ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットとは?

   

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

ジギングロッドではベイトリールよりスピニングリールが使われる比率が高いです。

メーカーのラインナップもそれに合わせてスピニング用のジギングロッドが多いです。

しかし、なぜスピニングリールがジギングで使われることが多いのか解説されることは少ないです。

今回はそのスピニングリールをジギングで使うメリットについて解説していきます。



私が絶対おすすめするジギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

メリット1.初心者でも扱いやすい

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットの1つめは、初心者でも扱いやすいことです。

対になるベイトリールでは、ジギングで使われるものになると、大型化で握りこむのに慣れが必要になり、またラインを巻き取るときにも気を使わないとラインが一方に偏ってしまったりしてトラブルの原因になります。

その点スピニングリールは、ベールを返せばラインが出て、ベールを戻して巻けばリール自体が可動してくれて綺麗にラインを巻き取ってくれます。

また、握り方も通常はリールフットを指で挟んで持つというのが基本ですが、フロントグリップを握って釣りをすることも可能です。

そうすると、あまりアクションでもファイト時でも疲れることなく扱うことが出来ます。

初心者でも扱いやすいのが、ジギングでのスピニングリールの1つめのメリットです。



私が絶対おすすめするジギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

メリット2.フォール時に完全ブレーキフリーで落とせる

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットの2つめは、フォール時に完全ブレーキフリーで落とせることです。

ジギングでは水深が50メートル以上になるところを釣っていくことが多くなります。

そのときにジグを底近くまで落とし込んでいく必要が必ず生まれます。

そのときにベイトリールでは、ブレーキが掛かってしまったり、またサミングをしつつバックラッシュしないように落とし込む必要があり、特に初心者にとっては難しいことです。

それに対してスピニングリールはベールさえ返してしまえば、あとは勝手にジグの重さでラインを引き出していってくれます。

底に付いたらその勢いよく出ていたラインが止まるので、それを確認してからアクションさせるようにするといいと思います。

メリット3.ドラグの効きが良い

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットの3つめは、ドラグの効きが良いことです。

ジギングでは大型の魚とファイトすることが出てきます。

そのときにラインを切れないようにするのがドラグの役割です。

ベイトリールの大きな欠点はこのドラグで調整をしてもワッシャーが上手く動かず、ドラグが効かないなんてことが多々あります。

また、ファイト中にドラグの強さを調整しづらいということも挙げられます。

スピニングリールはドラグの効きが良いものが多く、クリック音といってドラグが出て行っていることを教えてくれる音付きのものも多くあります。

また、ファイト中の調整もしやすいです。

メリット4.重心が下にあり疲れにくい

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットの4つめは、重心が下にあり疲れにくいことです。

ジギングにはアクションが必ず付きまとうため、できるだけ疲れにくくする必要があります。

ベイトリールはロッドの上側に付きますが、これは常に重力に逆らった状態です。

この逆らった状態を保ったまま、釣り人はアクションさせているので、スピニングリールに比べて疲れやすかったりします。

スピニングリールはその点ずっと重心が下なので、疲れにくく長時間の釣りに向いています。

メリット5.ファイトがしやすい

ジギングロッドでスピニングリールを使うメリットの5つめは、ファイトがしやすいことです。

ベイトリールでは強い力が掛かると、ロッドが横方向に回転しようとし出します。

これに逆らいながらファイトするのは考えただけでも大変です。

一方でスピニングリールではそういったことはありません。

おすすめのファイトの仕方は、フロントグリップを持って、腕を真っ直ぐにしてファイトする方法です。

腕を曲げて魚の引きに耐えていると、非常に疲れます。

腕を伸ばすことによって、体重をロッドに乗せることもでき、容易にファイトしやすくなるので、実践してみてください。

おすすめのジギングロッド

最後におすすめのジギングロッドについて紹介しておきます。

私はメジャークラフトのクロステージ・ボートジギングシリーズをおすすめします。

握りやすいグリップ設計で、ガイドもPEラインに対応できるものが搭載されています。

ジギングに必要な性能は備えつつもコストパフォーマンスに優れたロッドです。

ラインナップもいろいろあり、地域や釣り方に合わせて選べますので、良いシリーズのロッドだと思います。

まとめ

今回はジギングロッドでスピニングリールを使うメリットについて解説してきました。

もちろん対にあるベイトリールにもメリットは多くあります。

釣り方にタックルを合わせることで釣りをしやすくなり、結果として釣果につながると思います。

ぜひ今回の記事を参考にしてスピニングリールを活かしたジギングをやってみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ジギングロッド