エアロバイクって本当おすすめ

このサイトはエアロバイク(スピン・リカンベントも)を中心とした健康器具に関する情報提供を行っています。

*

ランニングマシンと外のランニングはどっちがおすすめ?

   

ランニングは、身体によいことはもちろんのこと、心の状態までも健康にしてくれる、すごく効果的なものです。

でも、そんなランニングをするやり方は、二通りあります。

一つはランニングマシンを利用するやり方、もう一つはただただ外をランニングするというやり方です。

ではそれらの二つのやり方のうち、効果的なのはどちらになるのでしょうか?

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

ランニングマシンのメリットは必ずできること

ランニングマシンとランニングの最大の違いは、それをする場所の違いです。

ランニングは、ほとんどの場合で外で行うものになります。

人によっては、体育館の中をランニングしているという方もいるかもしれません。

でもそれはまず間違いなく特殊な例です。

なので多くの場合は外を走ります。

逆にランニングマシンの場合は、完全に室内です。

それが、最大の差なのです。

そして室内で走るものであるということがランニングマシンにメリットを生みます。

室内であれば、天候に左右されたり、気温に左右されたりすることはまずありません。

だから、走りたいときに必ず走ることが出来るのです。

屋外は走りたくても走れないことがある

反対に屋外でのランニングの場合には、自分の気持ち的には走りたいと思っていても、雨が降っていたり、あるいは気温がすごく寒すぎて外に出た瞬間やる気がなくなってしまったりすることがあります。

最初やる気があったのに、そうして自分の意志とは裏腹に走ることが出来なくなってしまった時、次にまた同じだけのモチベーションに持っていくのはすごく大変です。

つまり、走りたくても走れないせいで、そのままランニング自体を辞めてしまう可能性が出てくるのです。

もちろんそれは、1回走りたくても走れないことがあったからといって、そこですぐに起こるわけではありません。

でも、それは何回も続くことが起こりえます。

そうして何回かそれが続けば、まず間違いなくやる気はなくなっていってしまいます。

ランニングマシンであれば、まずそうなることはありません。

その点でみれば、ランニングマシンにはかなりのメリットがあります。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

屋外で走るのは飽きづらい

ただランニングマシンにもデメリットはあります。

それが、景色が変わらないという点です。

ランニングマシンは、確かに自分としては走っています。

でも、景色はまったく変わらないのです。

だから、走っていて飽きてしまう可能性も高いです。

では屋外のランニングの場合はどうでしょうか?

屋外のランニングの場合には、必ず景色は変わります。

なので、季節の移り変わりによる空気や木々の変化などを楽しみながら走ることが出来ます。

それは、それだけで一つの楽しみになるでしょう。

そういう点で見れば、屋外ランニングにも続けられるだけのメリットはあります。

コースも自在に変化させられる

屋内ランニングの場合は、同じところをただ走っているだけですが、屋外ランニングの場合には、コースだって自在に変えることが出来ます。

たとえば、今日は気分的にあっちを走りたいからあっちを走るとか、そろそろ桜が咲きそうだからあっちを走ろうとか、そういうこともできるようになるのです。

そんな風に自在にコースを変えることが出来るようになれば、ますます飽きずに走ることが出来るようになります。

飽きないというのは、一つの大きなポイントです。

ランニングは、何の目的で走るにしても、ある程度長い間続けないと効果が出ないようなものになります。

そんな風にある程度長い続けるためには、飽きないことが大切です。

でも、屋内のランニングの場合は、飽きないためのメリットのようなものはありません。

自分なりに飽きないために工夫をしないとならないのです。

しかもその工夫も難しい。

屋外ランであれば、工夫しなくても楽しめるし、簡単に出来る工夫でも楽しめる。

この差は大きいです。

ランニングマシンは身体への負担が少ない

ランニングマシンは、下が多少走りやすくなっています。

そもそもランニングの為に作られた機械なのですから、多少走りやすくなっているのは当然なのです。

では屋外のランニングの場合はどうでしょうか?

屋外のランニングの場合、走るところの下は、9割以上の確率でコンクリートになります。

コンクリートは当然ながら走るための道ではありません。

なので、固いです。

そんな固いところに、足を打ち付けて行うのがランニングです。

その分靴がショック吸収力っが高くなっていたりはするかもしれませんが、それでもそれを履いて室内で走る方が、身体にかかる負担ははるかに少ないです。

怪我やカラダの不調で辞めてしまうことも多い

ランニングを辞めてしまうはいろいろあります。

たとえば先に挙げたように、モチベーションを折られることが続いてそのせいで辞めてしまったり、あるいは時間が取れなくなってやめてしまうということもあるものです。

それらと同じくらいに、カラダの問題で辞めてしまうこともあるのです。

たとえばケガをしたら、長期間走るのが難しくなります。

そうなればそれまでにつけていた体力もすべてなくなってしまいます。

そこからまた新しく始めるのには、かなり高いモチベーションが必要になるのです。

でも、なかなかそんな高いモチベーションをもっている方はいません。

結果、辞めてしまうというわけです。

あるいは、そこまで深刻でなくとも、なんとなく足が痛いなくらいでも走る気はなくなるものです。

そんな日々が続けば、結果怪我と同様にまた走り出すのは難しくなります。

ランニングマシンのようにやわらかいところを走れるのであれば、そうなるリスクはかなり軽減できます。

屋外は一人で集中して走ることが出来る

ランニングマシンで走る際には、隣で誰かが走っていることもあります。

そしてそれは、ちょっとの時間ではありません。

ランニングマシンは、基本的にはある程度長くのるものになります。

ある程度長く乗るということは、同じくらいのタイミングで使い始めたら、そこからずっと一緒に走らないとならないということです。

それは、すごく気が散るものです。

あるいは相手の方がペースが早かったりしたら、負けた気になって気持ちが下がるということもあります。

でも、屋外ランであればそうなることはありません。

屋外では基本的に1人です。

割と頻繁には人とはすれ違うでしょうし、人に抜かれることもありますが、それも一瞬のことです。

ずっと併走されるということはまずありません。

だから、集中して走ることが出来るのです。

ただし1人で走るのにはリスクもある

ランニングマシンのように人が近くにずっといれば、たとえば走っている途中に怪我をした時に助けてもらえるというメリットもあります。

逆に屋外ランのように一人で走ると、何かあったときに誰も助けてくれない可能性も出てきます。

それはリスクです。

さらに一人で走るときには、危ない人に会う可能性があるというリスクもあります。

男性であればあまり問題はないかもしれませんが、女性の場合はこれは非常に重要な問題です。

女性の場合はとくに、屋外で走るよりもランニングマシンを利用することをおすすめします。

まとめ

ランニングマシンにも屋外でのランニングにもそれぞれのメリットがあります。

しかし、屋外でのランニングよりもランニングマシンの方が安全でありリスクが少ないというのは確かです。

だから、特に女性の場合はランニングマシンを活用するのが良いでしょう。

男性の場合でも、慣れていない方にはまずはランニングマシンから始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングマシン・ルームランナー