バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!

このサイトはバーボン・ブランデー・ウイスキー(ウィスキー)・いも焼酎・日本酒に注目した情報提供を行っています

*

寝る前にウイスキーを飲む時のメリットやデメリットは?

   

寝る前に好んでお酒を飲む人がいます。

特にウイスキーが好きな人は、飲んで堪能してから寝る人もいます。

寝る前に飲むウイスキーは、メリットもデメリットもあります。

そのため事前にいろいろなことを、理解しておいた方が自分のためになります。

そこで寝る前に飲むウイスキーの、メリットやデメリットについて説明します。



私が絶対おすすめするウイスキーランキングベスト10はこちら

寝る前に飲むとリラックスできることもある

夜寝る前にウイスキーを飲むと、リラックスできることもあります。

寝る前に飲むウイスキーについて説明します。

心配事やストレスがたまると寝つけない時もある

心配事などがあってなかなか寝つけない時もあります。

また仕事のストレスを寝る前まで、引きずってしまうことも時にはあります。

寝る前に飲むお酒を、寝酒やナイトキャップということもあります。

特にウイスキーの寝酒は、リラックス効果があります。

ウイスキーは香りが良いのでリラックスしやすい

良い香りに包まれながらお酒を飲むと、リラックスすることができます。

中でもウイスキーは香りがとても良いお酒です。

寝る前に飲んでも、心配事や嫌なことを忘れてしまうくらい、リラックスできる時もあります。



私が絶対おすすめするウイスキーランキングベスト10はこちら

緊張をほぐす効果がある

お酒は緊張をほぐす効果があります。

ウイスキーの緊張をほぐす効果について説明します。

夜寝る前も緊張感がとれないと眠れない

次の日にスピーチをするなど、仕事で緊張する場面もあります。

翌日のことが気になると、夜寝る前も緊張感がとれない時もあります。

緊張感がとれない時も、なかなか眠れなくなることはよくあります。

ウイスキーの芳醇な味わいが緊張をほぐす

お酒は緊張感をとる効果があります。

緊張をほぐす方法は、ストレッチや深呼吸をするなど、いろいろな方法があります。

でも寝る前に緊張して落ち着かない時は、お酒を飲む人がいます。

特にウイスキーの芳醇な味わいが、緊張をほぐしてくれることもあります。

ウイスキーを飲むと寝つきが良くなることもある

寝る前にウイスキーを飲むと、寝つきが良くなることもあります。

ウイスキーによる入眠効果について説明します。

外出先でも寝つきがスムーズになりやすい

寝る前にお酒を飲むと、寝つきが良くなることもあるので、旅行に持っていく人もいます。

普段は寝つきが良い人でも、枕が変わると眠れない、という人は結構います。

でも寝る前にお酒を飲むと、外出先でも寝つきがスムーズになりやすいです。

アルコール度数に限らずお酒は眠くなりやすい

アルコール度数に限らず、お酒を飲むと眠くなりやすいです。

また前述したとおり、ウイスキーは香りがとても良いのでリラックス効果もあります。

そのため寝つきも良くなります。

ウイスキーは身体を温める効果がある

ウイスキーは身体を温める効果があります。

その理由を説明します。

度数が高いお酒は身体が温かくなりやすい

お酒を飲むと身体が温まります。

特にアルコール度数が高いお酒を飲むと、身体が温かくなりやすいです。

そのため寒い国では、アルコール度数の高いお酒を飲むことが多いです。

リラックス効果も相乗して寝つきも良くなる

ウイスキーもアルコール度数が高いので、身体が温まります。

身体が温かくなり、気持ちも良くなります。

ホットウイスキーではなくても、身体がぽわっとしてきます。

特に寝る前に飲むと、リラックス効果も相乗して寝つきもよくなります。

不眠症やうつ病の解消になる

ウイスキーの寝酒は、不眠症やうつ病などの解消になることもあります。

寝酒と不眠症について説明します。

夜はしっかり睡眠をとることが大切

一時的に眠れない時は誰でもありますが、不眠症は睡眠障害が続いている状態のことを言います。

現在不眠症で悩んでいる人はとても多いです。

ずっと眠れない状態が続くと、日中に響いてしまうので、夜はしっかり眠ることが大切です。

そのため不眠症の人は、寝る前に飲むことはよくあります。

相乗効果もあるので寝る前に飲む人もいる

またうつ病を発症すると、なかなか眠れない時も多いです。

うつ病の人は、不眠症も発症していることがあります。

そのため寝る前に好きなお酒を飲む人は多くいます。

前述したとおり、ウイスキーはリラックスしやすいので、相乗効果もあります。

寝る前に飲む習慣がついてしまうこともある

ウイスキーを寝る前に飲むと、デメリットもあります。

習慣になってしまうことがあるので、注意が必要です。

良い効果もあるので習慣になってしまう

ウイスキーは前述したとおり、緊張をほぐしたり、リラックスできる効果もあり、寝つきが良くなることもあります。

良い効果をもたらすので、飲み続けてしまうこともあります。

知らず知らずのうちに、習慣になってしまうこともあります。

気分が良くなるので飲み続けてしまうこともある

ウイスキーは芳醇な味が魅力です。

ウイスキーを好きになると、他のお酒を飲まなくなる人もいます。

特に寝る前に芳醇なウイスキーを飲むと、気分が良くなるので、毎日飲み続けてしまうこともあります。

習慣になるとアルコール依存症になる恐れもあるので、十分な注意が必要です。

寝つきは良くなるが睡眠の質は悪くなることもある

寝る前にお酒を飲むと、寝つきは良くなります。

でも実は逆効果になることもあります。

アルコールの作用でぐっすり寝ていないこともある

前述したとおり、様々な相乗効果により、お酒を飲むと寝つきは良くなります。

でも逆にアルコールの作用などもあり、ぐっすり眠れるというわけではありません。

すぐ眠れるのでぐっすり寝れるという印象はありますが、実は眠りは浅い時もあります。

ぐっすり寝たつもりでも、意外と疲れがとれていない時もあります。

睡眠時間をしっかり確保したり、寝る前にリラックスすることは大切です。

でも睡眠の質もとても重要です。

良質な睡眠をとることで、疲れもしっかりとることができます。

度数が高いので睡眠の質を落とすこともある

特にウイスキーはアルコール度数が高いので、かえって睡眠の質が悪くなっていることもあります。

たまにお酒を飲んで寝る、というのは良いですが、毎日の習慣にしてしまうのは良くないです。

少しリラックスして、眠りたいような時だけにしておいた方が無難です。

就寝前のウイスキーは胃腸や腎臓に負担をかける

寝る前のお酒は身体に負担がかかりやすいです。

寝る前のウイスキーについて説明します。

毎日習慣になっている人は気を付けた方が良い

寝る前にお酒を飲むと、消化機能が低下しているので、胃腸に負担がかかります。

またかなり飲んで寝てしまうと、腎臓にも負担がかかります。

特に就寝前のお酒が、毎日習慣になっている人は、気をつけた方が良いです。

就寝前に飲む時は水割りにしたり飲み過ぎない

ウイスキーはアルコール度数も高いので、より身体に負担をかけないように飲むことが大切です。

就寝前は控えて、食事やおつまみを食べながら飲むことは、身体の負担を心配しているような人におすすめします。

また就寝前に飲む場合は、水割りにしたり、飲み過ぎないようにしましょう。

まとめ

ウイスキーは香りがとても良く、アルコールの作用で身体が温まります。

寝る前に飲むと緊張感がとれたり、リラックスすることができます。

そのため寝つきは良くなります。

その一方で習慣になってしまったり、身体に負担をかけていることもあります。

睡眠の質を落としている場合もあります。

寝る前にウイスキーを飲む時は、飲み過ぎないようにしたり、水割りにするなど工夫をしましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ウイスキー