バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!

このサイトはバーボン・ブランデー・ウイスキー(ウィスキー)・いも焼酎・日本酒に注目した情報提供を行っています

*

ご存じですか?バーボンソーダのこんな魅力!

   

サントリー ジム ビーム キングサイズ 1750ml

私、お酒はほぼオールジャンルOKです。

焼酎、日本酒、泡盛、シャンパン、ワイン。。

量は飲めませんが、お酒を飲む雰囲気は大好きです。

そんな私が一番オーダーすることが多いのが、バーボンソーダです。

若かりし頃、お酒を飲み馴染めたころに覚えた味なので、なんとなく懐かしさもあります。

そんなお気に入りのバーボンソーダについて、今さらながら、知りたくなりました。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

そもそもバーボンとは?ウイスキーとの違いは?

ウイスキーとは、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を、麦芽の酵素で糖化し、発酵させたもの。

バーボンとは、ウイスキーの一種で、原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含んでおり、定められた製法で作られたもので、連続式蒸留機でアルコール度40度以上、80度以下で蒸留し、さらに内面を焦がしたホワイト・オークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で最低2年以上熟成したものです。

この「内面を焦がしたホワイト・オークの新樽で2年以上熟成」というところが、あの、バーボン特有の香りの良さにつながるのですね。

納得です。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキングはこちら

日本でバーボンソーダが広まった背景

はじめは「安さ」「飲みやすさ」「おしゃれさ」がサラリーマンにウケたのが要因だそうです。

日本に入ってきた当時、バーボンはまだ高級な飲み物だったので、ソーダで割ることで安く楽しめるということだったようです。

ショットバーなどでも提供されたので、オシャレなイメージも人気の秘訣だったようです。

その後、酎ハイブームなどで、だんだん飲まれなくなりましたが、メーカーのプロモーション活動などが効果を発揮し、「渋い大人のお酒」のイメージから、「若者ののための飲みやすいお酒」のイメージにシフトし、昔のブームと同じく「安さ」「飲みやすさ」「オシャレさ」が今度は20~30代の若年層にウケ、バーボンのソーダ割りの人気が復活、となりました。

「バーボンソーダ」と「ハイボール」の違いは?

ハイボールはウイスキーのソーダ割りというイメージでしたが、たまに「バーボンをハイボールで飲む」というようなことも聞くので、バーボンソーダとの違いを調べてみました。

ハイボールは、リキュールやスピッツなどの蒸留酒をソーダなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどのノンアルコール飲料と混ぜたものを指すそうです。

日本ではウイスキーをソーダを割ったものが、一番有名なため、日本でハイボールと聞くとウイスキーのソーダ割りというイメージが定着しているようです。

驚きです。

炭酸飲料じゃなく、フレッシュジュースで割ったものも、ハイボールなんですね。

しかも、ウイスキーだけとは限らない。

ハイボールもすべて、ソーダが入っていてシュワユワしているものだと思っていました!

炭酸飲料が入ってシュワシュワ、アワアワを楽しみたい時に正確にオーダーするなら、「ハイボール」でなく、「バーボンのソーダ割り」なんですね。

ワイルドなイメージのバーボンソーダ

ハードボイルド小説によく登場する

昔読んだハードボイルド小説、レイモンド・チャンドラーやイアン・フレミングなどには、主人公がバーボンのソーダ割りをワイルドにあおるシーンがよく出てきました。

そのイメージでなんだか、飲んでいると強くなった気になったり(笑)。

お酒ってイメージや雰囲気におひたるのも楽しいです。

「ルパン三世」の次元大介が飲んでいる(笑)

次元大介がワイルドかどうかは置いておいて(笑)、次元大介はバーボンしか飲みません。

ソーダ割りを飲んでいるかどうかは定かではありませんが、バーボンしか飲まないのであれば、たまにはソーダ割りも飲んでいるはず!

と勝手に想像しています(笑)。

女性や、お酒初心者におすすめ。バーボンソーダ!

ハードボイルド小説によく登場する、ワイルドなイメージのバーボンですが、実は女性や、お酒初心者、アルコールに弱いかたにもおすすめです。

炭酸で割るので、お酒を飲みなれない方にも飲みやすく、さわやかな印象になります。

お酒は弱いけど、アルコールの雰囲気を楽しみたいかたにも、炭酸で割ることでアルコール度も低くなるので、バーボンソーダはおすすめです。

オーダーする時に「薄めで」とお願いすれば、バーボンの量を減らしてもらえます。

バーボンソーダのカロリーは?

うれしいお知らせです!

カロリーが気になるけど、お酒が飲みたいときバーボンソーダがおすすめなんです!

蒸留酒は、昨今、話題によくあがる糖質が0!

バーボンは蒸留酒なので当然糖質0!

カロリーについては同じ量で飲んでしまうと、ビールよりカロリーが高くなるそうですが、炭酸で割ると1杯70カロリーほどになり、ほかのどんなお酒よりカロリーが低くなります!

「お酒飲みたいけど、カロリー高くて太るしなあ」と思っておられるかた、バーボンソーダは超おすすめです!

安心してお酒を楽しめます。

ビールが飲みたい時、ビールが合うお料理と合わせる時も、バーボンソーダならビールのような炭酸のシュワシュワ、アワアワが楽しめるので、ビールの代わりとしてチョイスするのもありだと思います。

バーボンソーダの正しい割合は?

定石の割合は、バーボン:ソーダ:氷=1:2:3とのことです。

でもここはお好みで自由にされていいところだと思います。

バーボンソーダの、いろんなバリエーション

私はバーボンソーダしか知らなかったのですが、このバーボンソーダにひと手間かけた、バーボンソーダをさらにおいしく楽しめるカクテルもありました。

ミントをプラスした「ミントジュレップ」

カクテルの1種で、バーボンソーダにミントの葉と砂糖を合わせたもの。

そんな飲み方もあったのですね!

バーボンソーダはよく飲みますが、この飲み方は知りませんでした。

お好みで砂糖は省いてもOKです。

私は一時期、ラムにはまってた時期もあって、その頃よく飲んだのが、ヘミングウェイもお気に入りだったという、ラムにライム、ミントの葉を入れたカクテル「モヒート」です。

ミントのさっぱりさがくせになる味で、お天気の良い浜辺などに似合う、昼間にも楽しめるお酒でした。

そのミントの香りををバーボンソーダでも楽しめるというのですから、これはぜひ、個人的にもためしてみたいカクテルです。

適しているバーボンは「メーカーズマーク」「I.Wハーパー」などがとくにおすすめで、デザートのように楽しめるそうです。

ショウガをプラス「ジンジャー・ハイボール」

バーボンソーダにショウガのしぼり汁を入れたカクテルです。

甘味のないジンジャーエールでわったような感じで、ショウガの味がさわやかさを演出してくれるそうです。

甘味がなくて飲みにくい時は、ソーダでなくジンジャーエールで割ると飲みやすくなるそうです。

風邪気味の時、味にちょっと刺激が欲しい時に、よさそうですね。

バーボンソーダに柑橘類をプラスする

ライム、レモンなどをしぼって加える。

または甘夏、オレンジ、グレープフルーツなどのしぼり汁、もしくはむいた実をミキサーでジュースにしたものを、ソーダ割りに適量加えると、またおいしいそうです。

ミキサーで作ったジュースの場合は実のつぶつぶ感の食感も楽しめるとのこと。

お風呂上りに、食前に、デザートに、といろんな場面で楽しめそうです。

バーボンソーダ&「コアントロー」「グランマリエ」

バーボンソーダに、大人っぽく柑橘の香りをプラスするなら、「コアントロー」や「グランマリエ」のようなオレンジリキュールをほんの少し垂らします。

リキュールの香りが大人っぽい雰囲気になるそうです。

柑橘系の香りって、アロマの点からすると、元気が出るかおりと言われています。

一日の終わりに、じっくり楽しむと明日も元気に迎えられるかもしれません。

まとめ

何気なく、いつもオーダーしていたバーボンソーダが、カロリー控えめというところが、一番うれしいところでした!

太ることを気にせずに、お料理に合わせてチョイスできます。

バーボンソーダにプラスワンのカクテルもおいしそう。

ぜひともためしてみたいところです。

いろんなことを知って、ますますバーボンソーダがおいしく飲めそうです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バーボン