エアロバイクって本当おすすめ

このサイトはエアロバイク(スピン・リカンベントも)を中心とした健康器具に関する情報提供を行っています。

*

ダイエットではランニングマシンと筋トレどちらを先にやると効果的?

   

Win.Max(ウインマックス)5連式チューブエキスパンダー  フィットネス トレーニング 筋トレ 皮膚挟み防止用カバー付き

ダイエットには有酸素運動が効果的ですが、筋肉トレーニングも効果的です。

そのため、ランニングマシンや筋トレ器具を使用してダイエットに励んでいる方は多くいます。

それでは、ダイエットをする場合、ランニングマシンと筋トレ、どちらを先に行うと良いのでしょうか?

また、筋肉をムキムキにしたい場合は、どちらを先に行うと効果的なのでしょうか?

ここでは、ダイエットや筋肉を大きくするのに最適な、ランニングマシンと筋トレを行う順番を説明していきます。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

ダイエットに効果的なのは「筋トレ→ランニングマシン」

ダイエットでランニングマシンと筋トレを行う場合、始めに筋トレを行い、その次にランニングマシンを使用すると良いです。

「筋トレ→ランニングマシン」の順番でトレーニングをすると、脂肪燃焼効果を引き出しやすくなります。

ダイエットで、ランニングマシンを先に使用し、その後、筋トレをしている方は、行う順番を逆にしてみましょう。

順番を変えることにより、ダイエット効果が高まりやすくなります。

「筋トレ→ランニングマシン」が脂肪燃焼に効果的な理由

筋肉トレーニングをすると、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

成長ホルモンは睡眠時に多く分泌され、身体の成長や修復を促すことで知られていますが、筋トレをしても分泌されます。

筋トレをすることで分泌される成長ホルモンには、脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。

つまり、筋トレによって成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃焼されやすい状態でランニングマシンによる有酸素運動を行えば、効率的に脂肪を燃焼させることができるのです。

そのため、ダイエットが目的の場合は、ランニングマシン使用後に筋トレをするよりも、ランニングマシンを使用する前に筋トレをした方が効率的です。

脂肪燃焼効果に効果的な理由をもっと詳しく解説

筋トレをすることで成長ホルモンが分泌されると、「リパーゼ」という酵素の働きが良くなります。

そのリパーゼには脂肪を分解する働きがあり、体内に蓄えられた脂肪を遊離脂肪酸に分解し、血液の中に放出します。

血液の中に放出された遊離脂肪酸は、血液によって運ばれていき、エネルギーを生成するミトコンドリアという細胞小器官に取り込まれます。

そして、ミトコンドリアで遊離脂肪酸がエネルギーに変換されることで、遊離脂肪酸は燃焼されていきます。

そのような仕組みから、筋トレをした後は脂肪が燃焼されやすい状態になります。

ランニングマシンでは、ウォーキングやランニングをすることができますが、それらの有酸素運動は、糖質や脂質をエネルギーとして使用します。

ウォーキングやランニングをすると、始めは糖質をエネルギーとして使用し、徐々に脂質がエネルギーとして使用されるようになります。

ランニングマシンを使用する前に筋トレを行えば、成長ホルモンが分泌されることにより、脂肪が燃焼されやすい状態にすることができます。

つまり、ランニングマシンによる運動を開始した時から、脂質がエネルギーとして使用されやすい状態になるのです。

そのため、ダイエット目的でランニングマシンと筋トレを行う場合は、筋トレを行ってからランニングマシンを使用した方が効率的に痩せる効果を期待することができます。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

「ランニングマシン→筋トレ」という順番はどうなのか

ダイエットが目的でランニングマシンと筋トレを行う場合、「筋トレ→ランニングマシン」なら効果的なのですが、「ランニングマシン→筋トレ」にすると効率的ではありません。

トレーニングを行う順番が「筋トレ→ランニングマシン」なら、筋トレで成長ホルモンが分泌され、脂肪燃焼を高める効果を期待することができます。

一方、「ランニングマシン→筋トレ」だと、筋トレをすることによって分泌される成長ホルモンの効果を得る前に、マシンで有酸素運動をすることになります。

そのため、ダイエットが目的の場合は「ランニングマシン→筋トレ」という順番はおすすめできません。

筋肉をムキムキにするのにも最適ではない

筋肉をムキムキにして大きくしたい場合も、「ランニングマシン→筋トレ」という順番はおすすめできません。

ランニングマシンでトレーニングをすると、多くのエネルギーを消耗し、かなり疲れてしまいます。

疲れている状態で筋肉トレーニングをすると、力を十分に発揮することができなくなるため、筋トレの質が低下しやすくなります。

筋トレの質が低下すると、筋肉に十分な負荷を与えることが困難になります。

そのことにより、効率的に筋肉をムキムキのバキバキにすることができなくなります。

効率的に筋肉をつけて脂肪を燃焼させたい場合は、始めに筋トレを行い、その次にランニングマシンを使用すると良いでしょう。

ダイエットの場合はランニングマシンの使用を多めにする

痩せるのが目的の場合は、筋トレよりもランニングマシンでのトレーニングの方を多めに行いましょう。

筋肉トレーニングは無酸素運動になり、ランニングマシンでのウォーキングやランニングは有酸素運動になります。

有酸素運動の方が脂肪燃焼効果は高いため、ダイエットの場合は筋トレよりもランニングマシンでのトレーニングの方を多めに行うことが大切です。

そして、途中で挫折しないで、続けられるように努力しましょう。

ダイエットは続けないと効果を得ることはできないので、コツコツと努力して続けてください。

逆に筋肉肥大化が目的の場合は、筋トレを行う割合を多くすると良いです。

ランナーの場合はランニングマシンを優先する

ダイエットや筋肉を大きくすることが目的で、ランニングマシンと筋トレを行う場合は、筋トレをしてからランニングマシンを使用した方が良いです。

しかし、ランナーの場合は、長く速く走れる身体を作ることが目的になるため、ランニングマシンでのトレーニングを優先させましょう。

そのため、ランナーには、「ランニングマシン→筋トレ」という順番がおすすめです。

ランニングマシンを使用する前に筋トレを行うと、ランニングするのに必要なエネルギー源である糖質をたくさん使ってしまいます。

また、筋トレの疲労により、長距離走の練習の質が低下してしまいます。

そのことにより、マラソントレーニングを十分にできなくなり、ランナーとしての力を高めることが困難になるため、ランナーはランニングマシンを優先させることが大切です。

ランナーの場合筋トレは軽めに行いましょう

ランナーの場合は、筋トレは軽めに行うことをおすすめします。

それは、ハードな筋肉トレーニングをすると、ランニングマシンでのトレーニングの方が疎かになるからです。

ハードな筋トレをすると、筋肉には大きなダメージが加わります。

そのダメージは1日では抜けないため、ランニングマシンでのトレーニングの質が低下してしまいます。

また、ハードな筋トレをすることで、筋肉が肥大化してしまうと、長い時間速く走り続けることが困難になります。

マラソン選手の体型を見れば分かることですが、多くのマラソン選手はスリムな体型をしています。

それは、長い時間走り続けるには、余計な筋肉や脂肪は邪魔だからです。

そのため、ランナーが筋トレをする場合は、筋トレは軽めに行うことをおすすめします。

多くのマラソンランナーは、腹筋や背筋、腕立て伏せや体幹トレなど、自重で負荷をかける筋トレを行っています。

ですから、ランナーは、そのような筋トレを補強として行うと良いです。

まとめ

ランニングマシンや筋トレをしているが、ダイエット効果がなかなか出ないという方は、順番が間違っているのが原因として考えられます。

ここで説明したような順番で行うことによって、ダイエット効果が高まるのを期待することができます。

トレーニングを続けるには、無理の少ない自分の生活スタイルに合った時間にトレーニングをすることが大切です。

それでは、ここの記事を参考にしてトレーニングに励んでください、

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングマシン・ルームランナー