バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!

このサイトはバーボン・ブランデー・ウイスキー(ウィスキー)・いも焼酎・日本酒に注目した情報提供を行っています

*

バーボンはどのような飲み方でも料理でもその香りや味わいしっかり感じることができる

   

バーボンと言えばハイボールをイメージする人が多いかもしれません。

しかし、バーボンの本当の味を知るにはやはりストレートが一番です。

ただ、バーボンはとても香りが強いためストレートでなくてもしっかり味を感じることができます。

カクテルとしても、料理と使用してもバーボンの味わいを感じることができるのも、バーボンの魅力です。



私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

お酒は気分を変えてくる存在

気持ちを癒やしてくれる

あなたにとってお酒とはどう言った存在ですか。

お酒はさまざまな雰囲気にしてくれる、とても不思議な飲み物です。

暗い場でも、お酒があることで一気にその場が明るくなったり、いらいらしている気分を打ち消したりしてくれるなど、まさに自分の気持ちを癒やしてくれる存在だと言えます。

また、お酒は種類によってもさまざまな気分にさせてくれます。

ビールなどは場を明るくしてくれ、ウイスキーやバーボンは、しんみりとさせてくれる効果があるのです。

これはお酒のイメージと言うだけではなく、お酒が持ってる不思議な力でもあります。

いろいろな味や香りで心を癒やしてくれるお酒は、これからも多くの人の大切な存在になってくれることは間違いありません。



私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

バーボンのイメージ

ゆっくりとした時間を与えてくれる

多くのお酒の中で、バーボンはどう言った存在でしょうか。

バーボンは他のお酒にはない、不思議なお酒です。

バーボンを飲むことで、ゆっくりとした時間を得ることができ、さらに心がとても癒やされていきます。

今までにない感情になれる魅力があるのが、バーボンの魅力でもあります。

そのため、バーボンはできればまだ飲んだことがない人はぜひ、飲んでみることをおすすめします。

大人の仲間入りになったような気分になる

バーボンは大人のお酒と言うイメージが強いと言えます。

アルコールが強いことや、深みのある独特な香りや味わいは、お酒を知っている大人だからこそ飲むことができるお酒なのです。

そのためバーボンは敷居が高いと感じてしまいます。

しかし、この敷居の高さがまた魅力を生んでいるのです。

誰でも飲める、またごくごくと飲めるお酒ではないからこそ、バーボンは大人のお酒だと言う憧れの存在になっているのです。

ハイボールで楽しく飲めるお酒

しかし、バーボンは別の顔も持っています。

それは、バーボンの今までのイメージとは真逆だとも言えるハイボールです。

ハイボールはゆっくりと静かに飲むと言うイメージとは真逆の、わいわいと友人や同僚と飲むお酒と言うイメージなのです。

とくに最近の若い人は、バーボンと言えば最初にハイボールをイメージする人が多いと言えます。

こうした一面もあるバーボンは、常に注目されているお酒なのです。

バーボンは料理にも使える

カレーの隠し味になる

バーボンを飲み残した場合、捨てることはとてももったいないことです。

少量でも残っていれば、バーボンは料理の隠し味として使用することができます。

バーボンは香りがとても豊かであり、さらにほのかな甘みも感じることができる、深みを感じるお酒なので、隠し味としては最高の料理になります。

その隠し味の代表とさせるのが、カレーです。

カレーにバーボンと聞けば、かなり違和感を覚えてしまうかもしれませんが、甘みを増すことができる効果や、深みを出してくれる効果があるなど、カレーにはとても合うのです。

煮物料理にも合うバーボン

また、バーボンは煮物料理にも最適です。

日本人の好みとされている甘がらさにちょうど合う料理ができるだけではなく、深みも感じることができ、日本人にはピッタリの味付けになるのです。

しっかり煮込めば、アルコールも飛ばすことができますので、子供用としても大丈夫です。

お肉料理には定番

バーボンをお肉のフランベとすることは、まさに定番のバーボン料理です。

バーボンの香りや、肉を柔らかくしてくれる効果など、さまざまなメリットを得ることができます。

飲まなくなったバーボンがある場合には、捨てることなくこうした料理にぜひ活用してみましょう。

今までにない料理を完成させることができます。

バーボンの飲み方を知る

味の違いが分かる飲み方

バーボンはさまざまな種類があり、この多くの種類を味わうこともまた、バーボンの楽しみの一つでもあるのです。

同じ味や香りのバーボンばかりを飲むのではなく、多くの味を楽しむ方法も知っておきましょう。

味の違いが分かるバーボンの飲み方は、やはりストレートです。

ストレートで飲むことで、バーボンの味を見分けることができます。

ストレートはとくに香りがしっかりと分かる飲み方です。

口に含んで飲み込むと、鼻から心地よい香りが抜けていきます。

こうした香りは、森の中にいるような感覚だと例えられることもあり、バーボンの味を知る上ではなくてはならない飲み方であることを理解しておきましょう。

コーラで雰囲気を変えた飲み方

また、バーボンは身近なコーラで割ってもよく合います。

バーボンの量とコーラの量はお好みで調整してみましょう。

コーラの味でバーボンの味が壊れるように感じるかもしれませんが、実はバーボンはとても香りが強いため多めのコーラで割ってもしっかりと存在感を主張してくれるのです。

コーラだけではなく、ソーダ水やオレンジジュースでも相性はとても良く、しっかりとバーボンの味を楽しむことができます。

最高におすすめできるバーボン4選

アーリータイムズイエローラベル

アーリータイムズ イエローラベル 700ml

アーリータイムズイエローラベルは、数あるバーボンの中でも比較的安いタイプになります。

味わいはどちらかと言えばすっりとした飲み口と言え、口の中に含むことでキレも感じることができます。

氷を利用してしっかり冷やして飲めば、夏場ではすっきりとした味わいを楽しむことができるバーボンでおすすめです。

ワイルドターキー8年

バーボンウイスキー ワイルドターキー8年 1000ml

バーボンと言えばワイルドターキーだと言う人も多いほど、とても人気の高いバーボンです。

アルコール度数は50パーセントとイメージ通りきついお酒になっています。

ストレートで飲めば確かにとてもきついお酒だと言える口当たりになりますが、実はカクテルなどにするととても飲みやすいお酒へと変化してくれる楽しみがあります。

バーボンが好きな人でも、カクテルでしかバーボンを飲んだことがないと言う人にもおすすめです。

オールドグランダッド

114オールド グランダッド 57度 700ml 並行品

これぞ男のバーボンだと言える存在が、このオールドグランダッドです。

アルコール度数が57パーセントと非常に高く、一口飲めば体が一気に温まるような感覚に包まれます。

しかし、意外に滑らかな味わいはお酒好きな女性にも好まれている傾向にあり、広くおすすめできるお酒です。

ノブクリーク

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

ノブクリークは、特殊なオーク材を使用して熟成されたバーボンであり、とくにストレートやロックでしっかり味を感じて飲むことをおすすめします。

ハイボールでも味わいは変わることはありませんので、本物のバーボンの味をしっかり心行くまで味わうことができます。

これからバーボンを味わう人も、バーボンを良く知っている人でもノブクリークはおすすめです。

まとめ

バーボンのイメージはきついお酒、苦いお酒と言うイメージかもしれません。

しかし、豊かな味わいは一度バーボンの味を知れば間違いなく好きになっていきます。

バーボンはお酒として飲む方法だけではなく、料理にも使えるとても万能なお酒です。

いろいろな味わいを楽しむことができるように、しっかりバーボンについて知っていきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バーボン