バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!

このサイトはバーボン・ブランデー・ウイスキー(ウィスキー)・いも焼酎・日本酒に注目した情報提供を行っています

*

焼酎を美味しく堪能するにはどのような方法があるのか?

   

本格焼酎よかいち 米 25° 1800ml紙パック  [宮崎県]

お酒は飲み方を変えるだけで、味わいもだいぶ変わります。

中でも焼酎はいろいろな飲み方ができるお酒として、人気があります。

そのため美味しく飲める方法を、事前に理解しておくと良いでしょう。

知っておくと後でアレンジしたいと思った時に、とても役立ちます。

そこで焼酎の飲み方や、美味しく堪能する方法について説明します。



ストレート

焼酎はストレートで美味しく飲めるお酒です。

ストレートで飲む焼酎について説明します。

ストレートはそのままの味を楽しめる

焼酎をストレートで飲むと、そのままの味を楽しむことができます。

焼酎がとても好きな人は、ストレートで飲む人もいます。

また味がとても良い焼酎を飲みたいような人に、おすすめの飲み方です。

焼酎は常温で冷やして飲んでも美味しい

焼酎は常温で飲んでも美味しいです。

冷たい焼酎を飲みたい人は、ストレートの場合ロックを入れないので、冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。

冷たいと味わいも少し違った状態で、飲むことができます。



オンザロック

焼酎の飲み方として、オンザロックは人気があります。

ロックの飲み方について説明します。

大きめの氷を入れて飲むと見た目も良くなる

オンザロックとはグラスに氷を入れて、お酒を飲むことです。

氷は大きめの物を入れる方が多いです。

見た目や雰囲気が良くなるので、人気のある飲み方です。

このままで飲んでも美味しいですが、焼酎の場合、レモンなどを添えるとさらに見た目が良くなります。

また丸氷の製氷機を使えば、自宅でもバーで出てくるような、丸い氷を作ることができます。

最初はストレートの味わいを楽しめる

見た目も大事ですが、焼酎を美味しく飲むことも大切です。

スーパーやコンビニで購入できるロックアイスは、とけにくいのが特徴です。

そのため焼酎をオンザロックにしても、最初はストレートの味わいを楽しむことができます。

冷たい焼酎なので、とても美味しく飲むことができます。

そのためロックアイスを使って、オンザロックにして飲んでも良いでしょう。

ストレートでは飲みにくい時におすすめ

焼酎はストレートで飲んでも美味しいですが、身体への負担が気になるという人も中にはいます。

オンザロックにすると、氷は少しずつとけていくので、少し薄めて飲むことできます。

またクセがある焼酎でストレートでは飲みにくい時は、オンザロックにしてみると飲みやすくなることもあります。

水割り

焼酎は水割りも人気のある飲み方です。

水割りでの飲み方について説明します。

オンザロックより焼酎が薄まる

焼酎を水で割ると、オンザロックより薄まります。

そのためクセがある焼酎を飲むような時は、おすすめの飲み方です。

またお酒が強くない人や、身体に負担をできるだけかけずに飲みたいような人におすすめします。

水割りも上手に作れば美味しく飲むことができる

水割りも上手に作れば、美味しく飲むことができます。

冷やすと飲みやすいので、氷を入れて焼酎と水を6対4か、5対5くらいで割るのをおすすめします。

あまり薄めてしまうと、焼酎の味わいを楽しめないこともあります。

氷もとけてしまうと薄まってしまうので、前述したロックアイスなどを使うと良いでしょう。

またミネラルウォーターを使うなど、水にもこだってみると、より美味しく飲むことができます。

お湯割り

寒くなってくると、焼酎のお湯割りも美味しいです。

焼酎のお湯割りについて説明します。

寒くなってきた時におすすめの飲み方

焼酎は冷やして飲むのが好き、という人が多いです。

でも冬になると身体も冷えるので、お酒を飲んで温まりたい、という人もいます。

焼酎のお湯割りは、寒くなってきた時におすすめの飲み方です。

お湯の温度は70度くらいで注ぐのが調度良い

焼酎のお湯割りを作る時、お湯の温度は70度くらいで注ぐのをおすすめします。

冷めてくるとほんのり温かい程度になるので、美味しくなります。

冷えた身体もとても温まります。

ハイボール

焼酎はハイボールにしても、美味しく飲むことができます。

ハイボールでの飲み方について説明します。

炭酸水と氷を入れるので爽快感がある飲み方

ハイボールとはグラスに氷を入れて、炭酸水で割って飲むことを言います。

ウイスキーもそうですが、焼酎でも人気のある飲み方です。

炭酸水で割り氷を入れるので、水割りで飲むより爽快感があるのが特徴です。

特に夏に飲むと、とてもさっぱりします。

ロックアイスを使ったり飲む量だけ作る

前述したとおり、焼酎のハイボールを作る時は氷を入れますが、少しずつとけていきます。

また時間が経つと炭酸もぬけてくるので、より薄まった感じのハイボールになってしまいます。

せっかく作ったのに美味しく飲むことはできません。

お酒を飲むペースは人それぞれ違います。

そこで飲む量だけ作るようにすると、より美味しく飲むことができます。

またとけにくいロックアイスを使うことで、氷もとけにくくなるのでおすすめします。

カルピス割り

焼酎はカルピス割りも人気のある飲み方です。

焼酎のカルピス割りについて説明します。

カルピスと焼酎の相性はとても良い

カルピスは水で薄めてジュースとして飲みますが、焼酎と割っても美味しいです。

カルピスはいろいろなお酒で割ることがありますが、中でも焼酎はよく合います。

またカルピスソーダーを使うと甘さがあり、爽快感のあるカルピス割りを作ることができます。

水やお湯などを入れて好みに合わせて簡単に作れる

カルピス割りは水やお湯、氷などを入れて好みに合わせて簡単に作ることができます。

特にカルピス割りは冷えていると、美味しく感じます。

カルピス割りにすると甘くなりますが、量を調節することができます。

カルピスの量によって、焼酎の味わいも変わってきます。

でも甘味が強いカルピス割りは、つい飲み過ぎてしまうことも多いので注意が必要です。

緑茶割り

焼酎は緑茶割りにしても美味しいです。

焼酎の緑茶割りについて説明します。

緑茶の苦みと焼酎はよく合う

焼酎に意外と合うのが緑茶割りです。

緑茶は少し苦みがありますが、これが焼酎とよく合います。

またさっぱりした味わいで飲むことができます。

美味しい緑茶で割って飲むと美味しい

やはり美味しい緑茶と割って飲むと、美味しく飲むことができます。

また緑茶の種類や濃さなどによって、味も変わってきます。

好みの銘柄を選んで、濃さを調節して作ってみましょう。

本格焼酎米よかいち

本格焼酎よかいち 米 25° 1800ml紙パック  [宮崎県]

ここでおすすめの焼酎を紹介します。

「本格焼酎米よかいち」です。

商品の魅力について説明します。

香りも良くすっきりした味わいの焼酎

「本格焼酎米よかいち」は、宮崎県産の米焼酎です。

すっきりした味わいの焼酎です。

香りも良く飲みやすいです。

いろいろアレンジして飲むことができる

「本格焼酎米よかいち」は、ストレートで味わっても良いでしょう。

ストレートでは飲みにくい人は、オンザロックにしても美味しいです。

また水割りやお湯割り、ハイボールなど、アレンジすることもできます。

まとめ

焼酎はストレートで飲むと、そのままの味を堪能することができます。

ストレートでは飲みにくい人は、オンザロックで飲むと、氷がとけると少し薄まります。

水割りにすると、さらに薄めて飲むことができます。

またハイボールは爽快感があり、お湯割りにすると身体が温まります。

その他カルピスや緑茶などで割っても美味しく飲むことができます。

お好みの飲み方で焼酎を堪能しましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 焼酎