エアロバイクって本当おすすめ

このサイトはエアロバイク(スピン・リカンベントも)を中心とした健康器具に関する情報提供を行っています。

*

ランニングマシンで運動している時にエアコンは使った方が良い? 悪い? どっち?

      2019/01/13

室内でのウォーキングやジョギング、ランニングを可能にしたランニングマシン。

室内で運動することができるため、エアコンが設置してある部屋なら、快適に感じる室温でウォーキングやジョギングをすることができます。

ですが、中には「ランニングマシンで運動している時にエアコンを使っても大丈夫なの?」と思う方もいることでしょう。

そこでここでは、ランニングマシンを使っている時にエアコンを使っても問題ないのか説明していきます。

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

エアコンの使用を迷ってしまう方もいる

日本には四季があり、夏は暑く、冬が寒いのは普通のことです。

しかし、温暖化の影響か、年々夏の平均気温は高くなってきており、現代の夏はとても暑いです。

猛暑日や熱帯夜になる日数は昔と比べるとかなり増えており、夏に運動する時は注意が必要です。

何の注意が必要なのかというと、熱中症や脱水症状です。

夏以外の季節でも、運動をする時は熱中症や脱水症状には注意する必要がありますが、夏は非常に暑いので特に注意する必要があります。

気温が35℃以上ある日に、外でウォーキングやランニングをすると、とても危険ですが、ランニングマシンとエアコンを使えば、猛暑日でも快適に安全にウォーキングやランニングをすることができます。

しかし、ランニングマシンで運動している時に冷房が効き過ぎていると、汗をかく量が減ってしまいます。

運動している時に汗をあまりかかないと、「なんだかスッキリしない」「せっかく運動しているのだから、もっと汗をかきたい」などという方もいます。

そのことから、ランニングマシンを使っている時に、エアコンの使用をためらってしまう方もおり、運動中にエアコンを使って良いのか悪いのか迷ってしまう方もいます。

絶対おすすめのランニングマシン・ルームランナーランキングはこちら

スポンサーリンク

風の影響を受けない分暑く感じる

外でウォーキングやジョギングをすれば、当然風の影響を受けます。

また、ランニングマシンと違って、歩いたり走ったりすれば前に進むので、空気抵抗も受けます。

それに対して、ランニングマシンでウォーキングやジョギングをする場合は、基本、風の影響は受けず、窓を開けて風通しを良くすれば、外の空気を感じる程度の風は感じることができます。

また、ランニングマシンの場合は、走っても走っても前には進まず、その場で走り続けるだけなので、空気抵抗を受けることはありません。

つまり、ランニングマシンでのウォーキングやジョギングは、風の影響や空気抵抗を受けない分、暑く感じてしまいます。

風を受けると体感温度が低下しますが、ランニングマシンは風の影響を受けないので、暑く感じてしまうことがあります。

気温が20℃以下ならそれほど問題ありませんが、夏日や猛暑日だと問題になってきます。

直射日光が当たらない室内でマシンを使っていても、気温が高い日に窓を閉め切っていたり、エアコンを使用しないで運動していると、熱中症や脱水症状になるリスクは高まってしまいます。

熱中症や脱水症状に陥ることで、パフォーマンスは大きく低下してしまいます。

夏の暑い日はエアコンは必要

現代の夏は殺人的暑さで、災害レベルといわれることもあります。

一般的に猛暑日に運動するのは避けた方が良いといわれており、猛暑日に運動すると熱中症や脱水症状に陥りやすくなるだけでなく、生命の危機を感じる恐れもあります。

暑いと心拍数は上がりやすくなり、心拍数が上がりやすくなることで息は上がりやすくなり、長時間運動することは難しくなります。

つまり、暑い中運動すると、パフォーマンスが低下しやすくなるのです。

パフォーマンスが低下すれば、高い運動効果を得ることは難しくなり、痩せるために運動している方はカロリーを多く消費することができなくなり、持久力を高めるために運動している方は、持久力を高める効果は低下してしまいます。

ランニングマシンでの運動効果を低下させないようにするには、パフォーマンスを低下させないことが大切であり、パフォーマンスを低下させないようにするには、快適な環境でランニングマシンを使うことが大切です。

ですから、ランニングマシンでの運動効果をしっかり得たい場合は、エアコンを使ってウォーキングやジョギングをした方が良いのです。

エアコンを使うことで質の高いトレーニングができる

暑い日にエアコンの冷房を使い、運動しやすい室温にすることにより、快適に運動することができ、パフォーマンスを高めることが可能になるため、質の高いトレーニングを行うことができるようになります。

熱中症や脱水症状を防ぎ、運動効果を高めるためにも、暑い日にランニングマシンを使う場合はエアコンを使用したほうが良いでしょう。

暑い時期のエアコンの設定温度はどのくらいが良いのか

先程説明したように、暑い日にランニングマシンで運動する場合はエアコンを使用することが大切ですが、設定温度が低すぎると汗が出にくくなったり、身体が冷えてしまうことがあります。

身体が冷えすぎることで体調が悪くなってしまう場合もあるため、設定する温度には注意が必要です。

では、暑い時期にランニングマシンを使う場合、どのくらいの温度に設定すれば良いのかというと、26~28℃がおすすめです。

ですが、暑がりな人がいれば、寒がりな人がいるように、人によって快適に感じる温度は異なってくるため、26~28℃が一番良いということは一概にいうことはできません。

そのため、自分にとって快適に感じる温度、運動しやすい温度に設定することが大切です。

気温が28℃以上ある日にランニングマシンを使う時は、命を守るためや、気持ち良く運動するためにも、迷わずにエアコンを使うようにしましょう。

冬の寒い日にエアコンは必要なのか

前述した通り、夏の暑い日にランニングマシンを使う場合、熱中症や脱水症状、パフォーマンスの低下を防ぐためにも、エアコンの冷房を使うことは大切です。

では、冬の寒い日にランニングマシンを使う場合、エアコンの暖房は使った方が良いのでしょうか。

寒い日は身体が冷えやすくなるため、暖かい時期や暑い時期よりも身体は動きにくいものです。

ですが、運動しているうちに身体は徐々に温まってくるため、徐々に身体は動くようになっていきます。

そのため、冬の寒い日にランニングマシンを使う時は、エアコンの暖房を使用する必要ありません。

マラソンは比較的寒い時期に行われることの多いスポーツということからも、ランニングマシンの使用中に暖房をつける必要はないということが理解できることでしょう。

目的や状況に応じてエアコンを使いましょう

先程説明した通り、冬の寒い日にランニングマシンで運動する場合、基本、エアコンなどの暖房を使う必要はありませんが、あまりにも寒すぎる場合は暖房を使用しても構いません。

また、汗をたくさんかきたい場合も、暖房を使うと良いでしょう。

エアコンなどの暖房を使って運動する場合は体内の水分を失いやすくなるので、熱中症や脱水症状には十分注意してください。

寒い日にエアコンを使う時の設定温度

「寒い日のランニングマシンでの運動でエアコンを使う時、設定温度はどれくらいが良いの?」と思う方もいるかと思います。

では、設定温度はどのくらいにすれば良いのかというと、少し寒く感じるくらいの温度に設定することをおすすめします。

エアコンの暖房の設定温度が高ければ高いほど汗が出やすくなりますが、暑すぎるとパフォーマンスが低下したり、熱中症や脱水症状になるリスクは高まってしまいます。

そのため、ランニングマシンで快適に走りたいのなら、少し寒く感じるくらいの温度が丁度良いのです。

ウォーキングをする場合は、寒くも暑くもないくらいの温度が良いです。

まとめ

ランニングマシンを使う場合、その時の状況や目的によってエアコンを使うようにしましょう。

室内がもの凄く暑いのに、エアコンを使わないで走ったり歩いたりしていると、熱中症や脱水症状に陥りやすくなります。

暑いことを頑張って我慢してしまうような方は、無理をしないでエアコンを使うようにしてください。

逆に、寒い場合は状況に応じてエアコンを使いましょう。

それでは、上手にエアコンを使用し、快適に感じる室温でランニングマシンを使用してください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングマシン・ルームランナー