ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす4つのコツとは?

   

ダイワ(Daiwa) リール アルファス エア 7.2L

ベイトリールで軽量ルアーを使いたいと思う人は多いことと思います。

しかし、ベイトリールはもともと重量があるルアー向きのものなので、そのベイトリールで軽量ルアーを使うときにはやはりコツがあります。

そのコツはあまり知られていないのが現状です。

今回はそのベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす4つのコツについてお伝えしていきたいと思います。



私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばすコツ・その1.スプール径が小さく軽いベイトリールを使う

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす1つめのコツは、スプール径の小さなベイトリールを使うことです。

ベイトリールで扱うことができるルアーウエイトは、そのほとんどがスプール径によって決まります。

考え方は単純で、スプール径が小さければ軽いルアー向き、スプール径が大きければ重いルアー向きという考え方です。

また、スプールの重量が軽ければ軽いほどトラブルが少なく軽量ルアー向きになります。

おすすめは32ミリ径のスプールです。

今では多くのメーカーが軽量ルアー用のベイトリールとしてこのスプール径のベイトリールをラインナップしています。

まず軽量ルアーをベイトリールで使いたいときは小さくて軽いスプールのベイトリールを選ぶようにしてください。



私が絶対おすすめするベイトリールランキングはこちら

スポンサーリンク

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばすコツ・その2.ラインは細めを選択する

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす2つめのコツは、ラインは細めを選択することです。

ラインはやはり細ければ細いほど抵抗が少なく飛距離を伸ばすことが出来ます。

ただし、あまりにも細くしすぎるとスプールの淵やライン同士の食い込みでトラブルが多くなってしまいます。

ベイトリールで使うことが出来るラインのポンド数は6ポンドまでがおすすめです。

このポンド数であれば飛距離を確保しつつ、トラブルも少なく、また魚が掛かってもある程度余裕を持ってファイトすることが出来ます。

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばすコツ・その3.キャスト時のタラシを長くする

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす3つめのコツは、キャスト時のタラシを長くすることです。

タラシは短いほうがキャストはしやすいですが、ロッドの反発力と遠心力を使いにくくなります。

軽量ルアーでは特にタラシを長くすることで、ロッドに負荷を掛けて曲げることができ反発力を活かし、遠心力による大きな弧をルアーが描くことで飛距離を伸ばすことが出来ます。

ただし、長すぎるとキャスト自体が難しくなってしまいます。

だいたいですが、50センチから80センチくらいまでがキャストのしやすさと飛距離を両立できるタラシの長さだと思います。

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばすコツ・その4.シングルハンドでキャストしてみる

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばす4つめのコツは、シングルハンドでキャストしてみることです。

シングルハンドでのキャストをしたことが無い人は多いかもしれませんが、軽量ルアーではダブルハンドキャストより飛距離を出すことが出来ます。

理由としては、シングルハンドの方がルアーの負荷がロッドに掛かったことを感じられキャストタイミングが図りやすいことがまず挙げられます。

もう一つはロッドを振ることが出来る範囲が広くなることです。

ダブルハンドだと力は入るのですが、ロッドを振れる範囲は狭いです。

シングルハンドで大きくゆっくりとしたモーションでキャストすると軽量ルアーは飛距離が伸ばしやすいです。

軽量ルアーにおすすめのベイトリール

私が軽量ルアーにおすすめするベイトリールは、ダイワのアルファスエア7.2です。

このベイトリールは32ミリのG1ジュラルミン製スプールを採用しています。

スプール径は小さければ小さいほど、またスプールの重量は軽ければ軽いほど、軽量ルアーに向いています。

この32ミリという径は軽量ルアーに最適なスプール径で、軽くも強度を保つようにしているG1ジュラルミンがその補助の役割を果たしています。

このスプールはただでさえ、軽量ルアー向きなのですが、さらに糸巻き量を調整することで、軽量ルアーで最も大敵になるバックラッシュを抑えることが出来ます。

おすすめは30メートルくらいしかラインを巻かないことです。

ラインを巻きすぎるとその分、重量が増してバックラッシュしやすくなります。

ただし、ラインが少ないとスプール1回転あたりの巻き取り量が減ってしまいます。

それをフォローするのが、ギア比7.2のハイギアです。

このハイギア仕様で巻き取りにストレスを感じることなく、軽量ルアーを使った釣りを展開することが出来ます。

ぜひこのダイワのアルファスエア7.2で軽量ルアーの釣りをやってみてください。

まとめ

ベイトリールで軽量ルアーの飛距離を伸ばすコツについてまとめると、

・スプール径が小さく軽いベイトリールを使う
・ラインは細めを選択する
・キャスト時のタラシを長くする
・シングルハンドでキャストしてみる

この4つのコツを意識することで、ベイトリールで軽量ルアーであっても飛距離を伸ばすことが出来ます。

ベイトリールで軽量ルアーが使えるとやはり釣果を伸ばすことが出来ます。

今回の記事を参考にしてご自身の釣りに活かしていただければと思います。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ベイトリール