「最初の一杯」はぜひバーボンで!

バーボン

乾杯

お酒を飲みに行かれる際、始めの一杯にビールを注文する方が多いと思います。

「とりあえずビール」も良いですが、たまには普段と違ったお酒からスタートしてみてはいかがでしょうか。

バーボンウイスキーというと重たい印象がありますが、飲み方や割り方によっては、一番最初に飲むお酒として爽快感があり、またお料理に合わせやすいといった点からおすすめできます。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

最初の一杯はバーボンの炭酸割りがおすすめ

バーボンの炭酸割り。

これはハイボールのことですが、一般的にハイボールを注文すると、トリスや角瓶などの国産のウイスキーをベースにしたものが出されます。

しかし例えば「ハーパーを炭酸割りで!」のように注文するとお好みのバーボンウイスキーをベースにしたハイボールを注文することができます。

バーボンウイスキーはスコッチウイスキーと比べると風味の癖が無く、さわやかな味わいのものが多くあります。

そのため最初の一杯にいつもビールを頼まれている方で、普段と少し雰囲気を変えてみたいといった方には特におすすめできます。

また割り方については水割りよりも炭酸割りの方がおすすめです。

バーボンウイスキー独特の風味を味わうことができ、またさっぱりとした味わいからお料理に合わせやすいためです。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

バーボンウイスキーはコストパフォーマンスが高い

ウイスキーというと高価な印象がありますが、バーボンウイスキーは全体的にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

もちろん高価なバーボンウイスキーもありますが、比較的値段の安いものでも飲みやすい銘柄がたくさんあります。

高価なお酒を割ってしまうのは気が引けるという方でも安心してお酒を楽しめる点がバーボンウイスキーの良い点です。

ゆっくりお酒を楽しみたい場合はロックがおすすめ

バーボンウイスキーはゆっくりとお酒を楽しみたいという場合でもおすすめできます。

例えばバーなど、お酒の種類の豊富なお店に行けばたくさんのバーボンウイスキーが棚に並んでいると思います。

この時のおすすめの飲み方はロック。

ひとえにバーボンウイスキーといってもその風味は様々です。

また値段も安価なものから高価なものまで多々あります。

しかしバーボンウイスキーは高価な銘柄がかならず美味しいというわけではありません。

人の味覚には個人差がありますし、また高価な銘柄は癖が強いものがありますのでいろいろな銘柄のバーボンウイスキーを試してあなた好みのお酒を見つけるのも良いでしょう。

ロックでバーボンウイスキーを飲む場合、バーボンウイスキーの風味はとても繊細ですので氷が溶けるに連れて味わいが変わってくるのです。

しっとりとした時間をバーボンウイスキーとともに過ごすのはとても気持ちの良いものです。

とは言えアルコール度数は強いので飲み方には注意が必要

バーボンウイスキーはその風味の良さからついついたくさん飲んでしまいがちですが、やはりウイスキーですのでアルコール度数は高めです。

炭酸割りにした場合、一般的な濃さで10度程度、ロックですと40度を超えます。

そのため気づかないうちにかなり酔っ払ってしまうというケースがあります。

そうならないためにも早いうちからお水(チェイサー)を飲まれた方が良いです。

特にビールの代わりにバーボンウイスキーの炭酸割りを飲まれると、度数が倍ほど違いますのでくれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

まとめ

いつも最初の一杯にビールを飲まれているという方も、たまには雰囲気を変えてバーボンウイスキーを注文されてみてはいかがでしょうか。

ただし飲みやすく、さわやかな風味であることから、飲み過ぎには注意してください。

バーボンウイスキーを飲まれる際には、飲むペースに注意し、またチェイサーも適宜飲むようにすることで楽しい時間を過ごすことができます。

バーボン