腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策に使用するマットレスは低反発、それとも高反発がいいか?

      2016/06/18

腰痛 マットレス 低反発

生活スタイルも欧米化が進み、就寝時にベットを使用する方が多くなりました。

しかし、現在でも畳や床に敷布団で就寝されている方は、非常に多い筈です。

畳や床生活において、慢性的な腰痛に悩まされている方は少なくはありません。

整形外科や整体院に行くと多くの腰痛患者がいます。

敷布団には必ずマットレスを使用すると思います。

腰痛対策用のマットレスを使用しているにも関わらず腰痛に悩まされたりします。

原因は、腰痛対策用のマットレスを選ぶ際に低反発または高反発のどちらが自分に合うのか分からず、間違ったマットレスを購入しているかもしれません。

今回、低反発マットレスと高反発マットレスの特徴とどんな人に合うのかを説明したいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

品質保証が重視されているマットレスがおすすめ

多くの方が、マットレスを購入する際に重視するのはやはり価格と素材です。

正直、低反発にしろ高反発にしろ安いマットレスは腰痛の原因となります。

価格はそこそこのものを選び、品質保証が重視されているマットレスがおすすめです。

へたり保証などあったら良いと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

低反発マットレスは荷重の少ない部分はあまり凹まない

先ず、低反発マットレスについて説明致します。

基本的には、ウレタン素材が使用されており、ウレタン自体の密度を調整し、反発性を調整しています。

そのため、マットレスに横たわった際にゆっくりと沈み込んでいきます。

また、低反発マットレスは、荷重の少ない部分はあまり凹まないため、就寝時に自分の寝姿にフィットすることになります。

しかし、低反発マットレスは、へたりやすく、重い荷重に弱いといった特徴があります。

素材が柔らかいため、耐久性が低く、長期間使用すると一番荷重の掛かっている場所が薄くなります。

そのため、マットレスの上でも固い床や畳に接しているのと変わらなくなります。

また、重い荷重が加わっても、同じ現象が発生します。

低反発マットレスは小柄な人または体重の軽い人におすすめ

低反発マットレスがおすすめな人は、小柄な人または体重の軽い人になります。

体重が軽ければ、耐久性も延び、マットレス自体のへこみ具合により、腰痛になる可能性は減少します。

体格の良い人や体重の重い人には高反発マットレスがおすすめ

次に高反発マットレスですが、こちらは低反発マットレスに対し、マットレス内部のウレタンや綿、スポンジなどがギッチリ詰まっています。

そのため重い荷重に強いといった特性があります。

つまり、体格の良い人や体重の重い人には高反発マットレスがおすすめとなります。

荷重が一点集中しても沈み難くなれば、就寝時に一番荷重の掛かる腰位置が沈まず、腰痛になり難いと考えます。

逆に小柄な人や体重の軽い人には、反発力が強く、マットレスが硬く感じるので腰痛になりえます。

一時期、低反発ブームがありましたが、今では低反発商品と高反発商品の扱いは変わらなくなりました。

どちらが良いと触れる宣伝文句は少なくなっています。

意外に、低反発マットレスから高反発マットレスへ、高反発マットレスから低反発マットレスに変更するだけで腰痛が改善される期待が出来ます。

販売されるマットレスの硬さは数値であらわされている

また、販売されるマットレスの硬さを数値化しているので参考にした方が良いです。

よく、荷重○○N(ニュートン)と書いてあると思います。

数値が低ければ柔らかいですし、高ければ硬いです。

この数値は、非常に重要であり、自分の体重に対しどのくらいの反発力が適切か分かれば、購入時に迷うことも少ないと思います。

参考数値を求めるのであれば、大手家具販売店などのベットコーナーでどれだけの硬さが十分か知ることが出来ます。

この方法は、費用が掛からないのでおすすめします。

また、最近は店頭ディスプレイにマットレスの材質や構造のサンプルがあったりします。

このサンプルで自分にとって、どれが一番適切か調べることも可能になっています。

中には低反発と高反発素材を組み合わせたマットレスもあります。

様々な人に適合するよう商品ラインナップが多い店舗でマットレスを購入するべきです。

まとめ

私自身、慢性的な腰痛に長期間悩まされ、整形外科や整体に通っても、痛み改善しなかった経験があります。

腰痛が酷い場合は、ブロック注射で痛みを誤魔化すこともありました。

実際にブロック注射を打たれる方が嫌でしたたまりませんでした。

私は当時、分厚い低反発マットレスを使用していましたが、高反発マットレスに変更したところ、腰痛が改善されました。

このことから自分には、低反発は合わないと認識しています。

もし、慢性的な腰痛に悩まれている方は、マットレスの反発性を変更してみるのをおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団