バッシュ(バスケットシューズ)の選び方

このサイトは、バッシュ・テニシュなどスポーツシューズを中心に情報提供を行っています。

*

フェミニンなバッシュをお探しの方へ…「プーマ」人気モデルの解説

   

有名ブランドのバッシュといえば、ゴツイ印象・女性では履きこなせない…とイメージされがちではないでしょうか。

そのような理由からバッシュを避けているかた・ハイカットスニーカーをお探しのかたには、プーマのウィメンズシリーズがおすすめです。

ここでは、売れ筋定番モデルから、話題を呼んでいる最新作までご紹介していきます。

僕が絶対おすすめするバッシュ(バスケットシューズ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

プーマのバッシュの魅力

MBA選手が長らく愛用してきたプーマのバスケットシューズ。

男性向けと思いがちですが、パンプス疲れのある女性にも優しく、近年はよりデザイン性も高まっています。

反りの少ないフォルム

プーマのバッシュの特長は、つま先の反りかえりが少ないことです。

代わりに高弾力の素材を使用することで、つま先からの着地に対する衝撃を和らげる効果があります。

かといって重量感があるわけではなく、長時間の街歩きでも疲れが出ません。

ランニングにも最適で、正しいフォルムを得るまでの初心者~中級者にも人気があります。

日本人向けの大きめの木型

さらに述べると、他有名スポーツシューズメーカーと比べて、木型が大きめに作られているのも特徴。

女性がプーマのバッシュのなかから選ぶ場合、普段履いているサイズから0.5インチほど落として試着してみることをおすすめします。

外反母趾気味のかたも、親指の付け根・小指などが圧迫されるような感触を覚えにくく、さらには地面からの衝撃にもしっかり耐えてくれるため、非常におすすめできます。

スニーカー慣れしていないかたの最初の一足に最適と言えます。

コラボモデルも豊富で安価

有名ブランドとのコラボも頻繁に行っており、非常に人気があります。

限定モデルでも2~3万円ほどの安さで、発売から2~3日で完売してしまうこともほとんどです。

プーマ公式サイト・総合情報サイト「ファッションプレス」で毎シーズンごとのコラボが発表されているので、カジュアルスタイルにもこだわりを持ちたい方は是非チェックを。

僕が絶対おすすめするバッシュ(バスケットシューズ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

ユニセックスな印象の現行モデル

プーマのバスケットシューズの2つめの特長は、メンズ・ウィメンズシリーズで区別しながらも、ユニセックスなデザイン・普段履きを意識したものに進化していることです。

スカートやショートパンツとのコーディネートにもピッタリで、特有のゴツさも感じられません。

ここでは、現行の定番ウィメンズモデルを2つピックアップします。

ディスク ブレイズ

92年に発売されたものの復刻モデルで、流通量も多く・カラーの揃っている万能型スポーツシューズ。

靴ひものないダイヤル式で、甲高でひもが解けやすい・実はちょっとひも靴が苦手…というかたにもおすすめできます。

やわらかいナイロン製のインナーラインで、かかと~甲をがっつりとホールド。

つま先部分は余裕のある作りで、足指の可動域にゆとりがあります。

ビジュアルとしては、ランニングシューズとバスケットシューズのハイブリット型。

ソールにはプーマの代名詞ともいわれる「トライノミック」が使われており、薄めながらも衝撃吸収性の高いものが使われています。

お値段は公式ストアで17,280円(税込)。

バーゲンシーズンになるとあっという間に売り切れてしまう、大人気商品です。

定番のブラック・ホワイトが人気なので、是非チェックを。

フィナム スウェード

メンズ向けの新ラインナップに、ウィメンズサイズを追加したモデル。

デザイン性と機能性を両立させ、グリップ力・方向転換時の力強い動きをしっかりとサポートする、アクティブな女性向けの一足です。

こちらも靴ひもはなく、かかと周りのホールドを縦に通ったリボンで調整し、それをマジックテープ式のサポーターで固定するタイプ。

「マジックテープ式」と聞いて抵抗感を感じるかたもいらっしゃるかと思いますが、デザイン性は侮れません。

いかにも”脱ぎ履きが楽そう”といったチープな印象は全くなく、上質なスエード素材で高級感すらあります。

ソールのラインも女性的で、ゴツさのない優美なフォルムが特徴。

履き心地も、インソールのクッション性が極めて高く、偏平足でお悩みのかたにもおすすめ。

ソール裏面のグリップ力には自信があり、屋外スポーツや山道散歩にすら耐えてくれます。

お値段も12,960円(税込)とお安め。

グレーが一番人気です。

女性におすすめ「バレエ」とは

バスケットシューズの形状を生かしたシリーズ「バレエ」が話題を呼びました。

ヒールスニーカーブームの終焉に現れたシューズで、ヒールなしで足ラインの美しさにこだわった一品です。

ソールがつま先・かかと部分で2分割されており、パンプスのようなフォルムと耐衝撃性を両立。

かかと周りのグリップ力を高め、街歩きの快適さも追及されたモデルでした。

数量限定ではなかったものの、パリのモデル界に注目されてあっという間に完売。

すでに生産ラインも止まっており、希少品となっているバッシュです。

足元で全体のスタイルのバランスを整えたい・フェミニンな印象をどこまでも追及したいというかたは、是非お探しを。

都内各所のシューズ専門店でデッドストックが見つかるようですが、なくなるのは時間の問題です。

ついに新作登場・バッシュ型の「ミューズ」

前述した「バレエ」の正統後継モデル「ミューズ」がすでに登場しています。

こちらもソールは2分割、アウトソールに輝くワンポイントのメタルが特徴。

サイドのデザインはレース編みを想起させるような作りになっており、ひも靴の女性らしさをさらに引き出します。

正面から見ると丸く・跳ね上がったフォルムですが、カラーの配色で見事にスマートさを演出。

履いてみるとかなり大きめの作りで、普段履いているシューズのサイズから1インチほど落としても十分きれいに履きこなせます。

プーマのロゴも、「スニーカーっぽさ」を排斥するように慎ましく配置されており、ブランドを気にするかたにもぴったり。

足元を大きく見せてバランスを取りたい方、ちょっと近未来的で大人の女性らしさを演出したいかたにおすすめしたいシリーズです。

2017年末の在庫状況は

専門店でも、23.0~23.5インチは売り切れ続出の模様です。

ウィンターシーズンや新年セールの適用対象外となっていますが、定価でも12,960円(税込)とお安くなっています。

スカート・パンツそれぞれでサイズ感が異なって見えるため、試着の際はご自身が愛用しているボトムで向かうとよいでしょう。

若干小さめのサイズでも履きなれで対処できますが、大きめだとかかと周りのホールドが弱くなるので注意が必要です。

スポーツシューズ店での取り扱いの例は極端に少なく、直営店がおすすめできますが、サイズやカラーがどんどんなくなっているのが顕著。

なかでも、ブラックが一番人気であるようです。

トゥモローランドやジャーナルスタンダードなどの都内のセレクトショップ・あるいはサイズ感さえ分かれば通販で購入することをおすすめします。

もし店頭に在庫がない場合は、本記事中で紹介したウィメンズのバッシュで履き心地を体感できます。

まとめ

最新作「ミューズ」はもちろんのこと、プーマのバッシュの特長は、高級感・スマートなフォルム・日本人向けの木型と耐久修正に優れた独自素材にあります。

パンプスに疲れているかた、オフの日用のおしゃれなものをお探しのかたにはぴったり。

お値段もお手頃で、女性にとってうれしいポイントがたくさんあります。

是非公式サイト・スポーツシューズ店や直営店で、試着してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バスケットシューズ