ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

ベイトリールの調節方法

   

ベイトリール

ベイトリールを使ってみたいけど、スピニングリールと違って色々な調節があってどうしたらいいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

ベイトリールにはドラグの他に、2種類のブレーキがあり、スタイルや環境によって変えなければいけません。

こう書くと難しそうに見えますが、ちょっとしたコツをつかめばこれらの調節は簡単にできるようになります。

そこで今回は、ベイトリールの調節方法をご紹介いたします。



私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ドラグの調節

スピニングリールには、一定以上の力でラインが引っ張られるとスプールが回転して自動的にラインを出して切れるのを防ぐドラグがあります。

当然ベイトリールにもドラグがありますので、まずはドラグの調整をしましょう。

スピニングリールではドラグはスプールの上のツマミを回して調節しますが、ベイトリールの位置は違います。

ベイトリールはハンドルの根本についているスター型のノブを回して調節します。

ドラグの調節の具合自体はスピニングと変わらず、バネ秤を使うか、なければラインを手で引っ張ったりして調節してください。

中にはベイトリールのドラグは限界まで締めてしまう人も少なくありません。

ベイトリールはバス釣りなどにおいて水草などの障害物周りを攻めるのに使われることが多く、魚がかかった時に素早く障害物から引き離すのに有利という特徴があります。

また太いラインを扱いやすいという特徴もあるので、ドラグを出すよりは力で一気にねじ伏せるように釣るという用途で使われることが多いのです。

またベイトリールは片手でクラッチを押してスプールフリーにできるので、これをドラグの代わりに使う人もいます。

障害物周りを主に狙うなら、太めのラインを使い、ドラグは締めきってしまってもよいでしょう。

それ以外の場合はしっかり調節した方が、魚の急な走りなどに対応しやすくなります。



私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

メカニカルブレーキの調節

ドラグを調節したら、次はメカニカルブレーキを調節しましょう。

メカニカルブレーキはハンドルの根本近く、スプールの直線上にある小さな丸いダイヤルです。

メカニカルブレーキは締め込むとスプールを反対側に押し付ける構造になっています。

限界まで締めると、スプールをフリーにしてもルアーは落ちていきません。

まだキャストに慣れていない頃は、スプールフリーにしてロッドを振ったらルアーが落ちるぐらいに調節します。

この状態で後述のマグネットや遠心ブレーキをかけた状態で投げると、サミングをしなくてもほぼバックラッシュは発生しません。

しかしスプールを押さえつけていることには変わりないので、当然飛距離はかなり落ちてしまいます。

慣れてきたら少しずつ緩め、サミングで補うようにしていってください。

というのも、締めた状態のままだとピッチングもできませんし、キャスト後のフォーリングもカーブ気味になってしまい、狙ったところを探りにくくなります。

ベイトリールを普段使っている人の多くは、特定の場合を除き、スプールが横にガタつかないギリギリのところでやっていますので、少しずつ緩めながら練習していってください。

マグネット・遠心ブレーキの調節

最後にもうひとつのブレーキを調節します。

ベイトリールにはマグネットブレーキ搭載のものと、遠心ブレーキ搭載のものとがあります。

マグネットブレーキはその名の通り磁石で回転を抑えます。

遠心ブレーキはスプールに取り付けられたコマが回転した時に遠心力で外側に移動し、その摩擦抵抗で回転を抑えるというものです。

どちらも、高回転の時にブレーキが強くかかり、低回転ではブレーキが弱くなるといった特徴があります。

ただ遠心ブレーキは本体を開けて微調節をしなければならないので、初めてのベイトリールであれば、ダイヤルを回すだけで調節できるマグネットブレーキをおすすめします。

ここではマグネットブレーキの調節について書きます。

調節の仕方は、メカニカルブレーキの調節をしたら、マグネットブレーキのダイヤルをMAXに合わせます。

後はキャストしながら、バックラッシュが起こりやすくなる寸前まで、少しずつダイヤルを下げていきながら調節していきます。

最初にMAXに設定しているのは、風などの状況によってブレーキの効きを変えるためです。

慣れればある程度見当をつけてダイヤルを合わせられますが、最初のうちはMAXで様子を見ることをおすすめします。

まとめ

以上、ベイトリールの調節方法をご紹介してきました。

ベイトリールの調節は、最初はきつめにして、徐々に緩めていくのが基本です。

ブレーキは、強くすればするほど飛距離が落ちてしまいます。

飛距離を伸ばすには、サミングを覚えて自分でスプールの回転を調節できるようになることが必須です。

難しいように思えますが、サミングさえできるようになれば、実はスピニングリールよりもトラブルが少ないのがベイトリールなのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ベイトリール