ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

彼はブラックバスの釣りでベイトリールを使っています(口コミ・体験談)

   

カップル

彼とは、よく釣りに出かけています。

「フィッシングデート」と私は呼んでいます。

私の方は、広い海を眺めながら、釣り糸を垂らしたら、釣りの目的の「80%達成!」という感じですね。

もう、その雰囲気が味わえれば、それで満足してしまうんです。

広い海を眺めながら、のんびりと釣り糸を垂らしているだけで十分に満足なんです。

海ではスピニングリールを使用しますが、彼は、バスフィッシングではベイトリールを使用しています。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ロッドはバスフィッシング用のもの

私は、どちらかというと海の釣りの方が好きなんです。

さらに言うと、海を眺めていればいいんです。

「お魚は釣れても釣れなくてもいいや」っていう感じですね。

雰囲気が楽しめれば満足です。

でも、彼はきちんと釣りをしています。

海の釣りでも、ロッドはバスフィッシングのものを使っているんです。

短くて使いやすいので、何でもこのロッドですね。

海では、私はサビキ釣りばかりです。

小あじを釣るのが好きですね。

食べてもおいしいですから。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

海ではスピニングリール

私はリールのことは詳しくありません。

「スピニングリール」、「ベイトリール」という名前も、彼がバスフィッシングの時に、いつものリールとハンドルが違っていることから知ったくらいなんです。

海の釣りで使っているのは「スピニングリール」です。

私が使っているのは、釣具屋さんでセット売りになっていた「お買い得セット」みたいな感じのものです。

でも、私はこれでいいんです。

道具にこだわっている訳ではありませんから。

バスフィッシングはベイトリール

私は、バスフィッシングは、あまりしませんね。

彼は、海よりもバスフィッシングの方が好きみたいですけど。

そういう時には、「ベイトリール」を使っています。

海で使うスピニングリールとの違いは、見た目で言うと、ハンドルが違います。

グリップがふたつありますから、すぐに分かります。

バスフィッシングをされている人たちは、このベイトリールを使っている人が多いです。

ベイトリールの特性

彼に聞いてみると、ブラックバスの強い引きに対応できるように、太いラインが使用できるのだそうです。

また、ルアーも大きめな重いものが使えるのだそうです。

ですから、本気でバスフィッシングをしようという場合には、ベイトリールがおすすめです。

何度か使ってみたことはあるのですが、ベイトリールの場合は、スピニングリールと違って、ハンドルを左右に付け替えることはできないんです。

私は左利きで、彼は右利きなんです。

そうなると利き腕の左でロッドを持つと、彼のベイトリールでは使えないということになってしまいます。

だから、「お下がりちょうだい」っていう訳にもいかないんです。

だから、買う時には、左右を注意した方が良いと思います。

ラインに注意

さらにベイトリールはルアーを投げた時のラインの扱いが、スピニングリールよりも慣れが必要です。

スプールの部分が一緒に回りますから、上手にラインを止めないと、ラインだけがユルユルと出て行ってしまいます。

そうなるとラインがグシャグシャな状態になってしまいます。

これを「バックラッシュ」って言うんですって。

ベイトリールビギナーは、皆さん経験するらしいです。

ときどきバスフィッシングの釣り場で、グシャグシャになったラインが捨てられているのを見かけます。

これはバックラッシュの産物らしいです。

慣れてくると、大丈夫みたいなんですが、きちんとマナーは守ってバスフィッシングを楽しんでほしいと思います。

まとめ

スピニングリールで、バスフィッシングが出来ない訳ではないんですけど、やっぱり道具には皆さんこだわりがあるみたいですから。

バスフィッシングには「ベイトリール」という感じなのかしら。

彼は、ダイワのタトゥーラというベイトリールを使っています。

スピニングリールに比べると、上級者向けと言いますか、お値段も少し高めみたいですね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ベイトリール