ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

今日からあなたもエギンガー!?エギングロッドを選ぶ方法

   

ダイワ  ロッド リバティクラブ エギング 862M

エギングは、ルアーの初心者にもベテランにも、大人気のイカの釣り方です。

エギングロッドが一本あれば、「爽やかな青空!」「輝く海!」「次々と釣れるアオリイカ!」その上、釣りたての新鮮なアオリイカを食べられます。

刺身はもちろん、イカのフライ、バター焼き、焼きそばにパスタ、スルメに一夜干しに・・・夢は拡がるばかりですが、エギングロッドを買うには、どんなことを考えておけば良いのでしょうか?



私が絶対おすすめするエギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

①エギングロッドは、いくらから買えるもの?

最近、話題のエギングとは、日本のイカ釣り漁師の技術から生まれた、アオリイカの釣り方。

季節によって場所によって、さまざまな動きをするアオリイカを、「エギ」と呼ばれるルアーで誘って釣り上げます。

そのエギングに欠かせないのがエギングロッドですが、いざ買おうと思うと、よく判らないのが価格。

エギングロッドを買いたいときには、どれくらいお金がかかるものなのでしょうか?

お手軽価格のエギングロッドはある!?

エギングロッドは、メーカーなどにこだわらなければ、5000円前後から購入可能です。

「エギングが初めて」とか、「たまにしか行かないから、お手軽価格のエギングロッドが欲しい」という人の場合、ちょうどよいのではないでしょうか。

よく話題になるのが「プロマリンCBプロフィットエギングセットSV80」。

数千円で購入できるエギングロッドで、「性能もそれなり」と言われてしまうこともあるのですが、なにしろ価格が気軽なので、気がねなく遊べます。

それに、親が子供にエギングロッドを買ってあげたいとき、ちょうど良いという話もあるそうです。

これは、子供にエギングロッドを与えても、海遊びに夢中になったり、砂浜で転んだりして、壊してしまうことが多いため。

家族でエギングに出かけたいとき、お子さんにはお手軽価格のエギングロッドを持たせるほうが安心、というわけです。

エギングロッドの予算を1万円にすると!?

「5000円のエギングロッドは心細い・・・」という場合(そうでもないんですが)、予算を1万円に設定すれば、かなり良いものが買えます。

おすすめは「メジャークラフト ロッド ファーストキャスト エギングFCS-862E」。

実際には1万円もしません。

お店や購入方法によっては6000円台で購入することができます。

それでも中級者・上級者の大半が納得する、充分な性能を持っているのです。

ただし「同じ1万円の予算で買うなら・・・」と、別の商品を提案する人も多いかも。

予算を1万円にすると、購入できるエギングロッドの種類が膨大になりますから、人によって意見が分かれる可能性が高いのです。

これを逆に考えると、「予算が1万円もあれば、あらゆる種類のエギングロッドを選べる」ということになります。



私が絶対おすすめするエギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

②最高級のエギングロッドの価格は?

「予算無制限で、最高級のエギングロッドを購入したい!」という人には、10万円近い価格帯のものがあります。

(購入方法やお店によって価格が違います)たとえば、エギングロッドの最高峰と言われる「ダイワエメラルダスEX AGS 88L/M-SMT(84000)」。

「アオリイカを釣るために10まんえんっ!?」と驚かれるかもしれませんが、少しも不思議ではありません。

品質の良い車は、発進がスムーズで、コーナリングがなめらかで、自分の意のままにブレーキングができます。

品質の良いエギングロッドを操作すると、これと似た気分が体感できるのです。

シャクるとシャクった通りに、エギングロッドの動きがついてくる。

自分のイメージした通りに、エギが動いてくれる。

どんなイカと対決しても、自由自在に対応して、勝利することができる!

これがもう、エギングをきわめた人にとっては、こたえられない達成感らしいのです。

初心者も高級品を買った方が良いの?

釣りのベテランの中には、「5000円前後のエギングロッドは、安すぎて性能がイマイチ」「初心者は高級なエギングロッドを購入した方が良い」という意見の人がいます。

高級なエギングロッドは、取り回しがスムーズで、一日中操作しても苦になりません。

糸が絡んでしまうなどのトラブルも、ほとんど発生しません。

そこで「初心者はむしろ、高級なエギングロッドを使った方が負担が少ないのでは?」という考え方があるのです。

しかし、初心者がいきなり高価なエギングロッドを買うと、「ちょっとエギングをやってみたいだけなのに・・・」と気が重くなってしまいます。

まずは気軽な価格帯のものから始めて、「もっと高いのが欲しいな」と思ってから次を買っても、ちっとも遅くありません。

③エギングロッドの重さ・長さ・硬さの選び方は?

エギングロッドの予算を決めたら、「重さ」「長さ」「硬さ」の3つをポイントに、どれを買うか考えます。

もっとも気をつけたいのが「重さ」。

つまり、エギングロッドを持った時、軽いと思えるかどうかです。

エギングロッドは一日中振り回して使うものなので、重いものを選ぶと辛くなります。

次に「長さ」。

一般的には、8~8.6ftを選べば良いと言われています。

特殊な環境の釣り場ならともかく、堤防釣りなど普通にでかけられる範囲の釣り場は、ほとんどカバーできると言われているのです。

これより長いエギングロッドは、より遠くへ投げやすくなりますが、長いだけに扱いにくく、重量も増えてしまいます。

これより短いエギングロッドは、手のアクションが伝わりやすく扱いが簡単ですが、ちょっとでも遠いと届きません。

エギングロッドの「硬さ」もポイントです。

材質が硬すぎると折れやすいので、少し柔軟性があった方が良いとされています。

ただし、あまりにも柔かいと、エギングロッドに手の動きが伝わりにくく、疲れてしまいます。

④エギングロッドは、イカ釣りしかできないの?

「エギングロッドを買ったから、アオリイカしか釣れない・・・」と思いこむ人が多いようです。

これは、エギングロッドがアオリイカ専用の道具だと思われているから。

しかし「エギングロッドは、アオリイカを釣るのに使われることが多い」というだけで、「アオリイカ以外の釣りをやってはいけない」ということではありません。

実際のエギングロッドは使い勝手がよく、あらゆる釣りに使えますから、ぜひチャレンジしてみてください。

ヤリイカやコウイカ、スルメイカなど、アオリイカ以外のイカも釣ることができます。

アジやイワシ、サバやカンパチ・・・イカ以外の魚も、普通に釣れるそうです。

エギングのイカの美味しさの秘密!?

初心者もベテランも、エギングの大きな楽しみは、頑張って釣ったアオリイカを食べること。

「美味しくてしょうがない」「このためにエギングをやっているようなもの」という感想が多いのですが、なぜそんなにも美味しいのか、明確な理由があります。

イカは栄養豊富な食品で、代表的な栄養素は「タウリン」。

ドリンク剤に入っているアレです。

タウリンの健康効果といえば、疲労回復効果!

海まで出かけて、1日中エギングした後に、タウリンいっぱいの釣りたてのアオリイカを食べる。

これ以上に美味しいイカの食べ方はないかもしれません。

エギングロッドは1万円もあれば、充分な性能のものを購入できます。

気軽に買って、タウリンいっぱいのイカをたくさん釣ってください!

まとめ

エギングロッドを買うときのポイントは、「重さ」「長さ」「硬さ」。

予算は5000円から1万円もあれば充分なので、あまり気負わずに買うことができます。

「釣り道具は高級品」というイメージがありますが、エギングロッドは気軽にチャレンジできる価格帯です。

新鮮なイカをたくさん釣って、天然のタウリンをいっぱい摂ってください!

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - エギングロッド