腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちの人は知っておきたい!マットレスのスプリングの違いとは

      2017/09/08

ポケットコイルマットレス シングル 高密度 コイル数465個 通気性 体圧分散 圧縮梱包

マットレスにはスプリングが入っています。

それは一般的にはコイルと呼ばれ、主要なマットレスに使われているコイルとしては、主に2種類のものがあります。

では、その違いについてはご存知でしょうか?

腰痛持ちの人はそれをしっかり知って、自分に合ったものを選ばないとなりません。

そこでここでは、マットレスのスプリングの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ボンネルコイルとポケットコイルがある

まず知っておかないとならないのは、マットレスに使われているスプリングの種類です。

冒頭で主に2つのコイルが使われていると紹介してきましたが、その2つとは、ボンネルコイルというものと、ポケットコイルというモノになります。

これらの2つのうち、主に価格が高いのはポケットコイルになります。

なので、やや値段が高いマットレスに使われているコイルは、ポケットコイルだと思って概ね間違いはないでしょう。

もちろん中には、高級なマットレスであってもあえてボンネルコイルで作っているものもあるでしょう。

しかしやはり基本的には高級なマットレスにはポケットコイルが使われることが多いです。

では、なぜ高級なマットレスではポケットコイルが使われることが多いのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ポケットコイルは身体を点で支えてくれるから

その理由は、ポケットコイルの仕組みにあると言えるでしょう。

ポケットコイルというのは、身体を点で支えてくれるものになります。

身体を点で支えてくれるということは、特に負荷が掛かる部分はその形に凹むようになり、あまり負荷が掛からない部分は、あまり凹まないということになります。

でも、そうして体に合わせて凹んでいくと何がよいのでしょうか?

寝心地が良く感じられる

まずはやはり寝心地がよく感じられるというメリットがあります。

身体に合わせて凹んでいくとなると、当然ながら身体はマットレスに包み込まれるようになっていきます。

そんな風にマットレスに包み込まれるようになっていけば、それを気持ちよく感じる物です。

だから、その上で寝ていると、寝心地良く感じられることが多いのです。

高級なマットレスにポケットコイルがよく用いられるのは、この理由によるところも多いでしょう。

だって、わざわざ高いお金を出してマットレスを買ったのに、その寝心地がいまいちだったらどうでしょうか?

それはやはり、コストパフォーマンスが悪いと思ってしまうでしょう。

そうなっては売れるはずもありませんから、高級なマットレスはやはり寝心地を重要視しないとならないのです。

だから、ポケットコイルがつかわれることが多いです。

体重の分散も出来る

また、ポケットコイルの利点として、体重の分散が出来るという事も挙げられます。

ポケットコイルの上では、特に体重の負荷が掛かるところは凹み、そうではないところはあまり変化がないので、最終的にはそれは身体にフィットするようになります。

それがそうして身体にフィットするようになると、フィットしているところも体重を分散していけるようになるのです。

本来体重というのは、先述の通りで腰のあたりにすごく強くかかるものになります。

でもそうして腰のあたりに強く負荷が掛かっていると、その負荷のせいで腰は痛くなるでしょう。

ですが、こうしてその腰に掛かる負荷を分散していければ、その分だけ腰が痛む可能性は少なくなるのです。

そのメリットはやはり腰痛持ちの人にとってはすごく効果的な事だと言えるでしょう。

そして、そんな風に体重を分散して体を支えるためには、やはり緻密な計算などもかかりますから、そういう意味でポケットコイルを使うと値段が高くなるという事もあります。

ボンネルコイルは面で支える

では逆に、ボンネルコイルと言うのはどういうものになるのでしょうか?

ポケットコイルが点で支えるマットレスであるというところからも分かるかもしれませんが、ボンネルコイルと言うのはその逆で、面で支えるマットレスになります。

ではそんな面で支えるマットレスであるということには、どんなメリットがあるのでしょうか?

身体がはまらないというメリットがある

面で支えるマットレスであれば、たとえば腰のあたりに強く負荷が掛かったとしても、そのせいで腰のあたりのマットレスが凹んでしまうということはなくなります。

そうして腰が凹むということがなくなれば、当然ながらその分だけ寝返りがしやすくなります。

ポケットコイルの場合は、先述の通りに強く負荷が掛かるところはその形に凹むことになります。

それは、身体を包み込んでくれているような寝心地の良さや、あるいは体重分散と言う点でのメリットはありますが、凹んでしまう分だけ、そこに身体がハマるリスクもあるのです。

そこに身体がはまってしまったら、やはり簡単にはそこから抜け出すことは出来なくなります。

そこから簡単にぬけだす事が出来ないということはつまり、寝返りがうまく出来なくなるということです。

寝返りができなくなるということは、やはり腰痛持ちの人にとってはよくありません。

寝返りが出来ないと、そのせいで筋肉が縮こまり、どんどん血流が悪くなり、腰の痛みは悪化していきますから。

面で支えるタイプのボンネルコイルのマットレスであれば、そうしてどこかが凹むということはないので、常に寝返りがしやすくいらえるでしょう。

それは、ボンネルコイルならではのメリットと言えるでしょう。

ボンネルコイルは力も吸収されない

ボンネルコイツのマットレスは、すべてのコイルがぎゅっとくっついているようなマットレスになります。

ポケットコイルは、一つ一つのコイルが乱立しているようなマットレスになるのですが、ボンネルコイルは、幾つものコイルが絡み合って、一つの大きな面を形成しているようなマットレスになります。

ということはつまりボンネルコイルのマットレスの方が、質感が固くなりがちだと言えます。

一つ一つが点在していれば、その一つ一つの固さによるようになりますし、そもそも一つの固さなんてたかが知れていますから、そこまで固くはなりませんが、ボンネルコイルの場合はすべてがつながっている分固くなるのです。

そうして固いマットレスには、メリットもデメリットもあります。

メリットはやはり、力を吸収されないことです。

柔らかいと寝返りの力を吸収される

もしやわらかいマットレスを使用していたら、寝返りをしようとした時に、その込めた力をそのままマットレスに吸収されてしまうでしょう。

でも、固いマットレスであれば、そのまま力が跳ね返ってくるので、簡単に寝返りをすることができます。

だから、寝返りがしやすくなると言えるのです。

そもそも身体がはまらなく寝返りがしやすいのに、それに加えてこういう理由でも寝返りがしやすいと言えるのですから、寝返りに関しては明らかにボンネルコイルに軍配が上がるでしょう。

寝返りが苦手な人には、ボンネルコイルのマットレスがおすすめです。

固いところが骨にあたり痛くなることもある

そんな固いマットレスのデメリットはやはり、固いところに骨があたったりして、そのせいで痛くなることがあるということです。

そうして固いところがあたり痛くなる場合、そこが当たることを避けようとして変な体勢になってしまう事もあるでしょう。

変な体勢になるとやはり腰に負担が行くこともあります。

だからそれはやはりデメリットと言えます。

まとめ

マットレスのスプリングの種類の違いについてはお分かりいただけましたでしょうか?

このように実はどちらも違った角度から腰痛対策として効果を発揮してくれるものだったりするのです。

だから余計に迷うところでしょう。

でも、自分の腰痛はどういうことが原因で、何を改善したらよくなるのかをよく考えれば答えは見えてくるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団