エアロバイクって本当おすすめ

このサイトはエアロバイク(スピン・リカンベントも)を中心とした健康器具に関する情報提供を行っています。

*

ランニングマシンで使うイヤホンはどう選ぶ?チェックしたい5つのポイント

   

ランニングマシンで走るときは、飽きないように音楽を聴くことがあります。

何もない状態でひたすら走るより、その方が継続しやすくなるのです。

ただし、音楽を聴きながら走るときは、イヤホン選びに注意してください。

使いにくいイヤホンだったりすると、気になって快適に走ることができません。

ここでは、使いやすいものを見つけるためのポイントについて、詳しく説明していきます。

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

ワイヤレスで使えるか

ランニングマシンで音楽を聴くときは、なるべく余計なものを省き、スマートな状態にしておく必要があります。

そのため、コードの有無は重要な問題です。

ウォークマンやiPodといった音楽プレーヤーとコードで接続するタイプは、走るときにはあまり向いていません。

コードがブラブラと垂れ下がっている状態だと、気持ちよく走れなくなる可能性があるのです。

また、コードに腕が引っ掛かったりすると、イヤホンを落としてしまうこともあります。

そうなると、「気をつけて走らないと」という意識が働き、無意識に体の動きを制限してしまうことも考えられます。

余計なことを気にせず、のびのびと体を動かすためには、どうしてもコードが邪魔になってしまうのです。

そうしたデメリットを防ぐなら、ワイヤレスの製品に注目してみましょう。

ワイヤレスで接続することができれば、コードの煩わしさはなくなります。

引っかかったり揺れたりすることを気にせず、快適に走ることができるのです。

Bluetoothは再生時間をチェック

ワイヤレスで使えるイヤホンなら、やはりBluetooth機能は欠かせません。

きちんと対応した製品を選び、スムーズに走れるようにしましょう。

ただし、連続再生時間には注意してください。

Bluetoothのイヤホンは、通常のコードがあるものと違い、充電しながら使うことになります。

そのため、1回の充電で使える時間は、重要なポイントです。

連続再生時間が短いようだと、走っている途中で使えなくなることがあります。

これは、それほど長く走らない人でも、しっかりチェックすべきです。

確かに、フル充電の状態で使えば、すぐに切れたりはしませんが、走る前にも使っていたりすると、あまり安心はできません。

「まだ大丈夫だろう」と軽く考え、そのまま続けて使い始めると、予想が外れて止まってしまうこともあります。

必ず充電してから走るようにすれば防ぐことは可能ですが、運動時以外にも普通に音楽を聴くなら、再生時間はなるべく長い方が助かるものです。

たっぷり使えるものを選び、充電を気にせずどんどん走れるようにしておきましょう。

コードありならネックバンド

最近はワイヤレスタイプの製品が増えており、ランニングマシンで使うときも重宝されていますが、コードがあるからといって、まったく使えないわけではありません。

コードがついたものでも、ネックバンド型なら、それほどデメリットを感じることはないのです。

ネックバンド型のイヤホンは、首の後ろにコードを回すことで、通常の製品よりもスマートに装着することができます。

コードが後ろにあるなら、動いているときに引っ掛けるようなことも起こりません。

また、紛失のリスクも防ぐことができます。

ワイヤレスタイプは便利ですが、完全に独立しているために、片方だけなくしてしまうようなトラブルも起こりやすいのです。

その点が心配な人は、コード付きの製品も選択肢に入れておきましょう。

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

耳にフィットするか

ランニングマシンと一緒に使うイヤホンなら、余計なストレスを感じないものを選んでおくべきです。

何かイライラするようなことがあると、気になって走ることに集中できません。

モチベーションを上げて継続するために音楽を聴いたつもりでも、イヤホンが原因でストレスを感じてしまうようでは、長く続けられなくなってしまいます。

そうした失敗を防ぐなら、コードの有無だけでなく、フィット感にも注目してみましょう。

耳にいまいちフィットしないイヤホンは、ずれたり落ちたりする可能性が高いため、ランニングには適していません。

普通に使う場合であっても、すぐに抜け落ちてくるようなものでは、安心して使えなくなってしまいます。

ぴったりと耳に合うものを探すなら、形をよく見るようにしてください。

安定性を重視するなら、耳にかけるイヤーフック型がおすすめです。

耳にしっかりと固定できるので、走るときに体が揺れても、簡単に外れることはありません。

カナル型は調節できるものを

耳の穴に入れるカナル型の製品を選択するときは、別売りのイヤーピースも忘れずにチェックしておきましょう。

イヤーピースは耳に入れる部分なので、サイズが合っていないと、すぐに外れることが多く、安心して走ることができません。

しかし、イヤーピースの付け替えができると、そのデメリットは解消できます。

最も自分の耳に合うものを見つけて、きちんとフィットさせることができれば、快適に走れるようになるのです。

重くないか

音楽を聴きながら気持ちよく走るためには、なるべく軽いイヤホンを選ぶべきです。

変に重みがあるものは、使っていると耳に負担がかかるため、だんだん疲れてくることがあります。

そうなると、いくら音楽を聴きたくても、長く使い続けるのが苦しくなってしまうのです。

また、安定性の低下も問題です。

重いイヤホンは、体の揺れの影響を受けやすく、すぐにずれてしまう可能性があります。

そのような製品では、かなりストレスをためることになってしまうので、重さはきちんと確認しておきましょう。

軽いものなら、長く使っていても疲れたりせず、しっかり耳にフィットしてくれます。

防水性があるか

ランニングマシンのメリットは、外で雨が降っていても、屋内で存分に体を動かせることです。

そのため、防水性の重要度はあまり高くないように思えますが、油断してはいけません。

体を動かしていれば、大なり小なり汗をかくものです。

ランニングとなれば、ダラダラと流れ落ちるくらい汗が出ることも多いため、イヤホンが濡れる可能性は十分にあります。

そのため、防水機能は必ずチェックしておきましょう。

濡れても心配ないものなら、余計なことを気にせず、どんどん走ることができます。

雑音を遮断できるか

屋内で走るときに使うイヤホンなら、ノイズキャンセリング機能も要チェックです。

遮音性が高すぎるものを外で使うと、聞き逃してはいけない音までシャットアウトしてしまうため、ある程度の雑音は我慢しなければなりません。

外音を通す機能があるものを選び、アナウンス音声などは聞こえるようにしておくことが大切です。

しかし、屋内で走るのであれば、そうした配慮は必要ありません。

電車のアナウンスや接近する車の音などを気にせず、黙々と運動に集中できるのが、ランニングマシンのよいところです。

それと一緒に使うイヤホンなら、外音を大幅にカットしても、あまり問題はありません。

電話や玄関のチャイムなどは聞こえないと困りますが、特に予定がなく、走る間だけすっかり遮断しても構わないようなら、音楽にどっぷり浸ることもできるのです。

ノイズキャンセリング機能は、語学学習をしたいときなどでも役立つので、できるだけ雑音を少なくしたいときは、しっかり押さえておきましょう。

まとめ

ランニングマシンで走るときに使うイヤホンは、適当に決めて買ったりせず、ポイントをチェックしながら慎重に選ぶようにしましょう。

コードがやたらと邪魔になったり、耳にうまく合わなかったりすると、いくら音楽をかけていても、快適に走れなくなってしまいます。

きちんと自分に合った製品を選び、楽しく運動できるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングマシン・ルームランナー