腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛でお悩みの方におすすめ! マニフレックスのマットレスで快適な朝を迎えよう

   

一日の終わりに布団に入るとほっとしますよね。

良質な睡眠をとる事で、一日の疲れを癒し、次の日の活力を得ることが出来ます。

しかし、朝起きても体がだるい、腰痛を感じるという方はお使いのマットレスがあっていないのかもしれません。

腰痛でお悩みの方におすすめしたいのが「マニフレックス」のマットレス。

腰痛持ちの方もぐっすり眠ることができると好評です。

腰痛とマニフレックスのマットレスについてご紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

よく寝たつもりでも、朝がつらいのはなぜ?

良質な睡眠をとると、次の朝は体がリフレッシュされて、すっきりしているのを感じるはずです。

ところが、目覚めてすぐに腰痛を感じたり、腰回りにだるさを感じるという方は、寝ている姿勢に問題が見られることが多いです。

腰痛のある方にとって、「姿勢」はとても重要な問題。

朝起きても腰回りに違和感を覚える方は、適切な姿勢を保てずに眠っているのです。

そのため腰部に負担がかかり、すっきりと快適な朝を迎えることが出来なくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

人間にとって一番負担が少ないのは「立つ」姿勢

四足歩行をする動物は、体重の負荷が分散され、一点に集中しにくくなっています。

ところが人間は二足歩行。

本来なら、頭を支える背骨と下半身をつなぐ腰部には大きな負荷がかかるはずです。

しかし人間は進化の過程で、体の負荷を分散するように背骨を変化させてきました。

それが背骨の「S字」カーブです。

人間の背骨はまっすぐではなく、ゆるやかにカーブを描いています。

こうした形をとる事で、上半身の負荷が腰部に集中するのを防ぎ、分散させているのです。

そのため、人間にとって一番ラクに感じる姿勢は「立ち」姿勢です。

背骨のS字カーブを維持しやすくなるので、負荷が全身に分散され、余計な力を感じにくくなっているのです。

腰痛を感じるという方は、この背骨の「S字」カーブが崩れて、腰部への負担が増大しているのです。

腰部に負担が増えると腰痛になるのはなぜ?

頭部を支える背骨は、緩やかなS字カーブを描くことによって負荷を分散させるとともに、飛んだり跳ねたりといった動きの衝撃を吸収する役割もあります。

この背骨の間には「椎間板」と呼ばれるクッション的役割を果たすものがあり、様々な動きで骨同志がぶつかるのを防いでくれます。

椎間板があるおかげで、背骨はある程度伸縮性があり、曲げたり伸ばしたりの動きがしやすくなっているのです。

しかしこの椎間板は老化が早く、35歳以降にはクッションとしての効果が弱まってしまいます。

体の動きに対する衝撃を吸収しきれなくなることにより、骨同志がぶつかり、腰痛を引き起こしやすくなるのです。

椎間板の機能が弱まったところで腰部への負担を増やすと、腰痛が発生しやすくなります。

姿勢が悪いと腰部への負担が増大する

人間にとって一番ラクな姿勢が立ち姿勢というのは前述のとおり。

腰部にとって一番負担となるのが「座る」姿勢です。

座っているとラクに感じますが、腰部への負担は立っている時の2倍以上。

特にデスクワークで一日中机やパソコンに向かっている方は、体が前のめりになりがちです。

この姿勢を長く続けると、背骨の理想的なカーブがくずれてしまい、腰部への負担が増大します。

35歳以降はクッション機能を果たす椎間板も衰えてくることから、腰部への負担はさらに大きくなり、腰痛を引き起こしやすくなっているのです。

以下のような姿勢でデスクワークに取り組んでいる方は、気をつけましょう。

  • 猫背
  • 脚を組む
  • 体をそらす
  • 片肘をつく

一日中デスクワークをしているという方は、一時間に一度は立ち上がり、軽くストレッチすることがおすすめです。

寝ている時の姿勢も重要!

一日の終わりに布団に入る時は、何も考えたくないものです。

しかし、腰痛のある方は寝る時も「姿勢」に注意することが重要。

寝ている時も、腰部に負担をかけにくいのは背骨の「S字」カーブをキープした状態です。

体を横たえた時に背骨のカーブが崩れてしまうようなマットレスですと、腰痛が悪化する恐れがあります。

腰痛のある方のマットレス選びとは?

腰痛のある方がマットレスを選ぶ際は、「寝心地がいい」とか「気持ちいい」といった観点から選ぶのはおすすめしません。

腰痛を感じるなら、いかに腰部への負担が少なく眠れるかを考慮するのが重要です。

眠っている間も背骨のS字カーブをキープし、腰部への負担を軽減してくれるものを探しましょう。

腰部への負担が少ないマットレスとして人気があるのが「マニフレックス」です。

豊富なバリエーションから、自分にぴったりのマットレスに出会えるでしょう。

マニフレックスってこんなブランド!

マニフレックスは、世界最大の寝具ブランド。

すべての製品はイタリアの向上で一貫生産され、世界90カ国以上に輸出されています。

年間に販売されるマットレスはなんと400万台。

世界中で3500万人もの人に愛用されているのです。

マニフレックスの創業は1962年。

寝具ブランドとして50年以上の歴史を持つ、名門ブランドなのです。

マニフレックスのマットレスの最大の特徴は…「エリオセル」!

「エリオセル」とは、マニフレックス社が独自に開発した次世代高反発フォームのこと。

体を横たえると、背中・腰・おしりにかけての自然なカーブにそって体全体を受け止め、適度な反発力でしっかりと支えあげてくれます。

マニフレックス社のマットレスに横たわると、体は負担の少ない「立ち」姿勢と同じフォームになります。

そのため腰部への負担が少なく、「理想的な睡眠姿勢」をキープしたまま眠ることができるのです。

正しい姿勢で眠る事で、いつでも快適な睡眠を得ることができます。

この次世代高反発フォーム「エリオセル」は、マニフレックス社の全ての製品に使用されています。

スプリングマットレスよりも、軽量!

今までマットレスの主流は「スプリング」タイプでした。

しかし現在の主流は「スプリングレス」のマットレス。

特にエリオセルは生産の際にも廃棄の際にも有毒な物質を発生させません。

自然環境に優しい取り組みが徹底されているのです。

さらに嬉しいのは、その軽さ。

従来のスプリングマットレスは、シングルタイプでも一人で動かすのは大変な労力が必要でした。

しかし、次世代高反発フォームであるエリオセルは、女性でも一人で簡単に動かせるほどの軽さです。

シーツの取り換えや、マットレスの移動に手間をかける必要がありません。

温度差の影響を受けにくい

低反発素材のマットレスは、寝心地は快適ですが、温度変化の影響を大きく受けてしまいます。

夏はフニャフニャ、冬はカチカチ。

安定した寝心地を得ることが難しいのです。

ところがマニフレックスの「エリオセル」は温度による影響をほとんど受けません。

ですから、オールシーズン快適で安定した寝心地をキープすることができるのです。

フラッグ・FX マニフレックス

マニフレックスを代表するフラッグシップモデルです。

エリオセルよりも柔らかい感触が特徴の「エリオセル・マインドフォーム

を側生地の上下2㎝に使用。

本体には18センチのエリオセルを採用しています。

体を横たえると、肌当たりはしっとりと柔らかく、快適そのもの。

それでいて沈み込んだ体をしっかりとサポートして支えあげてくれます。

腰部への負担が集中しにくく、理想的な寝姿勢で眠ることができます。

まとめ

腰痛のある方にとって重要な「姿勢」。

眠る時も、理想的な背骨のS字カーブを崩さずにキープすることが重要です。

マニフレックスのマットレスなら、肌当たりは優しいのに、体をしっかりと支える反発力があるので、腰部に負担をかけにくくなっています。

購入してみたいけれど、失敗したら嫌だと躊躇している方は、そんな心配は不要。

マニフレックスには長期保証がついています。

ご紹介した「フラッグ・FX」は12年の保証期間つき。

何かあっても、迅速に対応してもらえます。

腰痛にお悩みで、すっきりした目覚めが欲しいかたは、マニフレックスのマットレスからお好みを見つけてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団