バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!

このサイトはバーボン・ブランデー・ウイスキー(ウィスキー)・いも焼酎・日本酒に注目した情報提供を行っています

*

ブランデーに合う5種類のつまみ! その成分も詳しく紹介

   

Screenshot_6

ブランデーをよく飲んでいる方でも、ブランデーのつまみは何が合うのだろうかと悩んでいる方は数多くいます。

ビールはチーズや唐揚げが合いますし、日本酒はお刺身やするめなどが合う事は知っていても、意外とブランデーに合うつまみを知っている方は少ないのです。

そこでブランデーに合う5種類のつまみを紹介しながら、そのつまみには、どのような成分が含まれているのか詳しく紹介しましょう。



私が絶対おすすめするブランデーランキングはこちら

チョコレート

ブランデーに合うつまみとして有名なのが、実は甘みのある「チョコレート」です。

しかし、チョコレートには数多くの種類があるので、どのチョコレートを選べば良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、ブランデーに合うチョコレートを詳しく紹介します。

甘みのあるおやつが最適

基本的にチョコレートであれば、どのような種類でもブランデーに合います。

その理由は、ブランデーには甘味のある食べ物が合うからです。

さらにチョコレートを食べながら、ブランデーを飲めば、ブランデーの味がまろやかに感じる所もつまみとして最適な理由になります。

ただしミルクチョコのような甘すぎるチョコよりは、カカオ濃度が高いビターのほうがブランデーの甘味を引き出してくれるので、ビターチョコレートのほうがおすすめです。

カカオ濃度が高い事を世間一般的には高カカオと言いますが、この高カカオを決める判断基準は、カカオが70%以上のチョコレートと言われています。

そのため、どの商品が高カカオか分からない場合はカカオが70%以上使用されているか見て下さい。

カレ・ド・ショコラ(カカオ88)

ブランデーに合う高カカオのチョコレートで、おすすめの商品が、森永製菓の「カレ・ド・ショコラ(カカオ88)」です。

この商品はカカオが80%も超えているので、高カカオのチョコレートを探している方にはおすすめです。

本来であれば、カカオが80%も超えてしまうと私たちが食べ慣れているチョコレートのうま味が口の中に広がるのは難しいのですが、この商品は新しい手法や技術を駆使して高いレベルの味を維持する事に成功しています。

そのためカカオが多い商品で、味も重視している方には、満足できるつまみとなるでしょう。

ビターの摂取量

ブランデーの甘味を引き出してくれるカカオには、美容に気を付けている女性に嬉しい働きがあります。

それは、カカオには血行を改善してくれるので、美しい肌を維持する細胞にまで栄養が届きやすくなるのです。

さらに、カカオには抗酸化作用まであって体内の活性酸素を除去してくれる働きまであります。

私たちは生きていくために呼吸をしていますが、その呼吸によって体内に入っていく酸素の2%は活性酸素に変わっていきます。

この活性酸素が増え過ぎてしまえば、あらゆる細胞を攻撃していき、肌は老化していく事になるのです。

そのため美しい肌を維持するには活性酸素を増やさない事が必要です。

そのように考えたら高カカオのチョコレートを食べる事は大きなメリットがありますが、カカオの過剰摂取には気を付けて下さい。

高カカオのチョコレートは、脂質量が普通のチョコレートの1.2倍以上になっているので、肥満になりやすいのです。

そのため美しい肌を維持するためにカカオを過剰摂取して、肥満になる事は避けたほうが良いでしょう。



私が絶対おすすめするブランデーランキングはこちら

コーヒー

チョコレート以外で、ブランデーに合うものとして有名なのが「コーヒー」です。

コーヒーは砂糖の量によって甘くなるので、ブランデーに合うつまみとなります。

それでは、ブランデーに合うコーヒーについて詳しく説明しましょう。

密接なつながり

ブランデーには様々な飲み方があり、その中でも多くの女性に喜ばれるのが「カフェロワイヤル」というものです。

このカフェロワイヤルは、角砂糖にブランデーをしみこませて炎を付けた後にコーヒーとブレンドする飲み方になります。

多くの女性は幻想的な演出に喜ぶので、ブランデー好きの女性にとって有名な飲み方になります。

そして、このカフェロワイヤルで分かるように、ブランデーとコーヒーをブレンドして飲める訳ですから、ブランデーのつまみとしてコーヒーが最適な事は言うまでもないでしょう。

コーヒーに砂糖を加えて甘くすれば、ブランデーに合いますが、実は苦いコーヒーでもブランデーによく合います。

その理由は苦味のあるコーヒーを飲む事によって、ブランデーを飲む時に甘味があるように感じるからです。

そのため、ブランデーを飲む時は苦味のあるブラックコーヒーや、砂糖を入れた甘味のあるコーヒーなど試しに飲んでみる楽しさがあります。

ハンドドリップ

コーヒーには様々な商品が売られており、自販機でも缶コーヒーを購入出来る時代です。

缶コーヒーでもブラックコーヒーは多いのですが、高級なお酒であるブランデーのつまみに缶コーヒーでは味気ないものがあるでしょう。

そこで、おすすめなのがコーヒーメーカーとハンドドリップになりますが、特におすすめなのはハンドドリップです。

コーヒーメーカーはスイッチひとつで美味しいコーヒーを作る事が出来ますが、味を調整する事は難しいです。

それに比べてハンドドリップは手間暇をかける方法になる代わりに、細かな微調整をする事が出来るので、あなた好みのコーヒーの味を作り出せます。

もしも、本格的にブランデーに合うコーヒーを飲みたいのであれば、ハンドドリップで手間暇をかけて作る事も悪くはないでしょう。

女性には嬉しい低カロリー

コーヒーに含まれている成分として有名なカフェインには、糖分の代謝や脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を活性化する働きがあります。

しかし、それ以上に嬉しいのが低カロリーという事です。

コーヒーは99%近くは水分なので、砂糖やミルクを入れなければカロリーはごくわずかです。

そのためダイエット中の女性におすすめなのが、苦味のあるブラックコーヒーで、ブランデーの甘味を味わう方法になります。

この方法であればブランデーのつまみは低カロリーなので、リバウンドを抑えて、ブランデーを楽しんで飲む事が出来るのです。

ドライフルーツ

ブランデーのつまみに凝った方達のなかには、チョコやコーヒー以外にもドライフルーツを好む方もいます。

ドライフルーツは甘味のあるので、ブランデーのつまみに合うのです。

それでは、ドライフルーツにはどのようなものがあるのか紹介しましょう。

甘みの強い物がポイント

ドライフルーツには、杏・デーツ・いちじく・ドラゴンフルーツ・プルーン・干しバナナ・梅・アップル・カシス・クランベリー・オレンジ・チェリー・なつめ・いちご・キウイなど数え切れないほどの種類があります。

そのため、様々なドライフルーツをブランデーのつまみとして選ぶ楽しさがあります。

コーヒーとは違って、ドライフルーツは購入すれば食器の上に出せば、簡単にブランデーのつまみとして口にする事が出来る手軽さも嬉しい所です。

ただし、健康に気を使う方が注意すべきポイントとして、ドライフルーツのなかには美味しくさせるために添加物や砂糖を多く使用している場合があります。

そのためブランデーのつまみとして選ぶ際は、添加物や砂糖が入っていないか購入する前にパッケージの成分表示を確認したほうが言いでしょう。

デーツ

様々なドライフルーツを選ぶ楽しさがあっても、そのなかでも特のおすすめのつまみを知りたい方はいるでしょう。

そのような方におすすめのドライフルーツが「デーツ」というものです。

知名度はあまり高くありませんが、デーツには、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・ブドウ糖・ナイアシン・カリウム・カルシウム・リンなど様々なものが含まれています。

この数多くある栄養素には、美容・健康両面に良い働きがあるのです。

そのため、ブランデーに合うつまみのなかでも、数多くの栄養素を摂取したい方には、デーツはおすすめのドライフルーツになります。

ドライフルーツの秘密

ドライフルーツが、これだけ多くの栄養素を含んでいる理由には秘密があります。

それが、健康に良い栄養素を多く含んでいるフルーツを乾燥させたものだからです。

さらにドライフルーツは噛み応えがある事から、少ない量で食欲を満たしやすいので、食べ過ぎを防ぐ事も期待出来ます。

そして乾燥していない果物には多くの水分が含まれていますが、ドライフルーツは乾燥させているので水分が少なくなっています。

水分を採り過ぎてしまうと冷え性になる可能性があので、果物に比べたらドライフルーツは冷え性を防ぎやすいと言われているのです。

その他にも、ドライフルーツは皮や種まで全てを食べる事が出来るので、乾燥していない果物では摂れなかった栄養まで、摂る事が出来るのです。

ナッツ

ナッツと言えば、ビールに合うつまみとして有名ですが、実はブランデーにも合うつまみになります。

その理由はナッツには塩気があるので、ブランデーの甘味を引き出してくれるからです。

それでは、ブランデーに合うナッツについて詳しく紹介しましょう。

相性の良い味

ブランデーに合うと言われるナッツですが、その種類は数多くて、ミックスナッツ・生くるみ・カシューナッツ・アーモンド・ピスタチオ・カシューナッツ・塩豆・かぼちゃの種・花豆・グリーンピーズなどがあります。

気を付けて欲しいのは塩気があまりないナッツもあるので、そのようなナッツはブランデーの甘味を引き出すのは難しくなります。

ただし、個人差があるので塩気があまりなくても大丈夫な方であれば問題ありませんが、塩気のあるつまみを探している方は、塩気のあるナッツをブランデーのつまみに選ぶようにしましょう。

おすすめは塩豆

ブランデーを飲んでいる時だけは、塩分を採ってもかまわない方であれば、つまみとして花豆や塩豆を選ぶ方はいるでしょう。

確かに、花豆には塩気のある物も販売されているので、ブランデーの甘味を引き出しやすいと思いがちです。

しかし、花豆には殻が付いているので、この殻がブランデーの甘味を邪魔する事があります。

個人の好みのよって変わりますが、殻がブランデーの甘味を邪魔してしまう場合もあるので気を付けたほうが良いでしょう。

それにひきかえ、塩豆は塩気がある食べ物になっている上に、邪魔になる殻がありません。

そのため、多くの方が口にしても、ブランデーの甘味を邪魔する事もないでしょう。

両立出来ないのが問題点

ナッツは腹持ちが良い食べ物なので、食事前にブランデーと一緒にナッツを口にする事で、ダイエットに良いと言われています。

さらに噛み応えも良いので、食欲を満たしやすくなる事も期待出来るので、無理なくダイエットを続ける事も可能になるでしょう。

そして、ナッツには食物繊維が豊富にあるので、便秘を解消する事が期待出来ます。

便秘が解消されたら、老廃物も除去しやすくなるので、老廃物の毒素によって肌荒れが起こる心配もなくなるでしょう。

ただし、気を付けて欲しいのが塩気のあるナッツを選ぶ事です。

塩気のあるナッツはブランデーの甘味を引き出してくれますが、塩分を採る事によってダイエットには向かないのです。

そのためナッツは、味と美容が両立しづらいという問題点があるので気を付けて下さい。

チーズ

チーズもナッツ同様に、ビールに合うつまみとして知られていますが、塩気があるのでブランデーのつまみとして最適な食べ物です。

チーズも様々な種類があるので、ブランデーに合うつまみは、どの種類なのか詳しく説明しましょう。

おつまみの定番

チーズの種類は、モッツァレラチーズ・カマンベールチーズ・チェダーチーズ・ゴーダチーズ・ナチュラルチーズなどがあります。

さらにナチュラルチーズには、フレッシュタイプ・白カビ・青カビなどがあるのです。

そのほかにも、ブランデーを吹きかけて、作られたものでウォッシュチーズというものまであるのです。

ブランデー好きの方のなかには、ウォッシュチーズを好んで食べる方もいますが、塩気のある青カビなどもブランデーに合う食べ物と言えます。

おすすめはウォッシュチーズ

ブランデーに合うチーズとして有名なのがウォッシュチーズですが、ウォッシュチーズは香りが強いという問題点があります。

しかし、この独特の香りは日本人は慣れやすいと言われています。

その理由がウォッシュチーズが枯草菌であるリネンス菌を使用しており、日本食である納豆にも枯草菌が使用されているからです。

つまり納豆とウォッシュチーズは極めて近い食べ物と言われており、納豆の匂いが苦手ではない方はウォッシュチーズの匂いに平気な方が多いと言われているのです。

そのため、私たち日本人にとってウォッシュチーズはブランデーのつまみとして合いやすい食べ物と言えるでしょう。

カルシウムを吸収

チーズはカルシウムを吸収しやすい食べ物として有名で、日本人がカルシウムを摂取するにはチーズが有効と言われています。

その理由は、日本人はまだ牛乳を飲み始めてから年数がそれほど経っていないので、牛乳を飲んだら下痢になりやすいからです。

その原因は牛乳に含まれている乳糖を消化するためには、乳糖分解酵素である「ラクターゼ」というものが必要ですが、日本人はラクターゼが不足しているから下痢になってしまうのです。

しかし、チーズは作られていく過程で、乳糖が乳酸菌になっていくので、牛乳より乳糖が少なくなっているのです。

そのためチーズを食べる事によってカルシウムを摂取して、下痢になる事も少ないのです。

まとめ

ブランデーの香りや味をひきたてる食べ物として有名なのが、チョコレート・コーヒー・ドライフルーツ・ナッツ・チーズなどです。

それぞれ健康や美容に有効と言われる栄養素が含まれているので、ブランデーの香りや味をひきたてるだけではなく、美容や健康に嬉しい働きがあります。

そのため、このようなつまみを選べば、以前よりブランデーを飲む楽しさが増えていく事でしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ブランデー