ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

ランニングタイツを使うとどんな効果が得られる?注目したい5のポイント

   

ランニングタイツは、走ることをサポートしてくれる便利なアイテムであり、ジョギングやマラソンなどで重宝されています。

しかし、走り始めたばかりの初心者だと、「このタイツにそれほど優れた機能があるの?」と疑問を感じたりするものです。

ここでは、ランニングタイツを履くとどのような効果があるのか、詳しく説明していきます。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

疲労の軽減

ランニングやマラソンなどをするときは、疲労の蓄積を防ぐことが大切です。

運動すると疲れるのは当たり前ですが、あまり疲れると、長い距離を続けて走れなくなったり、終わった後も長く引きずったりするので、ひどく蓄積するようなことは避けなければなりません。

そんなときは、ランニングタイツの出番です。

ランニングタイツは、体にぴったりと密着して適度に締めつけることで、疲労回復の効果を発揮してくれます。

ここで重要になるのが、筋肉の揺れを抑えることです。

走るときに筋肉が無駄に揺れ動いていると、それだけ疲れが大きくなってしまいます。

疲れないようにするためには、そうした揺れを減らし、できるだけスマートに走らなければなりません。

とはいえ、「筋肉の揺れが少ない走り方をする」というアドバイスがあったとしても、それを自分の力だけで行うのは無理があります。

特に、まだフォームが安定していない初心者の場合は、無駄な動きが多くなりがちであり、うまく揺れを抑えられずに困惑してしまうものです。

しかし、ランニングタイツを使えば問題はありません。

ランニングタイツを履いて走ることで、筋肉が圧迫され、揺れを最小限に抑えた状態で走ることができるのです。

血流をよくする

ランニングタイツの中には、筋肉の揺れの軽減だけでなく、血の流れをよくすることで疲れを抑えるタイプもあります。

着圧ランニングタイツと呼ばれるタイプのものは、足首から太ももへかけて段階的に締めつけることで、筋肉ポンプの働きを正常に保つことができるのです。

血を運ぶための筋肉のポンプは、走るときに圧力が外側へぶれることで、正しく動かなくなることがあります。

そうなると、血流が滞ってしまい、疲れがたまりやすくなります。

着圧ランニングタイツは、段階的な締めつけを行うことで、外へ向かいがちな圧力をしっかりと内側へ抑え込み、筋肉ポンプの働きに支障が出ないようにしてくれるのです。

筋肉ポンプが本来の正しい役割を取り戻せば、血の流れがスムーズになり、疲れがたまりすぎることもなくなります。

疲れを和らげてマラソンのタイムを縮めたいときや、長く疲労を引きずりたくないときなどは、ぜひ使ってみてください。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

関節のサポート

ランニングやマラソンなどで最も注意すべきポイントとしては、膝への過剰な負担があります。

膝の関節にかかる負担が大きくなると、足を痛めてしまい、走ることができなくなるのです。

怪我をしていたのでは、走るときだけでなく、普段の生活の中でも、いろいろと困ることが出てくる可能性もあります。

そのような事態を避けるためには、ランニングタイツがおすすめです。

ランニングタイツの適度な締めつけは、膝関節へのダメージを軽減するためにも役立ちます。

これは、膝を安定させることができるからです。

ぴっちりしたランニングタイツを履くと、テーピングをしたときのように、膝の関節や筋肉がしっかり支えられることになります。

その状態で走っていれば、膝にかかる負担を軽減することができるため、怪我をしにくくなるのです。

安全に走るためにも、ランニングタイツを積極的に利用していきましょう。

姿勢を安定させる

走るときの怪我を防ぐためには、なるべく姿勢を崩さないことも重要です。

先述したように、初心者はフォームが安定しないことも多いですが、よくない姿勢のまま走り続けていれば、当然足には負担がかかります。

足に余計な負担をかけないように、きちんと姿勢を安定させておくには、ランニングタイツによる圧迫が最適なのです。

ランニングタイツを履いて下半身を締めつけていると、骨盤が安定するようになるため、走るときの姿勢が崩れにくくなります。

そのため、走ることに慣れていない初心者であっても、あまりおかしな姿勢になることはありません。

比較的きれいなフォームを保っていられるため、足への負担が減り、怪我のリスクも回避することができます。

フォームが安定すれば疲れの軽減にもつながるので、できるだけ快適に走りたいときは、ランニングタイツの導入がおすすめです。

皮膚の保護

ランニングタイツを履くことで得られるメリットは、体の圧迫にかかわることだけではありません。

皮膚を覆い隠してくれる点も、見逃せないポイントになります。

屋内でランニングマシンを使うのではなく、普通に外を走る場合は、紫外線の浴びすぎに注意が必要です。

紫外線の対策をまったく行わず、肌をただ剥き出しにして走ったりすると、夏の時期はもろにダメージを受けることになります。

ひどい日焼けなどを防ぐためには、ランニングタイツを着用してから走るようにしてください。

ランニングタイツの多くはUVカット機能を備えているため、紫外線から肌を守るには、とても便利です。

紫外線が気になるようだと、走ることを躊躇してしまうこともありますが、ランニングタイツを使っていれば、肌トラブルの心配はありません。

肌をしっかり保護して、どんどん体を動かしましょう。

冬も忘れずに

紫外線の対策は、日光が強く降り注ぐ夏だけに必要なものと思い込む人もいますが、たとえ冬であっても油断してはいけません。

冬でも、晴れた日には普通に紫外線が当たってしまうので、何も対策をしていない場合、肌に負担をかけることになるのです。

肌を確実に守るためには、冬もきちんとランニングタイツを使うようにしましょう。

温度調節

ランニングタイツを履いて走ると、温度の面でもメリットがあります。

冬に外を走るときは、寒さのために筋肉が硬くなり、うまく動かなくなることが多いものです。

これは怪我の原因になるポイントなので、なんとか保温する方法を考えなければなりません。

そんなときに役立つのが、ランニングタイツの保温機能です。

素肌を晒したまま走っていると、どうしても冷えやすくなってしまいますが、優れた保温機能をもつ冬用のランニングタイツを履いていれば、その心配はありません。

冬の冷たい風をしっかりと防ぎ、筋肉が硬くなることを防いでくれるのです。

夏は涼しく

ランニングタイツの保温機能について知っていると、「夏になったら履かないようにしよう」と誤解してしまうこともありますが、きちんと適切なものを選んでいれば問題はありません。

確かに冬用のものは使えなくなりますが、夏用のランニングタイツであれば、汗の吸収と発散をしっかり行ってくれるため、体温を下げる効果が期待できるのです。

季節に合ったランニングタイツを使い、温度のデメリットを防いでいきましょう。

気分を高める

少し意外ではありますが、ランニングタイツを履くことによるメリットには、精神的なものもあります。

ぴっちりと体にフィットするランニングタイツを着用すると、「これで運動をする準備が整った」という感覚を強めてくれるため、モチベーションの向上につながります。

つまり、ランニングタイツによる下半身の締めつけで、スイッチを切り替えるということです。

自分の好きなデザインのものを使うと、さらにやる気が出ることもあるので、うまく利用してみてください。

まとめ

ランニングタイツについてあまりよく知らない場合、「本当に必要なのか?」「何を履いても大して違いはないのでは?」と考えてしまうこともありますが、決して役に立たないものではありません。

ここで紹介したように、ランニングタイツを履くことで得られるメリットはたくさんあります。

少しでも気になるものがあったら、購入を検討してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ