高反発マットレスの場合は、むしろ最適な方法なのです。

ただし、室内で干すなら、必ず風通しをよくしておいてください。

閉め切った湿度の高い部屋で干しても、劣化を防ぐための効果は、ほとんどありません。

陰干しのコツは、風通しのよい日陰で行うことなので、部屋の換気はしっかり行いましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

カバーを洗う

マットレス自体は洗濯ができないため、干すことが主な方法になりますが、カバーは別です。

カバーは取り外して洗うことができるので、定期的に洗濯して、常に清潔にしておくようにしましょう。

マットレスのカバーは、クリーニング店などの専門的な洗い方は必要はなく、自宅の洗濯機でも簡単に洗うことができます。

カバーに関しては、マットレスそのものを手入れするわけではないので、長持ちさせる方法としては少し弱いようにも思えますが、実は重要なポイントです。

汚れが蓄積されたカバーは、だんだん臭いを発するようになりますが、そのような寝具を使い続けることはできません。

人間の体は、寝ている間に多量の発汗があるため、カバーはかなり汚れやすい部分なのです。

したがって、長く使うためには、カバーをしっかり洗濯してください。

マットレスとそのカバーは、常にセットとして考えておきましょう。

洗えないカバーもある

マットレスのカバーは、ときどき外して洗濯することが大切ですが、すべての商品を洗濯できるわけではありません。

中には、洗うことで縮んでしまうため、洗濯不可の商品もあるのです。

もし縮んでしまった場合は、マットレスのサイズと合わなくなるので、再び被せることができなくなってしまいます。

そのため、洗濯不可のカバーは、マットレスから外さず、一緒に干すことが手入れになります。

とはいえ、あまり汗が染みこんでしまうのは問題です。

そんなときは、ベッドパッドを使いましょう。

マットレスはむき出しで使うものではないため、基本的にシーツを敷くことになりますが、汗の汚れを防ぐ効果が高いのは、ベッドパッドの方です。

シーツは薄いので、多量の発汗があると少し心許ない面がありますが、厚みのあるベッドパッドであれば、汗の染み込みをしっかり防いでくれます。

布で拭く

マットレスを丸洗いすることはできませんが、ちょっとした汚れなら、拭き取ることで対処できます。

気になる部分があったら、湿った布で優しく拭きましょう。

ここで注意したいのは、決してゴシゴシと擦らないことです。

あまり力を入れて拭くと、マットレスの表面を劣化させてしまうため、長持ちさせる目的があるなら控えるべきです。

優しく丁寧に拭けば、マットレスを傷めずに汚れを取り除くことができます。

また、汚れをきれいに落とすためには、早めの対応がポイントです。

例えば、何かの液体をこぼしてしまった場合、時間が経つとすっかり染み込んでしまうため、いくら擦っても落ちないことがあります。

しかし、こぼしたあとに素早く拭き取れば、かなりきれいな状態に戻すことができるのです。

頑固な汚れには洗剤を

なかなか落ちない汚れがあった場合は、中性洗剤を使うのもおすすめです。

まず軽く拭いたあと、汚れた部分に洗剤を染み込ませて少し待ちます。

すると、ただ湿った布で拭くよりも、すんなりと汚れを落とすことができるのです。

拭いたあとは普通に干して乾かせば、きれいな状態に戻すことができます。

この方法であれば、無理に汚れを落とそうとして、擦りすぎてしまう心配はありません。

洗剤を使う場合も、対応が早ければ早いほど効果は高くなるので、落ちにくそうな汚れがあったら、なるべく早く作業にとりかかりましょう。

掃除機でダニ対策

マットレスを使う際に気になる点といえば、ダニの発生もあります。

湿気でダニが繁殖したマットレスでは、とても長く使うことはできません。

対策のためには、定期的に干して湿気をとばすことが大切ですが、それに加えて掃除機もかけるようにすると、より確実です。

ダニの繁殖には、湿度が高い環境だけでなく、人間のフケや垢といったエサも必要になります。

掃除機をかけると、それらのエサをきれいに吸い取ることになるため、ダニの繁殖を防ぐには最適な方法なのです。

これは、普通の家庭にある掃除機で十分可能なので、こまめに掃除機をかけて、清潔な状態を維持するようにしましょう。

ゆっくり確実に吸い取ろう

マットレスに掃除機をかけるときは、普通に床を掃除するときとは、少し違ったコツが必要になります。

それは、なるべくゆっくり動かして、少しずつ吸い取っていくことです。

床にかけるときと同じような感覚では、本当に掃除したことにはなりません。

なぜなら、マットレスの線維にダニがしがみついていると、せっかく掃除機をかけても、きちんと吸いきれないことがあるからです。

死骸や卵などは問題ありませんが、生きているダニの場合、いきなり掃除機で吸われそうになれば、やはり抵抗するものです。

そのため、さっと掃除機をかけたくらいでは、しぶとく生き残っているダニが多くなります。

こうしたダニの抵抗に対処するためには、普段よりもゆっくりと掃除機を動かし、丁寧に吸い取ることが大切なのです。

ダニをしっかり取り除いて、マットレスを長く使っていきましょう。

まとめ

マットレスの腰痛対策で大切なのは、なるべく継続することです。

どんなに優れた商品でも、すぐに使えなくなるようでは、効果的な対策はできません。

もちろん、新しいものに買い替えれば、再び腰痛対策に取り組むことはできますが、あまり頻回に買い直すようでは、金銭的な問題も出てきます。

マットレスを劣化させない使い方を心がければ、より確実な対策ができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団